FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年10月11日 (土) | 編集 |
俺の行きつけの釣具屋さんの話です。
数年前の秋口、カレイ釣りに噴火湾に出掛け、
船に相乗りになった方が、珍しいモノを釣り上げました。
見た目ですぐにフグだと分ったそうですが、
何という名のフグかまでわかりません。
皆で恐る恐る眺めていたら、それを見た船頭が、
「トラフグだ。間違って肝でも食べたら死ぬぞ。
はやく海に捨てろ。」
と叫んだそうです。
北海道では釣れるはずのないフグなのですが、
数年に1匹くらいは間違って釣れることはあるそうで、
とても珍しいことなのです。
体長は50cmはゆうに超えており、
海に捨てるのには忍びなかったので、
それを貰い受けて帰ってきたそうです。
ですが、どうする事もできません。
そこで知り合いの調理師さんに電話を入れ、
「捌けるには捌けますが、ちょっと、免許がないので。」
と断られ、次に地元の旅館の方に連絡を入れたら、
「俺、身欠きの免許持っているぞー」
と言い、すぐにやってきました。
身欠きってなんだろうと思ったら、
フグを捌くのに、
「身欠き」と呼ばれる調理師免許が必要なんだとか。
フグを見たその方は、
「へぇー、立派なトラフグだ。買ったらウン万円するぞー」
といい、この方も釣りをする方なので、
トラフグを囲んでフグ談議が始まりました。
数十分後、
「じゃー、貰っていくわ。」
と持って帰ったそうです。
結局、その調理されたフグは・・・・
店長の口に入ることなく終わったそうです。

ある本で読みましたが、
九州や中国地方ではフグをフクと呼びそうです。
「福に通じる」ということのようです。
各地で捕れたフグの多くが地元の市場でなく、
下関に運ばれ、ここで競りにかけられるようです。
「下関ブランド」がつくと、値段が上がるからだとか。
養殖モノだと長崎・熊本で、天然モノは遠州灘のようです。
近年は北海道でもトラフグが、
漁網にかかるようになってきたそうですが、
量は少なく「福来たる」とまでいかないそうですよ。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、釣好人見 さん
もし釣れたら送りますね~きっと、俺には無理だと思うけど・・・(爆)
北海道の庶民の魚の鍋というと、タラ鍋・石狩鍋(鮭)・カジカ鍋が代表ですが、
ウチではあまり作りません。 子供があまり魚が好きじゃないのと、どうしてもおかずが子供中心となってしまい、俺もまだ、魚より肉の方が好むので、仕方がないのかも知れませんね(笑)
釣好人見 さんが、今度はどうゆう理由をつけて奥様からお金を引き出すのか、ちょっと楽しみです(爆)
2008/10/12(Sun) 21:21 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
えー?!今度釣れたら、腹だけだして送って下さい。福に通じるフグは、私の大好物ですが、スーパーで売っている、身欠きになってる安いものでも、3000円以上はします。私の誕生日には、必ず買って食べさせてもらえます。と、言うのも、嫁自身がフグのファンではないので、一人で食べるのに、3000円の魚が贅沢だからです。冬になると、嫁は「今晩、鍋にしよか?」と言うので、すかさず。「テッチリ?」と返すと、絶対に却下なんです。でも何年か前に、あんまり私が、テッチリ?を連発するので、年末にボーナスのように、30000円くれて、「毎回、テッチリ、テッチリてうるさいねん(>_<)鍋野菜はいつでもあるから、好きな時にフグ買っておいで」と言ったので、1度だけ買って、残りは釣り竿を買う資金のたしに廻したら、フグ鍋の季節が終わった頃に、「あんた、フグ1回しか買って来なかったけど、まさか釣り道具とかにまわしてないでしょうね~」と言い当てられ、それからは、フグ資金をもらってません。関西でフグは鍋の代表なんですよ。
2008/10/12(Sun) 18:52 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック