FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年07月07日 (月) | 編集 |
毎回思うのだが、キャステイングとは
とてもマニアックなスポーツであり、
この世界にどっぷり深く足を踏み込んだ者は、
体育会系のオタクだと感じる。
キャステイングでは、並継竿が当たり前で、
その魅力に取りつかれた者同士が飛距離を競う競技です。
ポイント競技みたく、100m先のポイントの的にどれだけ
正確に近づけるか、競うものもあります。
色んな競技がありますが、その種目ごとに公平をきすため、
道糸と力糸とオモリが決まっています。
キャステイングでは、正確さと飛距離が重要視されます。
それらの結果によって、自分の技量が判り、
一喜一憂し、次の大会では、
「もっと飛ばしたい」
と願い試行錯誤する。
それだけ、キャステイングは奥が深いのかもしれません。
その頂点にたった極数人が、
各メーカーのテスターにと採用される事もあり、
そして竿やリールの開発に、携わるのであります。

ただ、これに野球のプロとか砲丸投げや槍投げのプロ達が
練習して参戦すると、
とんでもない飛距離が出るだろうと思う。
どの種目でも言えることは、
肩口から振り出す竿の軌道は同じで、
これは、実釣でも同じだと思っています。

実釣主体の人達には考えにくいことであろうが、
キャステイングを経験したかどうかでは、
自分の投げ方の参考にもなり、
飛距離にも差が出てくると思います。
そして、竿の特徴もよく把握出来ます。
実際、俺も、各メーカーの竿ごとに力の配分は違っているし、
同じメーカーでも、
竿によって若干の違いはあります。
実釣で投げ込めば、
それはそれで判るものだと思いますが、
その竿によって、
どの辺で力を入れて投げたらいいのか、
どうゆう扱いをしたらいいのかが、良くわかります。

一度、このマニアックな世界の門を叩いてみませんか?
DSC_0004.jpg DSC_0119.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、サーフウォーカーさん
エート、ひ・ふぅ・み・よ・いつ・・・ということは、4○でキャスティングを始めた・・・ご立派です! 俺も同じです。大会後、悔しくて情けなくて、チクショウなんて思って一時にのめり込むのですが、すぐに、
何だかなー、
何がおかしいのかなー、
どうして飛ばないんだー、
嫁の呪いかー
なんて毎度のことです。 それを克服するためには練習しかないのですが、その練習にも身が入らない時があります。  元々、練習嫌いも手伝って、つい魔を差して釣りに走ってしまい、その度、魚にも見放されていたりします(爆) 俺、あの後、サーフウォーカーさんの真似をしてイカリ投法にチャレンジしたんですが、うまく出来ませんでした。 難しいですね~今度、コツを教えてください!
2008/07/08(Tue) 21:09 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、石井さん
飛ばしますね。 前にキャスティング仲間と釣りの話で、「俺達、垂らし投げで実釣では約120mくらいだろうな~?協会長は化け物だからもっと飛んでいるけどな。」という話しになりました。 前にもブログで書いていますが、俺、実釣では垂らし投げしか投げないので、それは足場に関係なく、常時その位だと思います。 どうしても大遠投が必要な時は、少し鉛の軌道を高くして風に乗せる方法をとっています。 これで着地投法で投げるのなら、もう1色か2色は多く出ると思いますが、やったことが殆どないのでよく分かりません。 一度、協会長の菅原さんと竿を出したことがあったんですが、彼はスピンパワーCXで垂らし投げで常時150mは出しておりました。 竿の特徴をよく掴んで投げていることが印象的でした。

今度、8月3日に石狩で釣り新聞の大会があります。残念なことに、これが最後の開催になるようですが、内容はキャスティングの大会と同じなので、冷やかしで見にきては如何ですか? 一応、俺も参加します。色んな種目(投げ方)があって面白いですよ。
今回はキスはダメでしたが、サーフからキス釣りの投げ方で投げたら、仕掛けが長い分、もう少しでグチャグチャにするところでした(笑) まだまだ、修行が足りないってことですね。
秋カレイ、いい響きですね。 でも、その時期ってサケの時期にぶつかるので、いつもサケにほんろうされてます(笑)
2008/07/08(Tue) 21:03 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんにちは弘司さん、キス釣ご苦労様
私は、キャスティングを始めて今年で
5年目になります。はじめは、ちょっと
やったら止める積りでした、なんだか
翌年の春の通信にも出ることになり
この、2回目から自分に納得がいかず
問答を繰り返す日々がつずいています
キャスティングをやっていて大変気に入っている所が有ります。
1)補欠がない
2)まぐれがない
3)人事でない
すべて自分の枠の中で責任を負う事
なぜ距離がのびない、そんな事を考えながら練習していると1年延びないままに
冬がきちゃうんですね
北海道選手権4種あの風ぐらいだと
自分の目標に3投平均12メーター足りない、如何すれば良いのか正直解からない、又考えながら冬が来るのかな
弘司さん止めどうも無い事ばかりで
すみません次回の入場をお願いして
今日は失礼致します。
2008/07/08(Tue) 13:08 | URL  | サーフウォーカー #-[ 編集]
今晩は石井です
マニアックな事には、直ぐに飛びつく石井です。キャスティングはドップリ実釣でハマってるのですが大会には出てみたいものの我流で始めたので中々一歩が出ません。と言うか本当に自分で遠投してる積もりですが、足場の良い所と悪い所での遠投でひろしさんは、実釣でどれ位飛ばすのでしょうか?ぼくは足場が良くて120前後、悪くて100前後、錘だけなら足場良くて140前後、悪くて120前後です。実釣で競技と変わらず遠投できるのであればと思うのですがやっぱり無理ですよね。今まで競技のキャスティング見たこと無いのでどんな感じか体験してみたいです。と言うことでスプールには
又、PEまき直ししてみました。(やっぱりあたりが小さくても分かるので)でももう日本海は海水浴シーズンでサーフからは無理なので夜釣の太糸使用でまだPE使えませんので秋カレイまで温存します。でもサーフからのキス釣りは釣れなくても挑戦してみたいです。キス釣果が道南で聞けると良いですね!投げカレイも同じキス釣りの要領で何処でも、何カレイでも釣れたら良いのですがね~!
ぼくもキス釣りやってみたいです。
2008/07/07(Mon) 23:54 | URL  | 石井 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック