北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月08日 (金) | 編集 |
昨日、取引のある会社に訪問すると、
大きなクロマグロが水揚げされてました。
マグロ5

前に一度、
築地市場で横たわっている数十匹の
マグロを見たことがあっても、
このように吊り下げられたマグロはTVで見ても、
実物を目にしたのは初めてです。
切り取った尾っぽを見せて貰い、
そこの社長は、
「うん、脂がのっている!」
と言いますが、
俺にはよく分かりませんでした。
1マグロ

一緒に行った同僚も、
「これはいいもんだ!」
と太鼓判を押します。
この同僚は築地市場のマグロのセリ職人だったので、
見る目はあるようですが、
俺にはさっぱり分かりません。

俺はてっきりこのまんま箱詰めされ、
築地に送られると思っていたのですが、
この会社で解体され、
市場に出されるそうです。
色々とカラクリがあるようで、
解体して出した方が高値で取引されると言います。
ちょこっと小耳にはさんだ話では、
一本まんまだと、
魚組→中買いの会社数社→市場となるようで、
解体すると中買いの会社→市場となるので、
仲介手数料がだいぶ安くなるようです。
魚が売れた金額から仲介手数料を引かれても、
その方が漁師の懐に入る金額が違ってくると言います。

数人に写メをして見せびらかしたのですが、
嫁だけには送ってません。
だって、きっと嫁は、
「オオトロの部分、ううん、一本まんまガメッて来い!」
と無理難題を言いのは間違いないので、
俺、犯罪者になりたくないので、
あえて送りませんでした。
今日になって、
「心臓の刺身が美味しいっていうから食べたい~」
とある人からメールが届いたのですが、
残念なことに解体した人が貰っていったそうです。

220Kgの吊り下げられたクロマグロ、
良い目の保養をさせて貰いました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。