FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2008年10月30日 (木) | 編集 |
昨日、ロシアに行ってオヒョウを釣る夢をみました。
場所はロシアの沖合いで、船釣りしてました。
突然、竿先が海面に刺さり込み、
俺は一所懸命リールを巻いていたら姿が現れたのですが、
俺より遥かに大きなオヒョウで、
地元の船頭が「ハリバット」と叫んで鉄砲で頭を打ちぬき、、
やっとのことで船に取り込んだところで目が覚めました。
一度は釣ってみたいですが、
いつのことになるか分かりません。
確か、つりしん(北海道釣り新聞)の太公さんちの休日というマンガに
出ていた記憶があります。
メスは約40年間生き体長3m近くになり、
オスはそれより劣り、約20年強生き体長も小さいそうです。
1年目で約30㎝位になりその後は、
成長も遅く1年間で10㎝くらいしか大きくならないようです。

昔、俺が勤めていた会社は水産関係だったので、
その時に八雲町の沖網にオヒョウが入り、
それを見たことがありました。
生きていなかったのですが、小さいモノでした。
見た目はヒラメなのですが、眼が右側についており、
表面はカレイの肌色ににているのですが、
裏の色が白っぽいような青っぽく、
しっぽがヒラメより大きく、
カレイでもヒラメでもない印象を受けました。
でも不思議です、オヒョウは、
道北、道東側のオホーツク海の沖で釣れるとは聞いていましたが、
噴火湾の八雲沖でも網に掛かるとは信じられませんでした。
ところが、その後もやはり沖網にはオヒョウが掛り、
もう一度お目に掛かるチャンスが訪れたのです。
その時は、会社の同僚が漁師から貰って帰って食したようですが、
感想を聞くのを忘れてしまいました。

そこで、知り合いの水産試験所の方にお伺いすると、
「海流の関係だと思うが、東北あたりでも網に入ることがあるんだ。」
と教えてくれ、
「紋別や釧路・根室では、ヒラメとして売っていることもあるよ。」
とも言います。
そして、
「俺の知り合いが、道東で投げ釣りで釣ったことがあったんだ。
そいつ、その時はヒラメだと思って食べたんだけど、
かみさんの親が漁師だったから指摘され、オヒョウだと判ったんだ。
投げ釣りで釣るなんて、
宝くじでも当たったような気持ちだ~と喜んでいたよ。」
と感想も述べたそうです。
一度でも良いですから、話のネタに、
オヒョウを釣って食してみたいと思っていますが、
そんな日がくるのでしょうか。

追記
【オヒョウ】
漢字で書くと大鮃(おおひらめ)
つまり大きいヒラメのような魚(カレイの仲間)なのです。
ところで、オヒョウは英語でハリバット (halibut) と呼ばれますが、
これは中世英語の "halybutte" に由来する、
"聖なるカレイ (ヒラメ) (holy flatfish)" という意味だそうです。
祭日 (holy day) に食されたことからこの名が付いたということです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
エッ、ホントですか
こんばんは、大輔さん
寒い中、御苦労様です。 いつも読ませて貰っています。
俺にもチャンスがある?ってことですね。 
その前に、大輔さんの方がチャンス大ですね、ぜひ、釣って見せびらかして下さい(笑)
2008/10/31(Fri) 21:57 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
夢・・・いっぱいあり過ぎで困っています
こんばんは、ともさん
>某メーカーの投げ竿 固さはAX!
気になりますね・・・ぜひ、夢を叶えて下さい(笑) でも、その前にちゃんとゴマをすっておかないとね(爆) 俺、ゴマのすり方が悪いので、今だにIDの許可がでません(涙)
2008/10/31(Fri) 21:49 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
いつか行きましょう~
こんばんは、Wさん
皆、同じですね。 俺も小樽の水族館でオヒョウを見た時、「あ~竿持ってもこえばよかった~」と後悔しました。 小樽水族館と言えば、結構、カレイの名が間違って表示されていましたね(笑)それを職員に言ったら、「今、補充する魚を待っている状態です」という話でした。 
もちろん、指摘したのは嫁です(爆)
登別のマリンパークにもオヒョウは居たのですが、あまり大きくなかったので、アレなら釣れるかも(笑)
2008/10/31(Fri) 21:37 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
オヒョウの乗ってみたい!
こんばんは、釣好人見さん
エーッ、いいな~ガラス越しでなく本物を見れて~いいな。
案外知られていないようですが、回転寿司のカレイやヒラメの縁側は、実はオヒョウの縁側が殆どだそうです。 金額的に考えても本物のカレイやヒラメの縁側が、あんなに安く回っている訳ないですよね。
キングサーモン釣りのツアーも行ったんですか~いいな~俺も釣りたいです。
キングサーモンと言えば、マスノ助という名で日本では高値で取引されています。 もし、そのキングサーモンを日本に持ってきて売ったら・・・あっ、運総代で赤字ですね(笑)
2008/10/31(Fri) 21:29 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんにちは
去年の秋に白老漁港の防波堤からの投げで、40cmくらい(大きさの記憶が定かじゃないんですが)のオヒョウを釣った人が居たそうでしたよ。
3mだと、竿で引き上げるの無理ですね・・・すごい
2008/10/31(Fri) 20:11 | URL  | 大輔 #-[ 編集]
オヒョウ 何て夢ですよ! 夢って分け分からない方向に進んで行きますよね 俺の夢はヤフオクに出品されている 某メーカーの投げ竿 固さはAX!を手に入れる! 夢は夢ちょっとでも違いますね~ スリ身作って カブ 上げなきゃ ですね
2008/10/31(Fri) 03:55 | URL  | とも #-[ 編集]
私も見ました
こんばんは、ひろしさん

私もオヒョウを釣る夢を見ました。
1~2年前だったと思いますが、テレビでロシア(千島)で釣っている
番組を見た後、自分も釣ってみたいと夢をえがいていました。
もし、実現できそうな機会があったら是非私にも声を掛けてください。
オヒョウ釣りは私にとっても夢です。是非釣りたい。
平モノハンターの究極のターゲットだと思います。

生きたオヒョウは小樽の水族館で見ました。そんなに大きくない
(体長1~1.5mくらい)のものですが、肉厚で、うわーこれ、
釣ってみたいと、監視の目がなかったら、おそらく釣り針たれて
いたことでしょう。
2008/10/30(Thu) 21:51 | URL  | W #-[ 編集]
オヒョウを見た。
ひろし。さん。私はカナダのバンクーバーでオヒョウを見ました。スタンレーパークと言う、大きな公園にバンクーバー水族館があったのですが、其処の外にある大きな、プールと言うか、水槽の中にたたみ2畳は十分に大きさがある、オヒョウが泳いでました。確か3=4匹入ってたように思います。まるで、昔ヒットした(イルカに乗った少年)ならぬ、オヒョウに乗ったオッサンのように、水面が近かったので迫力ありましたよ。エンガワは硬そうで寿司にはむいてないと思いました。そうそうキングサーモン釣りのツアーにも参加しましたが、時期が少し早かったので、2~3匹釣れたものは、リリースサイズでした。その船には、西城秀樹も来て釣ったことがある、と船長が自慢してました。5月頃のシーズンになると、地元の人はマイボートで、釣りに出てくるので、超ラッシュになるそうですが、一人何匹か・・・決まっているので、無くならないそうですよ。地元の人は、その季節に自分宅で食べる1年分のサーモンを釣るそうです。
2008/10/30(Thu) 20:33 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック