北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年11月07日 (金) | 編集 |
いつもお世話になっている釣具屋さんで小耳に挿んだ、
AさんとBさんの会話です。
Aさん
「春先に川に登るアカハラなんだが、
この頃、あまり川で見なくなったな?」
Bさん
「俺、昔、普段川で釣れるユグイが釣りたくて、
よく釣りに出掛けたが、ヤマベやアユしか釣れなかった。」
Aさん
「なんでユグイなんだ?」
Bさん
「俺がガキの頃、川で釣れる唯一の大きな魚って、
ユグイくらいしか居なかっただろう?
ヤマベやイワナやゴダラッペって小さい型しか居なかったから、
ユグイってすごく大きな魚に見えたんだ。」
Aさん
「知っているか?普段のユグイって澱んだところにいるけど、
産卵する時は、水の澄んだ綺麗な床で産むんだぜ!
ところがよ、この頃川の温度が上昇してその産卵場もコケだらけで、
ユグイも産卵出来ないんだぞ。
ユグイにも種類があって、クチボソユグイも結構いたんだが、
今はどうなっているのか分からんが・・・
ゴダラッペも3種類いたんだ、そう言えば、この頃あまり見ないな~」
Bさん
「そうそう、数年前、アユ釣りの時、オイカワが釣れたんだ!」
Aさん
「オイカワって本州の魚だよな?」
Bさん
「アユの稚魚放流の時、アユに混ざっていたんだ。
そのアユの卵、九州産だったんだとさー」
Aさん
「北海道の川で生き延びたのか?」
Bさん
「ああ~この店に「綺麗な変な魚が釣れた!」と持ち込まれたんだよな?
なっ、店長。」
店長
「20cmくらいの大きさだったよ。何の魚だ?って聞かれたから、
オイカワだと教えたけどね。」
という話です。

北海道ではまずお目に掛かれないオイカワなのですが、
時として、このように生き延びる強モノもいるようです。
魚って不思議なモノで、「上げ3日、下げ3日」というように、
水温変化にも3日すれば慣れると言われています。
九州から運ばれてきたアユの卵ですが、
その中にオイカワなどの卵が混じっていたら、
北海道で稚魚に成長し、あちらこちらの川に放流された時、
適応が出来る個体となって生き延びる確率は数段上がるようです。
そう考えると、北海道古来の魚類に及ぼす生態系の問題もあり、
少し怖い気がします。

追記
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

利根川水系と信濃川水系以西の本州各地、
四国の吉野川水系、九州に分布し、
日本以外では朝鮮半島、中国東部、台湾に分布する。
ただし日本ではアユやゲンゴロウブナなど有用魚種に紛れて
放流されることにより各地に広がった。
近年改修によって多くの河川は流れがより緩やかになり、
河床は平坦にされている。
水の汚れや河川改修にも順応するオイカワにとって、
近年の河川は生息しやすい環境へと変化している。
21世紀初頭の時点では東日本、屋久島、徳之島などでも記録される
普通種となっている。
日本国内の移動で生態系への影響も比較的少ないとはいえ、
外来種であることに変わりはない。
改修への順応が低いウグイやカマツカなどの魚が減少する中
ヌマムツと共にオイカワが増えている。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、神戸MPVさん
北海道は訛っているので、イワメと呼んだ日には、イワナだと勘違いする方が多いのです。 俺もその一人かも(笑) オイカワに関しては、てっきり本州方面でヤマベだと教えられたので、親戚筋だと思っていました。 コイ目コイ科だと知らず、勉強不足でスミマセン! フィリピンあたりで整形手術でもしてこないと無理ですね(笑)
スパム対策をしてたんですが、「コメントを入れられない!入れても反映されない。」という指摘があったので、スパム対策を外したら、まぁー素晴らしい男心をくすぐるコメントが俺を誘うように入ってきて困っています(笑) その内、何とかしようと思っていますが、今のところ、小まめに消すしかないようです。
2008/11/09(Sun) 19:39 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ひろし。。。先輩、おはようございます。
あー北海道だとイワナ+ヤマベでイワヤマになるんですね。関東だとそのF1(混合種第一世代)はイワナ+ヤマ「メ」でイワメと呼ばれています。(笑)
さすがにヤマベ+オイカワはキツいんじゃないでしょうか。イワナとヤマベはサケ目サケ科なので人で言えば「ハーフ」くらいなんでしょうが、コイ目コイ科のオイカワとはそれこそ外科的手術でもした「ニューハーフ」にしないといけないんじゃないでしょうか?
ところで全然関係ないですがANAとJALが合併したらANALとかになるんですかね。。。最近、変なサイトの迷惑投稿が増えているようですが・・・私まで迷惑投稿し・・・すみませんでした。
2008/11/09(Sun) 07:37 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
こんばんは、神戸MPVさん
残念なことに、俺、千葉に居た時、川釣りはやっていなかったので、オイカワは一度も見た事がないんです(涙) まさか、後志利別川の国指定一級河川で、オイカワが釣れるとは思っていませんでした。 昔は、この川でもアユ釣りは盛んでしたが、河川工事で大分アユが居なくなり、慌ててアユの稚魚放流なんてことが起きました。 俺が思うには、イワナ+ヤマベ=イワヤマという珍魚がいるくらいですから、ヤマベ+オイカワ=?なんて魚が出来ることがあるかも知れませんね。 ちょっと見たいような気がするんですが、やっぱりダメですよね(笑)
2008/11/08(Sat) 22:21 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ひろし。。。先輩、こんにちは。
オイカワ、と聞いてビビッと反応しちゃいました。
恐らく、私のこれまでに釣った魚の中でハゼ、クチボソの次に多い魚です。関東ではヤマベ、関西ではハエと呼ばれているかなりポピュラーな魚です。もっとも、関東にももともとこの魚はいなく、琵琶湖産の鮎の放流に伴って増えたとされています。ウィキペディアでは警告を出していますが、北海道の淡水魚の生息域を考えると大きな環境変化をもたらすものではないと個人的には思います。ちょっと影響があるとすればトミヨなどのトゲウオ系の生息域と被るのでちょっと心配ですが、鮎釣りが本州ほど盛んではない北海道では全域に広がるものでもないかと思うのですが・・・。夏場の婚姻色は非常にきれいで、ちょっと地味なベタのような感じです。
あ、オイカワ好きの私なので好意的なコメントになりましたが、やはり移植放流はいけませんよね。
2008/11/08(Sat) 08:49 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。