FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年10月06日 (月) | 編集 |
昨日、偶然、せたな漁港のフェリー乗り場の近くでお会いしました。
コメントを頂いてましたが、
何時に来られるか分からないし、
果たしてここに来るかもわからないのもあるが、
その前にブログでしかお顔を知りません。
お見合い写真のように、会って見ると修正された写真であったタメ、
実物と雰囲気が大分違うとかあるのですが、
どこをどう見ても迷人Mさんに似ています。
嫁も
『こっちに来るような事書いてあったって、
あんた、そう言っていたよね!
前にブログで見た顔だよー、ちょっと聞いてきてよ。』
と俺をド突きます。
躊躇している俺に、
『早く行って来んかい、ボケ!
夕飯全部、あたしが食べちゃうからね。』
と脅します。
それは困ります、だって、俺、サケが釣れなくてフテ寝していたため、
お昼御飯も食べておりません。
もし、人違いだったら、
ピンポンダッシュのように走って逃げればいいか~
などと思って度胸を決めて、その方の側に行ってみました。
ちょっとモジモジしながら
「迷人Mさんですか?ひろし。。。だけど・・・」
「はい、そうです。」
この時程、胸を撫で下ろしたことは有りません。
俺の地元って事もあり、周りには皆知り合いばかりで、
もし人違いだったら、
「アハハハ、バカ丸出しじゃん!」
とお誉めの言葉を浴びせられる事は必然です。
IMGP5107.jpg 

俺の想像通り、誠実な方でとても気さくに話せました。
俺の背中に何が悪寒が走り、振りむくと嫁の姿があり、
『早く紹介すれよー』
と目で訴えかけております。
チレイなオネーチャンならすぐにでも紹介するのですが、
なんせ、オバタリアン丸出しの嫁ですが、
俺の夕食も掛かっているので紹介いたしました。
少し話しをしていると、後ろ側で何か騒いでおります。
それが気になるのか、
『あたし、見てくるー』
と言ったきり忍者のように姿を消し、
いつの間にか遥か後方で嫁のゾウのような笑い声が響き渡っておりました。
まったく、けたたましい嫁です。
その後、嫁は明日の朝のポイントを迷人Mさんにレクチャーし、
別れを惜しみながらその場を後にしました。

今朝、
『ちょっと夢見が悪かったので、様子見て来るわー!』
と一方的に電話を掛けて来たと思うと、
「よろしく伝えておいて。」
と言う俺の言葉をさえぎるように切り、
その足でせたな漁港へと走ったようです。
着いてみると、ちょうど朝ご飯中だったのか、
嫁はその邪魔をしたようで御迷惑をおかけいたしました。
IMGP5109.jpg

早速、今朝の釣果をお訊きしたようで、
迷人Mさんの居た並びでは、並居る強敵を制しただ一人、
サケを釣ったと言います。
それを聞いた嫁は、安堵した事は言うまでもありません。
俺の目が無いのを良い事に、色々とお話をさせて頂いたそうで、
御迷惑をお掛け致したのではと思います。
IMGP5112.jpg IMGP5108.jpg

その後、嫁はサケの姿を求めて、
外防波堤に偵察に行きました。
外海にはサケは居らず、
外防波堤の中間部分にサケは溜まっていたようです。

IMGP5110.jpg IMGP5113.jpg
IMGP5114.jpg IMGP5115.jpg
IMGP5117.jpg IMGP5116.jpg
せたな漁港構内の様子 サケ釣りポイント

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、迷人Mさん
こちらこそ、お邪魔致しましてすみません。
並みいる釣人を尻目に、ただ一人だけサケを釣るとは、迷人Mさんは強運の持主だったんですね、俺にもその強運をぜひ分けて下さい(笑)
またこちらに来ることがあったら、ぜひ連絡下さい、夜襲にお伺いいたしますので覚悟決めておいて下さいね(爆)
2008/10/08(Wed) 21:06 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
本当にお世話になりました、有難うございました。
少々ブナ掛かっていた貴重な1匹を、早速3枚にさばいたところ中の身はきれいなサーモン色でした、これなら充分と早速四半身冷凍して本日ルイベとフライにして食べましたが、うまかったです~~、発泡酒もう1本というところでしたが、明日は仕事なので自重自重、、
またお会いできる日を楽しみにしています。
2008/10/08(Wed) 18:56 | URL  | 迷人M #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック