FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年10月07日 (火) | 編集 |
北海道新聞 2008/10/4(土曜日)

赤く、長~い珍魚登場
福島漁港にアカヤガラ
【福島】福島漁港に1日、
暖流系の高級魚アカヤガラ1匹が揚がった。
体長1m6㎝、胴周りは最大18㎝程度の細長く赤い魚で、
浜では、
「誰も見たことのない珍魚」
と話題になった。
吉岡福島漁港の組合長が同日、
ヒラメ漁の底建網を揚げたところ、かかっているのを発見した。
組合長は
「最初に見た時は大きなカニ2匹が縦につながっていると思った」
と言う。
体重は800gだった。
体が矢柄に似て細長く、赤いことから名が付いたとされる。
口がスポイトのように長く伸び、
尾ひれの中央から長いしっぽ状の物が伸びているなど容姿は奇抜。
ウロコはなく体表にぬめりがある。
成魚は体長1m50cm前後になる。
道立函館水産試験場によると、
「インド洋、太平洋、道南以南の日本各地に分布する暖流系の魚。
市場では九州産や房総産が多く、汁の身などにされる」
とのこと。
福島に迷い込んだこの魚は、刺身にされ、役場職員の胃に収まった。
「ハッカクのような味でおいしかった」
という。

ここでは紹介しませんでしたが、道東のサケの定置網には、
サケと一緒にマンボウの稚魚と言うか幼魚(30~50cm)が、
数百キロ単位で掛かったそうです。
段々海が温かくなってきているようです。
俺、ハッカクの刺身は大好きなので、
よく嫁が、漁師さんから頂いて来ていました。
最初は皮の剥き方も分からなくて苦慮していましたが、
漁師さんから手ほどきを受けて、
今では簡単に捌けるようになりました。
その要領でこのアカヤガラも捌いたと思われます。
出来るのなら、俺も一口でいいから、
話のネタに味わってみたかったです。

そうそう、昨日、釧路市に住む義妹夫婦から電話があり、
「今、西港でサケ釣れているんだけど、どんな仕掛け?」
と言う問い合わせがありました。
釣りを始めて間もないので、仕掛けについては教えましたが、
それより気になったのは、今頃西港でサケが釣れているってことです。
向こうはこちらに比べ1ヶ月近く早く釣れるのですが、
仮に最終方向に向かっているにしても、
ちょっと期間が長い気がします。
やっぱり全体に、サケが遅れているのかも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック