北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月28日 (木) | 編集 |
数日後、
仕事の帰りにサケを釣って帰ってきた嫁が、
『今日は、浮き釣りに負け越したカンジ。』
と、千秋楽を待たずに、
結果のわかる高見盛のような面持ちで言いました。
話を聞くと、
初めは浮きルアーで釣れたが、
後から来た俺の同級生の父親が浮き釣りで、
大きいメスサケを釣って、
次から次へとメスばかり釣りあげていたそうです。
嫁に釣れたのは、
中型のサケでオスばかりだったのです。
その日の夕食中、余程悔しかったのか、
サケの話で耳にタコが出来るくらい語っておりました。

布団に入り、
『ちょっとあんた、本当に浮き釣りやりたいのかい。』
と、文句を垂れます。
「ヤ・・・ヤリタイ・・・・。」
と、恐る恐る答えると、
『一つだけ条件があるの。』
と男気のある嫁でした。
「何、なに?」
と、ちょっとドキドキしながら訊いたら、
『私の前で絶対に浮き釣りをしない事。』
「エッ!それじゃー、いつ釣れって?」
と、不思議に思って聞き返しました。
『私、前に浮き釣りをしたでしょ。
でも、<どうもサケを釣ったー>って
感覚が無くて嫌だったの。
それに好きな釣り方じゃないしね。
でも、釣りで負けるのは、イヤ!』
と、俺にその願いを託そうというつもりらしいです。

フフフ。
買って貰ったモン勝ちって事で、
俺は浮き釣りタックルを手に入れました。
数日後、嫁が違う場所に行っている隙に、
そのタックルを試してみました。
結果は、
タイミングが合わず逃がしてしまいました。
浮き釣りタックルで大活躍したのは、
ホッケの浮き釣りと情けない状態でした。
今年こそは、ぜひ、
サケを釣って魂入れをしたいと考えている俺でした。

今回の戦利品 シマノ 浜島1.5号5.3 
       シマノ BBX-EV2500
戦    略 嫁のサケに対する意地と伏兵(同級生の父親)

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、北遊人さん
せたなでは、浮き釣りと浮きルアーの住み分けが出来ています。 時々、旅からの浮き釣りが浮きルアーの中に紛れ込んで混乱を起こしていますが、丸く収めるのに地元の人が遠慮しています。
道糸を直接浮きに通して、浮き止めのゴムをつけて流動式にし、べた底を狙う人もおります。 もちろん、遠投は無理ですが、それでもサケは釣れてました。
ちょっと危うい釣り方ですが、考えに考えたことだったんでしょうね(笑)
2008/08/29(Fri) 21:02 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、敏さん
良かった、同じ仲間だったんですね、敏さ~ん(笑)
どっちが早く釣るか競争ですね。 敏さんが勝ったら、俺の釣ったオスのサケを贈呈しますが、もし俺が勝ったら敏さんの釣ったメスのイクラと奥様の接待でいいですから(爆)
2008/08/29(Fri) 20:31 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ルアー竿に浮きを付けて鮭を釣りました。
赤イカに鮭が食いつくのを見てあわせを入れて釣りました。
こちらではルアー釣りばかりなので、間に浮き釣りの方が入るとやりづらかったです。
ちょっと浮き釣りとルアー釣りの方では場所を変え住み分けしていました。
ルアーでもショックリーダを5mぐらいにしてそこにウキを入れて、ショツクリーダーと道糸のPEラインを結束すると、浮き下3m位までなら釣る事が可能でした。
2008/08/29(Fri) 19:22 | URL  | 北遊人 #-[ 編集]
ウキ釣りでウッキ~
弘司さん、奥さんへ

自分達も浮き釣りを何度と挑戦していますが
未だにボウズです。。隣のボウズではないよ~?
来月はウキ釣りで釣ってみたいです。ボウズをではないよ~
鮭だよ。
2008/08/29(Fri) 10:43 | URL  | 敏 #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは、matieさん
布団の中の会話ですか、そんなことがあったのは新婚の時だけでしょか(笑)
結婚生活約20年も経てば、どうでもいいと思うのは俺だけでしょうか(爆)
この時は幸いにも“棚ぼた”でしたが、普段は嫁のご信託によって決められ、俺は給料という名のお布施を、毎月、強制的に献上させられております。 少しばかり、おいしい思いもしないと割にあいませんよね(笑)
2008/08/28(Thu) 23:32 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、電車キャスターさん
磯竿でもグレ竿より、チヌ竿の方がサケ釣りに良いとされてます。
サケの重さは色々ですが、主に4~6Kgクラスを釣ります。 釣り方は、道糸ナイロン4号程度で浮き1.5~2号、ハリス3~4号でハリはチヌの8号を使用します。 浮き下はその時のサケの状況によって変わりますが、だいたい1広半からベタ底を狙う形になります。 ハリにはタコベートをかぶせ、ソーダカツオやサンマの切り身をつけ、漁港などでサケの通り道に投げて釣ります。  
多少の違いはありますが、これが北海道でのサケの浮き釣りのスタイルとなりますよ。 サケがかかった時の引きを楽しむタメに、きっとこの様な柔らかい竿を使うのかも知れません(笑) この他に浮きルアー釣り、ぶっ込み釣りもあるので、それぞれの楽しみ方がありますよ。
2008/08/28(Thu) 23:15 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
布団に入ってからの会話が
Hっぽく聞こえるのは私だけでしょうか。(笑)
”棚ぼた”であろうが勝利は勝利。(^_^)v
2008/08/28(Thu) 22:16 | URL  | matie #-[ 編集]
戦利品の「シマノ 浜島1.5号5.3」は、私はこの竿がどのような竿かわかりませんが、磯竿の1.5号と同じレベルの柔らかさと考えるならば、ずいぶん柔らかな竿で、サケを釣るのですね。

ロングサーフの件、重ねてお礼申し上げます。
2008/08/28(Thu) 21:47 | URL  | 電車キャスター #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。