FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年10月24日 (金) | 編集 |
活きの良いイカを格安で一箱買いましたが、
問題が発生しました。
大したことじゃあないのですが、
嫁に下ごしらえする時、イカゴロを取り出して、
足と胴体を切り分けますが、
イカゴロに少しだけ胴体を残しそこに目もついていたのです。
市販で売っているイカゴロに目は付いてません。
それを指摘すると、
『目が必要でない理由を、ちゃんと説明してくれる?』
と俺に難題を持ちかけました。
『エコなのよ!エコ。』
と言ってましたが、
ただ単にもう一度切るのがめんどくさかったようです。
俺の犬並の脳ミソでは、
嫁を納得させるだけの理由が見つかりません。
魚が警戒すると答えれば、
『あんた、本当にそうなの?実験したの?
いつ、どこで、誰が学会で発表した?』
とマシンガンで打たれそうですし、
『疑似餌には目がついているけど。』
と冷静に返されそうです。

昔、サケ用のルアーにも一時、
目のシールを付けるのが流行りました。
もちろん俺も遅れてはならぬと、
シールを買ってきてつけましたが、
今はまた元に戻し普通のルアーで遊んでいます。
ミノーのパクリだと思うのですが、
ルアーを海水で泳がし魚に見せかける意図だったのかも知れません。

本題に戻って、
イカゴロに目は必要か?と言う話ですが、
実際に釣場で目のついたイカゴロを使ったのを見たことがありません。
イカゴロ自体、魚の集客効果を狙う目的に使うので、
ソレに集まった魚達は、目の付いたイカゴロを見たら、
ビックリして逃げてしまうような気がします。
目付きのイカゴロが有効なら、
市販のイカゴロにも目付きが売っていても不思議ではないと思うのです。
いつかどこかで実験して、
学会で発表してみたいと思うのですが、
誰かこの事に詳しい方おりませんか?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、ボナさん
今頃は大会でしょうか、頑張ってください(笑)
アカハラに100~150本・・・凄いですね。 釣り会の方達は経験豊富なので、
色々と勉強になります。
アカハラとカジカの違いは、集魚とエサとしてもゴロの扱いがまったく別モノだということでしょうね。
2008/10/25(Sat) 22:23 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、ともさん
俺もイカゴロは市販が7割、マイカのゴロが3割くらいの割で使っています。
>袋物のコマセを引き積めてその上にゴロを乗せます 最後に上にコマセを振りかけ 何日かするとカマンベールチーズ
ウエットコマセってやつでしょうか?
勉強させて貰いました、今度、俺も挑戦させて貰いますね!(笑) コレって少し冷凍すると使いやすいかも知れませんね。 魚を釣るタメ、多少の臭いはフェルモンだと思って我慢出来るから不思議ですよね。 で、釣場から離れると、何故か我慢出来ずに逃げ出すんですがね(笑)
2008/10/25(Sat) 22:12 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、釣好人見さん
タチウオ釣りですか・・・美味そうですね。 俺も食いたいです(笑)
エースのイカ3杯とハマチの物々交換ですか・・・俺もハマチがいいので、北海道のマイカと交換しようかな(笑) でも、いいですね、陸からハマチ(青物)が簡単に釣れるようなので、羨ましいです。
30年くらいは続いているであろう、協会の行事のようですが、今、食の安全を叫ばれているので、北海道では無理かも知れません。 その前に北海道全土を駆け巡ると何日もかかるから、一か所で釣りが出来る場所でやるしかないようで、鮮度に問題が発生するかもしれませんね。
北海道ではタコには漁業権が発生するので、タコを釣ると罰金or刑法が科せられます。 だから、タコを釣っても、逃がさなければならないのです。 ただし。。。見つかった場合ですが(爆)
2008/10/25(Sat) 21:56 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、神戸MPVさん
お久しぶりですね、どこで浮気していたんですか(爆)
俺の根モノ師匠のN氏の話では、ハチガラ(ソイ類)を釣る時、イカゴロの硬い部分を切らずに使用して使ったそうで、竿の入ってない釣場だったこともあり入れ食い状態になってエサもなくなり、最後はイカゴロが溶け出して残った硬い部分をゴメにやろうと思って取っておいたのを使い、それだけでもソイ類が釣れたそうです。 その時は、目がついていようがなかろうが、釣果は変わらなかったと言います。 それを聞く限りでは、食い気があれば目があろうが無かろうがそれほど重要ではないのかも知れません。
釣れない時のイカゴロの目は、どうなのか?という問題になるようです。 集魚に使うのなら、目はイラナイし、エサとして使うのなら目は必要かも知れないってことでしょうか。 う~ん、悩みます、どちらも狙うのなら、神戸MPVさんの言う通り、どっちでもよいのかも知れませんね。


2008/10/25(Sat) 21:39 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、ヨシゾーさん
俺もイカゴロは必ず冷凍したモノを断面を日の丸カットして使うようにしていますが、時間が経つとどうしても解けてしまうので、少し硬い部分を残し、孫針を深く刺すようにして集魚を促すようにしています。 殆ど日本海で釣りをするのが多いので、ソレでも用が足りているようですが、潮の満ち引きが大きい太平洋で通用するかは分かりません。
>潮が動かない場所か、ちょい投げの溝狙い
太平洋側ではカシカ波を制したモノが大物を釣ると、昔、某釣りクラブの方が教えてくれましたが、その辺あたりはどうなのでしょう?
なんせ、太平洋で釣りしたことがないので、ヨシゾーさんのブログを指を咥えて勉強させて貰っています(笑)
2008/10/25(Sat) 21:23 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは、Wさん
俺はその時の海の状況に合わせて、上の硬い部分を切ったり切らなかったりします。  波が荒い時は硬い部分はそのまま使い、反対に穏やかな時には切って集魚を促します。 確かに硬い部分に針を通すと、よほど食い意地の張った魚は丸のみにしますが、小さい魚はソレも出来ずに到りしますよね?
そう考えると、ハチガラ狙いなら、やっぱり切った方がいいのかも知れませんね。 カジカ狙いなら、目があろうが無かろうが丸のみしてくるとも聞きます。
そう考えると・・・魚に合わせて使い分けた方がいいのではと思う此の頃です。
俺の行きつけの釣具屋さんにも目付きイカゴロが、つい最近入荷していました。  コレって好きなように使って下さいってことでしょうか。
2008/10/25(Sat) 21:07 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
弘司さん、奥さん、お早うございます。私は、カジカ釣りには目玉のついたのを持参します。アカハラ釣りには、目の部分を切り落とし、硬い針を掛けるところを残します。これは、かさばりと重量を減らす為に、釣り会ではやっているやり方です。ちなみに、アカハラ釣りには、イカゴロを100本から150本持って行き、カジカの場合にはその半分位でしょうか。札幌では、目玉の付いた大きいイカゴロの方が、売行きは良く、値段も高く設定されています。釣果と関係していると思います。
2008/10/25(Sat) 10:45 | URL  | ボナ #-[ 編集]
こんにちは 皆様専門的な意見で 俺…恥ずかしいかも… 俺は水産加工会社から頂く マイカ のゴロを使ってます 目玉は付いていたり無かったりです 実釣の時は目玉は取って固いとこを一部を残して使います 固いとこに親針を刺します 刺す直前にクーラーから出して凍ったまま使いますね もう一つはタッパに袋物のコマセを引き積めてその上にゴロを乗せます 最後に上にコマセを振りかけ 何日かするとカマンベールチーズの様になります 臭くて手がかかりますが俺のお気に入りです 嫁さんには不評ですけど(^_^; 最近は頂くゴロも前より減り あまり頂けなくなりましたよ イカがあまり捕れてないんでしょうかね
2008/10/25(Sat) 10:31 | URL  | とも #-[ 編集]
ひろし。さん。日曜日は協会の「善意の釣り」大会です。これは、釣果を寸法で計測するのではなく、重量を測り競う物で、釣った魚は、老人施設や、母子寮などに寄付して新鮮な魚を食べてもらおう。と言う企画でもう、30年くらいは続いているであろう、協会の行事です。長い年月の間に、この大会だけは、サーフ対象魚以外も一部OKで、(イカ、タコ、タチウオ)なども量ってもらえます。今、神戸沿岸には(アオリイカ)が廻ってきているようすで、うちのクラブの若手?エースたちは、少しでも重量を稼げるイカ狙いで行くようです。先週は私もイカ釣りに出掛け、ハマチを釣ったので(-_-;)エースのイカ3杯と交換してもらい、(イカ醤油バター)(天ぷら)(甘酢かけ)などで楽しみました。日曜日の大会は(タチウオ)狙いで行こうか?と思っています。サーフ対象魚以外でも、美味しい魚が多いので、困りますね~。
2008/10/25(Sat) 06:54 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
ひろし。。。先輩、おはようございます。久しぶりにコメント入れさせてもらいます。イカゴロのことは全くわからないのですが、イカの目をつけておくかどうか・・・私は奥方説?に賛成です。要は、イカに捕食される可能性のある魚なのかイカをエサとしか見ない魚なのかで違うと思うのですが、おそらく皆さんが狙われているような大物でしたら「どっちでもよい」または「目がついていた方が良い」のいずれかだと思います。魚はエサの頭=急所から食べることが多く、その象徴の一つとして目があるということを聞いたことがあります。無論イカゴロは“臭い”で集魚するものでしょうから効果のうちにホンモノへの擬態性のあるなしは大きく変わらないのでしょうが魚が「イカがいたぞ。それ食ってやれ」と視覚的に思う効果を加えるなら目がついている方がいい・・・と思います。すみません、イカゴロを数度しか使ったことのない男の無責任コメントでありました。
2008/10/25(Sat) 06:27 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
真意のほどはわかりませんが、カジカ釣りの場合、イカの目が光って集魚効果の役割をするって言う人も居ます。あの口なので、身が付いていようが付いていまいが一飲みです(笑)
また、ヨシゾーはWさんの言うように、身をカットして断面を日の丸にして、中のゴロが抜けやすくして使う方法も釣り会の人に教わりました。
ただ、ヨシゾーが教えてもらった目的はWさんとは少し異なり、手返しを早くして集魚効果を高めるのが目的です。ただ、多少凍ったゴロでしか、この方法は使えませんし、何度も同じ場所に投げるコントロールが必要な高等テクニック?です(笑)
また、溶けたゴロだと投げた瞬間にゴロが抜け、何処かに飛んでいきます(爆)
ヨシゾーは、潮が動かない場所か、ちょい投げの溝狙いでしか、この方法は使ってません。
ま、人それぞれですが、こればっかりは魚に聞くしかないでしょうね(笑)
2008/10/25(Sat) 05:03 | URL  | ヨシゾー #-[ 編集]
イカゴロ
こんばんは、ひろしさん。

私はあんまりイカゴロ好きじゃない(車内が臭くなるから)ので
使用頻度は少ないんですが、アブ・カジ・ハチ公を釣るときに
やむなく使います。
でも、市販のイカゴロでも上の部分はカットして使っています。
某釣具店だか師匠だかにそう教わりました。
上の部分は結構硬いので、魚が喰った時針掛かりしずらく、
すっぽ抜けることが多いからと言われたためです。
確かに上の部分をカットしたことでバラシが以前より少なくなり
ました。結局切って使うなら、目が付いていてもなくても変わらないと
思います。
でも皆さんそのまま使ってるんですかね?
2008/10/24(Fri) 22:48 | URL  | W #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック