北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年09月13日 (土) | 編集 |
大成区上浦漁港。
俺が大成に釣りに行くといえば、
この場所が好きで、
昔、よく通っておりました。
今は新しく外防波堤が増築され、波返しの沖防波堤もでき、
2~3度挑戦しましたが、昔程釣れなくなりました。
沖防波堤が出来たことで、潮周りが悪くなったようです。
この場所は、俺の親父も好きな場所で、
「おい、大成に行くぞ。」
と言えば、この場所を指していました。
俺の親父は大工と農業の二足のワラジをはいており、
その関係で、釣場に行くと、
知った顔ぶればかりだったようで、
帰りには1杯引っ掛けて帰ってきたコトもありました。

ある日、この釣場に行くと、
「父さん元気か?」
と声をかけてくる方がおりました。
俺は不思議に思い、
『親父、知っているんですか?』
とお伺いすると、
「うん、仕事仲間で飲み仲間なんだ。」
と言います。
世間話に華が咲き、
「ココより、釣れる場所があるんだ。」
俺にある釣場に行こうと誘います。
少し思案し、その方の後をついて行きました。
釣場と言うより、磯場と言った方が早い場所で、
根掛かりがしそうな場所でした。
その方の言う通りに投げると、砂地だったのです。
「えっ、こんな所が砂地なんですか?」
とお伺いすると、
「うん、何年に1回の割り合いで砂が乗るんだ。
この間、潜って発見し、カレイもいたんでな。」
と言います。
話では、大時化によって大量の砂が運ばれてきて、
次の大時化の時には後方もなく消えるそうです。
それで、そのタメに潜って偵察したようです。
その御蔭で、俺は思いがけない魚の量を釣りました。

二匹目のドジョウって思い、出掛けてみると、
その釣場は砂地ではなく、
岩盤になり引っ掛かってしまいます。
それから、何度が挑戦しましたが無理でした。
その話を親父にすると、
「あ~ぁ、あそこはな、沖防波堤が出来てから
潮周りが変わってもう砂は溜まらないんだ。」
と言います。
せっかく、新しい釣場が出来喜んでおりましたが、
ぬか喜びだったようです。
たった一つの防波堤が出来ただけで、
こんなに釣場が変わるとは思いませんでした。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんにちは、JCAさん
あれから何度か足を運びましたが、やっぱり砂はありませんでした。 大きな障害物があるということは、海底もそうですが、回遊魚にとっても障害物だということだと思います。

でも、人間がいくら頑張っても、自然の力には敵わないようです。 以前行った松前の小島の遥か沖に大島という無人島があります。 そこに避難用の港を作っているのですが、いくらたっても港は完成しません。 工事に行くたび、自然の猛威にさらされた港は破壊され、手直しが必要とされてます。
まだ、あまり人の手が入っていない場所なので、ひさかに狙っていますが、果たしていつ完成するか分かりません(笑)

2008/09/14(Sun) 13:40 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ひろし。。。さん、おはようございます。
沖防波堤の建設ってやはり海底にも多大な影響を与えているんですね。
潮回りなんかは容易に想像が付くものの、砂が溜まるといった現象が
無くなったりとほんと釣り場ががらっと変わってしまうといいた影響まで
あまり考えたことがなかったので、知識増えました!

そのエリアはもうカレイは難しい魚となってしまっているのでしょうか、、、。
2008/09/14(Sun) 06:17 | URL  | JCA #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。