FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年10月21日 (火) | 編集 |
ある日、俺が仕事から帰ってきたら、開口一番、
『イカゴロ沢山貰ってきたから、イカゴロ買わなくていいよね?』
と嫁は言います。
それを聞いた俺は、
「マイカのゴロだろ?それだったら、やっぱりイカゴロ買う!」
と伝えると、
『エッ?どうしてよー、ここにこんなにイカゴロあるのにさー、
ゴロだもん、みな一緒でしょ!』
とブーブーと不満を漏らします。
「釣りやってる奴なら皆知っているぜ。
お店で売っているイカゴロはムラサキイカのゴロだ!」
と答えると、パタンと冷凍庫からイカゴロパックを持ちだして、
『どこにムラサキイカって書いてあるの?
書いてないじゃん!あんた、あたしにウソ言ってるでしょ?
今晩の夕食、イカ三昧にしてやる!』
と俺の言葉を端からウソと決めつけています。
そこで嫁からイカゴロのパックを受取り、
貰って来たマイカの大きなゴロと照らし合わせました。
「ほら、見てみ!ゴロの大きさ・色とも違うだろう?」
と見比べると、
『あっ、本当だ。』
と納得したようですが、
『じゃー、このイカゴロどうしよう?
今更返すワケにいかないしゃないのーォ』
とちょっとガッカリしてましたが、
「冷凍庫にしまっておけ。またコブダイにでも使うから。」
というと
『そおー、じゃー、悪くならないうちにしまって来るかな~。』
と目を輝かしておりました。
以前、松前の小島で、Sサイズのマイカのゴロで、
嫁が3尾、俺1尾のコブダイを釣った実績があります。

根モノ釣りをする方ならよく分かっていると思いますが、
海にイカゴロを投下した時、ムラサキイカとマイカのゴロでは、
脂の出方に差があります。
ムラサキイカの場合は、海面に大きな脂の波紋が出ますが、
マイカの場合は、ソレが小さいのです。
それだけ魚の集客効果が違う、ということだと思っています。
今は釣具屋さんにもあまりイカゴロが入荷していないそうで、
ちょっと海の中で何かが起こっているようです。
きっといつか、嫁の貰ってきたマイカのイカゴロが、
ムラサキイカのゴロの代用に使う日が近いのでは?
と思うこの頃です。

追記

頭足綱ツツイカ目開眼亜目アカイカ科 アカイカ Ommastrephes bartramii
漢字=「赤烏賊」。
生息域= 赤道海域を除く世界中の温帯、熱帯域。
市場名=ムラサキイカ,バカイカ,クロイカ,ゴウドウイカ。

★アカイカの生態
アカイカは外洋性の大型種で、寿命は約1年ですが、
最大外套長は雄で45cm、雌では60cmにまで達します。
日本で漁獲対象としている北太平洋のアカイカでは、
季節的に南北回遊を行っています。
生まれる時期の異なる数種類の群がありますが、
春から夏にかけては餌を求めて北上し、
秋から冬にかけては産卵場となる亜熱帯海域に向け南下します。
また、昼と夜とでも鉛直移動を行っており、
夜間は表層から水深50メートルぐらいまでの
比較的浅いところを泳いでいますが、
昼間は水深600メートルもの深さまで潜り生活しています。
これは、餌となる動物プランクトン等や、
カジキ等の捕食者との日周移動と一致することから、餌を食べるため、
もしくは昼間暗い深海にまで潜り敵から身を守るための
行動ではないかと考えられています。
大部分が加工用として利用されており、冷凍食品のイカ天やイカステーキの他、
さきいかの原料ともなっています。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック