北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年12月20日 (土) | 編集 |
今日は、近い親族だけ集まり、
俺の親父の一周忌の法要を行われました。
今年の1月8日に永眠したのですが、
年明けそうそうと言う訳にもいかなかったようです。

お坊さんの説法は、
「自分の生まれた時の周りの状況・気持ちを聞けば
おのずとその価値が分かる。」
というお話でした。
お話のなかで、
「親だからこそ、24時間、子供に無償の愛情が掛けられ、
それが代々受け継がれて現在に至る。
自分探しの旅に出るという若者もいるが、
それだったら自分の生まれた時の状況や、
周りに居た皆の気持ちを聞いた方が、
遥かに自分自身が生まれてきた意味が良く分かる。
そして、自分も成長と共に、また、親と同じ道のりを歩いている。」
と言うことをおしゃっておりました。
何となく分かっていても、改めて聞かされると、
先祖の有難さが身に沁みるお言葉でした。

ところが、嫁がその説法の最中、
ただ一人、ズーと天井のはりを見据えております。
何が彼女の気を引きつけていたのか、後で訊いたら、
『お経が終わったから、姿勢を変えるつもりでちょっと動いたら、
目の隅に小さな黒いモノが見えたの。
それってね、小さな黒々とした蜘蛛だったんだけどね。
で、説法の最中動き回っていたんだけど、
終わると天井の隅へ移動して、その後、姿が見えなくなっちゃた。』
と言います。
隣に座っていた叔母2人に、
『あそこ!』
と教えると、また姿を現し、すぐに居なくなりました。
嫁と叔母2人は、
『誰,、来ているかな~?と、父さんが見に来ていたんだね。』
と納得していました。
ただの蜘蛛なんですが、タイミング良く現れただけの事で、
見る人にとって、そこに色々と心情が込められてしまうようです。
残念な事に俺には最後まで、その蜘蛛の姿を見ることはなかったのです。

お食事会には酒は付きものですが、
今回は遠慮させて貰いました。
俺の勤める会社は、
今がかき入れ時なので仕事を休めず途中で抜け出してきた事と、
今朝の朝刊に、
「酔っぱらいに車を貸した人も刑罰は同じです。」
と、書かれていた記事を思い出しました。
飲酒及び運転だと、3年以下か罰金50万円以下、
酔っ払い運転は5年以下か100万円以下の刑罰が下されます。
罰金の50万~100万なんて、
貧乏人の俺に出せっていわれても無理です。
その前に、酔っ払って捕まって会社からお払い箱にされるのだけは、
絶対回避しなくちゃイケません、嫁にしこたま怒られまちゃいます。

そうそう、実家には、子供に強請られたのか知れませんが、
いつの間にか犬が飼われていました。
その犬は、嫁を一目見たなり鼻をクウーンと鳴らし、
頭を垂らし足元に寄ると、コロリとひっくり返って、
強いモノに対する服従するポーズの腹を見せ、
「こいつはヤバい!」
と本能で感じたようです。
そして、嫁に腹を撫でられ安心したのか、なついておりました。
今思い出してみると、一部の犬を抜かして、
嫁に服従するポーズを取る犬が多いのではと思います。
犬でさえ服従させるくらいの嫁なので、
とても俺では太刀うち出来ないのも納得してしまいました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
元気のようですね
こんばんは、ともさん
お久しぶりです、お仕事忙しかったんですね、御苦労さま!
服従=逆らったら生きてイケませんってことですよね(爆)
反抗なんてしたら、その倍以上の仕返しが待っているという事、
嫁が居ないと俺達は何も出来ないって情けない状態に成りうるって事、
年寄りは大切にしないとバチがあたるかもって事、
時々、機嫌が良いとモノで俺達を釣り上げて、俺達は簡単に引っ掛かってしまうって事を肝に銘じておいて下さい(爆)
2008/12/21(Sun) 20:17 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
生類憐みの令?
こんばんは、ボナさん
残念ながら嫁には霊感はありませんが、ただ、イヤな場所はあるようです。
この頃、そういう力のあるお友達がいるので、そこに遊びにいくと、色々な事に遭遇するそうです。 前日もそこのお家に行っていたようなので、案外、パワーを貰ってきたのかも知れませんね。
犬に関しては、昔、嫁の実家で飼っていたので、どうやったら犬に舐められず、上に立てるか会得しているようですが、嫁の前世は狩人で犬を従えていたか、犬族の長だったかも(爆)
そうですか、ボナさんの奥様はハゼの前世が見えたんですね、という事は、食より慈悲の気持ちが強かったようで、徳川綱吉の生まれかわりかも(笑)
2008/12/21(Sun) 20:15 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
おはよーございます(^_^)vお久しぶりでした ようやく地獄のような日々が終わり家に帰って来ました! 俺も嫁さんには服従ですよ(^。^;) たまに反抗しますけど(笑) 俺の好物の ホッケのいずし が出て来ました♪
2008/12/21(Sun) 10:27 | URL  | とも #-[ 編集]
弘司さん、奥さんは霊感が強く普通の人には見えないものが見えるんでしょう。病院なんかに行くと、そのような場所が分かるんでしょう。そのイヌの前世が見えるんと違いますか、または、イヌが前世で出会ったことを覚えているんでしょうね。イモが食べられないのは、イモにも前世が見えるんでしょう。神戸MPVさん、本当にご苦労様です。多分、事情を知っている魚達が沢山釣られにやって来たのと違いますか。私は、2年前だったか、家人と小樽のフェリー埠頭の横でハゼを釣って海水に入れて活かして帰ってきましたが、翌朝、ハゼの顔を見て、食べられない、というので、創成川に放流しに行ったことが有りました。何かが見えたのだと思います。取りとめのないことを書きました。
2008/12/21(Sun) 00:07 | URL  | ボナ #-[ 編集]
優しさと反抗
こんばんは、神戸MPVさん
優しさと反抗出来ない、させて貰えないとは同じレベルなのでしょうか(爆)
俺は間違いなく後者でしょうね。だって、一言いえば10倍100倍になって、理屈でやり込められるもん(笑)
で、あの犬なんですが、俺や他の親族にはただしっぽを振って愛想を振りまいているだけだったんですが、嫁が登場すると、一瞬ビクリとして態度をひるがえしたんです(書いた通り)。 帰りには嫁が出てくると、また、腹を出して見せ、嫁が頭を撫でると今度は飼い主でさえビックリする程、嫁に気に入れられるように愛想を振り、 完全なる上下関係が確立した瞬間でもありました(笑) あ~あ~、なんだか、俺の姿がその犬に反映されているようでした(爆)

大丈夫ですよ、取って食いませんが、ちょされるだけですから~、ぜひ、せたなに来て下さい(爆)
2008/12/20(Sat) 23:52 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
昨日のカツオドリの話といい、やはり動物は見る目があるようですね。

私はこんな感じやあんな感じで書いていますが実は小心者ですのでひろし。。。先輩の奥方にお逢いしたら話すことすらできないでしょう。
瀬棚方面は“鬼門”にしておきます。
万一お逢いしてしまったらどこを見せればいいんでしょう。「股の下のポニョ」ですかね。(北野武先生のパクり。)

このお話を見て、チュウボウのころに同級生が「動物はいいよね、裏切らないもの」と言っていたことをなぜか思い出しました。なぜか、思い出したんです。それはなぜなのか・・・。ひろし。。。先輩、前フリですよ・・・。

(だってなんだかんだ言っても奥方にやさしいんだもの。)
2008/12/20(Sat) 22:47 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。