北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年12月02日 (火) | 編集 |
クロガシラカレイやマコガレイは、どうなのだろう?
彼らの住みかは、普段は砂地にバラ根回りや
砂地と岩礁との際に生息しているように思われます。
産卵のために深みからやって来るようで、
産卵を控えたクロガシラはどんどん港の奥へ入る習性があるらしく
卵は付着沈性卵で玉石や砂礫に産卵します。
エサは、
ゴカイ類、小型甲殻類、ウニ類、小型貝類など底生動物を捕食しています。
以前、クロガシラカレイのお腹の中をちょこっと開けたら、
未消化の小さなウニと二枚貝が入っていました。
河口まで流れ出た落ち葉には、川とは別の種類のヨコエビたちが群がり、
沿岸域のクロガシラカレイなどの餌になるようです。

エッグボールの色が、クロ、黄色、赤、とあるのは、
ウニなどや小型甲殻類に似せていると思われます。
夏、海で泳いでいると砂地を移動する俺のあとを、
水中メガネ越しに見ると、
ピタリと着けてくる小さなカレイに気づくことがあります。
最初は、気がつかなかったのですが、
よくよく観察すると、足でフィン(足ひれ)けって進むとき、
巻き上げた砂に混じる餌が目当てのようです。
だから着いてくるのは、決まってフィンの後方となるワケです。

ある漁港の漁師さんが言うには、
「ババガレイ(ナメタカレイ)は夫婦や兄弟で泳いでいるから、
父さんが釣れると母さんも釣れるんだ。」
と教えてくれました。
普段のクロガシラカレイも、その兆候があると言います。
船釣りで、
昨日大漁に釣れた場所で今日も釣れるだろうなんて思って竿を出すと、
今日は一匹もその場所では釣れない!
なんてよくある話だそうです。

釣り人の立場から見ると、どうなんだろう?
俺は昨日も書きましたが、
海面から竿先までは張らさっているように見えますが、
道糸を張ったつもりでも、潮や波などの影響を受け、
海面から海底までの間では緩やかに糸はふけています。
また、PEラインとナイロンラインとでは、その糸ふけの範囲も違います。
ナイロンラインと比べると、
PEラインは比重が小さく風の影響を受けやすく、沈みが悪く、
伸びがないのでカレイの食い込みが悪いのが難点ですが、
テーパーラインをナイロンにすることで、少しは改善されます。
ナイロン糸と比べると、アタリは鮮明に分かり、
強度があり、海底の状況を把握するのには良いと思います。
ナイロンラインはその反対で、伸びのある分、食いこみは良い。
フロロカーボンラインは、強度も強く、
伸びが少ないからアタリも取りやすくのですが、
他のラインに比べると比重が多い分、沈みが早く、
もし、手前に隠れ根が存在すると、すぐに引っ掛かってしまいます。

あれ?此処まで打って気が付いたのですが、
話しはカレイの日常生活の話になってしまいました。
糸を張るのか?張らないのか?は各個人が、
その時の海の状況に合わせるのがベストかも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
ホッケのすり身
こんばんは、ともさん
島牧まで来ていたんですか、釣れて良かったですね。
ホッケのすり身が作れますね(笑) ぜひ、御馳走して下さい!
イワシの群れが遠ざかるとホッケも一緒に移動して行ったようです。 こちらでは、浮き釣りをしていてもやっと2桁釣れるかどうかなんて話が聞こえてきます。 ホッケの浮き釣りも難しいと嘆いているようですよ。
2008/12/04(Thu) 00:48 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ありがとうございます。
こんばんは、神戸MPVさん
御無理を言って申し訳ございません。 
残念なことに、ブラックリストには入っていなかったようです(爆)
点の釣り・・・北海道ではあまりお目にかかれないかも知れませんね。 
神戸MPVさんも実感していると思いますが、ここが本州との違いかも知れません(笑) 
きっと北海道の釣人が皆、点の釣りをしていたら、すぐに居なくなってしまうでしょうね、おさかなが(笑) 
そうそう、今日、夜釣りで25cm前後のハゼを沢山釣っている方がおりました。
う~ん、話には聞いてましたが、俺、ここでハゼが釣れるとは思わなかったので、ビックリです。今度、休みになったら挑戦してみようかと思っています。
2008/12/04(Thu) 00:42 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんばんは~(^_^) 自分のやり方で良いのかも知れないですねぇ だから釣りは楽しい! 今日嫁さんと島牧へ久々に釣りに行って来ました ホッケは数釣れましたが 抱卵ホッケは何故か1匹も釣れません… 卵の煮付け食べたかった~
2008/12/03(Wed) 20:00 | URL  | とも #-[ 編集]
ひろし。。。先輩、おはようございます。
ついにブラックリスト入りした?かもしれない、神戸です。
「糸をはるのかはらないのか」
私の場合は、天秤仕掛・しかも固定天秤が多いので糸は張っています。
食い渋りの時期など天秤の全遊動で狙う場合はややたるみをつくります。
ただ、このたるみを作る釣りも弱点がありまして風の強い日は仕掛が安定せず、点の釣りを目指す私としては狙いにくい釣り方となります。→こういう日は固定仕掛にいたします。
たるませるかどうか・・・については竿先に直接アタリが伝わるような仕掛・・・北海道の遊動・胴付、そして本州などの天秤の全遊動には重要な要素になるでしょうね。
2008/12/03(Wed) 07:28 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。