北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月06日 (水) | 編集 |
「幽霊が出る」ときいて、
私達が最初に思い描くのは
お墓かやっぱり病院でしょうか。
人の生死を取り扱う最も身近な場所。
今回は、そんな病院関係者の知り合いから聴いた話です。
(正確には、元病院関係者)

ある病院に勤めていた時、
月に1~2度の夜勤があったそうです。
そこの病院は産科も扱っており、
不運にも命を落とした方もおりました。
ある夜、
いつものように当直をしていました。
何事もなく後数時間で終わろうとした時、
ある病室から、
「ギヤーアー!」
と悲鳴が聞こえてきました。
急いで皆で駆けつけると、
「あ、あっ、あそこから女の人が覗いていた。」
と指を差し、
ブルブルと震えておりました。
その方が指を差した場所は、
カーテンを取り付けている天井のサッシとカーテンの隙間。
そこから下を覗き込むには腰くらいの高さのモノに
登らなくてはいけません。
周りにはそのようなモノはないし、
どこにもその不審な女の姿がありません。
お産の後だったので、
疲れから妄想を見たのではないだろうか
と言う事で、
安定剤を処方されたそうです。

次の日もまた同じ病室から、
「ギィヤーアー」
と悲鳴が病院中に響き渡りました。
やはり、
昨夜と同じように女の人がカーテンの隙間から
覗いていると言います。
昨日と違うのは、
同じ人が見たわけではありません。
昨日の方は、その病室が怖いといい、
隣の病室に移ったので、
新しく入ってきた患者さんだったのです。

困った病院は、
産婦人科の病室から
外科の病室に変えたのです。
ところがある中年の男の人が
夜中にナースステイションを尋ねてきました。
話では、
「天井のサッシとカーテンの間から、
若い女の人が覗いていたので、
カーテンを開けたら誰も居なくて、
カーテンを開けたままベットに潜ったんだけど、
まだ、その女の人が覗いているんだよね。
それでね、カーテンの後ろに回ったんだけど、
ただの天井しか見えなかったんだけども、
そのまま中から見たらまだ顔があってさー。
よくよく観察すると、
顔の大きさが10cmくらいでね。
どう考えても、おかしいと思うんだ。」
と淡々と話したそうです。

またまた困った病院は、
内科病室に変えたそうです。
今度は、
ほとんど寝たきりのご老人がそこに入りました。
その老人は目を覚ますと、
震える手で指差します。
「なんかあるの?」
と聞くと、
「か・お。」
と、か細い声で言うそうです。

ほとほと困った病院は、
その病室を閉めてしまいました。
というより、倉庫替わりに使うことにしたようです。
看護婦さんたちも用事があればそこに出入りしますが、
ある看護婦さんが遂に目撃をしてしまいました。
天井と硬く結んであるカーテンの隙間、
噂の女の人の顔でした。
この看護婦さんは、
その顔に見覚えがあったのです。
この女の人は、
難産の末に子供だけ無事に産んで
亡くなってしまったそうです。

そして様々な経緯をたどって、
とうとう、御祓いをしたそうです。
この時は良かったのですが、
数ヶ月後、また、この女の人は、
カーテン越しに病室に入って来る人を
観察しているかのように現れたようです。
今、その病院は移転しましたが、
その女の人がどうなったかは、
誰も知りません。

合掌!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、mr.kさん
お久しぶりです! 俺の怖いのは嫁の口! 会社連絡網の件、嫁の口から遂にTIZURU女王様にもバレてしまい、つるさん共々しばかれてしまいました(爆)
>幽霊やお化けは人を怖がらせる
ある人に言わせると、反対に幽霊の敷地に入り込んで悪さをしているのは生きている人間だそうで、それに立腹して驚かすのが殆どですが、中には怖いモノもあるそうです。
釣場でのフローテイングベストの着用は、必需品だということをシミジミ思わされる事がありました。 俺じゃないけど、知り合いの人の話です。 コレはどこで書きたい思っていますが、危険はいつも隣合わせってことですね。
2008/08/07(Thu) 22:53 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、ボナさん
蒸し暑い夜に、少しでも涼んでもらおうかな~なんてダメですかね(笑)
人の生死を取り扱う最も身近な場所ってことで、どうしても病院が多いのではないでしょうか?  俺は鈍感なので、見たり感じたりしませんが、嫁は何となくイヤな場所があるようで、そうゆう場所はいつも俺が先に行かされ、何でもなかったらチャッカリ後から付いてきます。 俺って人身御供なんでしょね(笑)
中々男前に写っていましたね、俺なんて締りのない顔をして写っていたので、恥ずかしいですよ~。
2008/08/07(Thu) 22:40 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、Wさん
あの冬山でも寝れる池田氏が・・信じられません(笑)
俺は鈍感なのでよく分からないのですが、聞いた話では釣場でも非常にヤバイと思われる場所が数ヶ所あるようですね。 マコガレイが釣れると噂の慰霊碑うら・・・今度入って考えてましたが、それを聞いただけでも、俺、おしっこチビリそうになっちゃいました(笑) 
2008/08/07(Thu) 22:28 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、敏さん
夜中にトイレに行かない秘訣は、ひゃっこいビールを飲まない事!な~んてね(笑)
指名手配の写真なら、我が家のフォトに確か…敏さんの写真があったので後で警察に送っておきますね、奥さんの写真はブロマイドにして売ってみようかな~(笑)
2008/08/07(Thu) 22:19 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、ヨシゾーさん
俺もどちらかと言えば怖がりなんですが、嫁がこうゆう話が好きなので、なぜかこうゆう話が集まってきます(笑) 運が良く、そうゆう体験など遭遇したことがないのが幸いかなのもしれませんね。 チレイなナースさんなら大歓迎なんですが、お知り合いなるチャンスがないので、ヨシゾーさん、ぜひ紹介して頂戴(爆)
2008/08/07(Thu) 22:10 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
怖いのは人
幽霊やお化けは人を怖がらせるけど、いたずら程度です。本当の意味で恐ろしいのは生きている人です。だから人は自らを写す鏡で、自らが思いやりと優しさを持って接すれば、自然と相手も徐々にそうなるのです。55年生きてみれば、少し少し、判ります。結論は釣り場は怖くも何ともありません。自分自身の心のもち様です。怖さより、危険のほうを注意したほうが良いと思います。岩場での骨折経験者の進言です。(爆)
2008/08/07(Thu) 21:36 | URL  | mr.k #-[ 編集]
弘司さん、どうして、夏なんでしょうね。いつも、怖いですね、病院は。ある大きな大学病院でも、似たような話があり、病室ではなくしても、解決しなくて、立て替えてやっとその話は無くなりましたが、どこからでようか彷徨っているに過ぎないと思っています。釣り新の写真は、奥さんは遠慮ですか。淡水、中々上位に行けないよと情けない顔で写っている御仁もいますね。
2008/08/07(Thu) 21:33 | URL  | ボナ #-[ 編集]
好きですね~
幽霊好きですね~ひろしさん
幽霊といったらやっぱり釣り場ですね。
大概の場所にはいるんじゃないでしょうか?
中でも私が確認したのは、
七重浜の洞爺丸慰霊碑うら。
ここは、マコガレイとか結構釣れるんですが、
夜はダメですね。後ろからじぃ~っとながめられて
背筋も凍ります。
それと立待岬
ハチガラとか結構釣れるんですが、
いますね~。オマケに墓地まであるし、池田氏
ですら、夜の墓地横断は避けるらしいですよ。
おそろしや~。もう絶対行きません。
2008/08/07(Thu) 20:55 | URL  | w #-[ 編集]
トイレに行けネェべ
弘司さん、奥さんへ
釣り新に弘司さんを発見!
即、警察へ報告?(^▽^笑)
夜中にトイレに行けなくなって、漏らしたら
弘司さんのせいですから。
2008/08/07(Thu) 10:14 | URL  | 敏 #mQop/nM.[ 編集]
病院は怖いっすよ!
20代の頃、ダンプに追突されて救急車で搬入された脳神経外科では、消灯後の夜中に点滴を引きずったまま奇声をあげながら廊下を徘徊する患者に驚き。
今年の春に入院した病院では真夜中に異変を感じて目を覚ますと、人が入れないような狭いスペースの窓側に見てはいけない白い人影を・・・・。
犯人は、寝相を直そうとしたナースでしたが、病院って、”怖い”って先入観があるから、白い人影は反則です。
って、単に怖がりなだけですが(笑)

2008/08/06(Wed) 23:10 | URL  | ヨシゾー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。