北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年12月27日 (土) | 編集 |
ニジマスは、
今では北海道の殆どの川にいると言っても過言ではない魚です。
原産地は、
太平洋東岸(アラスカ、カナダ、アメリカ)とカムチャツカ半島ですが、
養殖し易さから食用にと輸入され、
一部がゲームフィッシュ用に川に放されて現在に至ります。
一生を淡水で過ごす陸封型の魚と降海型がおり、
降海型の個体は、特に大きく成長しやすく、
全長1.2メートル、体重25Kgのモノが記録にあるそうです。
降海型の個体が産地周辺の川を遡上することがあり、
コレを海外ではスチールヘッドと呼ばれていますが、
頭部上面が黒っぽくなるので、
日本ではテツと呼ばれているそうです。
今ではスチールヘッドの呼び方の方が浸透しているので、
その名前の方が分かりやすいかも知れません。
ニジマスの改良型に、ドナルドソンニジマスというのがあり、
これをスチールヘッドとかけあわせたモノがサーモントラウトで、
よく店頭に、
サーモントラウト、トラウトサーモン、トラウト等と表示される切身は、
ノルウェー、チリ産の海面養殖されています。
確かに安くて、脂がのって美味しいですよね。

以前、嫁の実家の事で、ニジマスは養殖がしやすいと書きましたが、
この他に、
「えっ、こんな沢までニジマスがいるの?」って、
思う事がありました。
俺の昔の仕事で、結構山奥まで工事に入ったことがありました。
山と山の合いまに沢があり、
そこに山からの水が流れて小さな川が出来ていました。
俺も昼休みに何度か竿を出し、ヤマメやイワナを狙い、
大きな岩の影に竿を出すと、ニジマスが釣れたのです。
俺の入った場所は民家がある場所からかなり離れており、
クマも出るような場所で、禁漁区に指定されている場所でもありました。
本来なら竿を出しちゃイケない場所ですが、
誘惑に勝てずに竿を出してしまいました。
時々、アメマスを見ることはあるのですが、
こんな場所に?って思う所までニジマスが
進出しているとは思っていませんでした。
イワナやヤマベは魚体も小さく細かったのですが、
この時のニジマスは丸々と太っておりました。
ここで定住しているのか繁殖しているのかは定かではありませんが、
こんな山奥までニジマスは確実に居ると言うことです。

ニジマスは現在、
特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律において、
要注意種に指定されているそうです。

◆紋別・流氷科学センター 体長81センチ 
巨大ニジマス 氷漬け標本に(12/19 14:13)

アトランティックサーモンではないかと物議を醸した
海洋性ニジマスの氷漬け標本
【紋別】道立オホーツク流氷科学センターの厳寒体験室内
「流氷水族館」にこのほど、
体長八一センチに及ぶ大型ニジマスの氷漬け標本が登場した。
ニジマスは紋別漁協のサケ定置網漁船「第二十八創栄丸」が
十月上旬に水揚げ。
漁業者があまり見たことのない珍しい魚体だったため、
「北欧に多いアトランティックサーモンではないか」と浜の話題となった。
同センターは紋別漁協から魚を譲り受け、
北海道区水産研究所(釧路)に鑑定を依頼。
歯の形状や尾びれの黒点、体中央にある帯状の桃色柄から、
海で育った海洋性のニジマスと判明した。
同センターの山中昭雄技術専門員(55)が一週間以上をかけ、
氷漬け標本を制作。体長八一センチ、体重七・五キロのニジマスは
約九十種類の魚が並ぶ流氷水族館の中でも四番目の大きさで、
虹色の美しい魚体がひときわ目を引く。
同センターは
「氷点下二〇度の水族館で光り輝くニジマスの姿に注目してほしい」
と来館を呼びかけている。

↑俺も気になったので、知り合いの水産試験場の方に聞いてみました。
「海にいるのは知っているが、現物は見たことがない。
漁師でさえ間違うのは仕方がないよ。ソレだけ珍しいモノってことさ。」
と言ってました。

あ~ぁ~、俺、明日も仕事です(涙)

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
神童?
こんばんは、神戸MPVさん
>ロープと鞭とロウソク(しかも仏壇用)
我が家ではもう、ソレは卒業していまして、今はバラ線と1万ボルトの電流とガスバーナーでイケナイ遊びをしています(大爆)
そうですか、神戸MPVさんは神童だったんですか、ソレは失礼致しました(笑)
俺、子供の頃のお話を読んで、天の邪鬼のキツネ並の小ズルイ事にたけた生意気なガキだと思っていました(爆)

転勤族も大変ですね。来年は北海道の平和のタメに、「今度は海外ってのもありかも」って嫁が呟いております(爆)
 
2008/12/29(Mon) 22:18 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
やっべぇ、女帝の琴線にふれたか。ひろし。。。先輩、導火線の消火をお願いします。だって、先輩が悪いんですよ。あんなに奥方ネタばかり書くから。「愛情表現の一部」=「プレイ」を曲解しておりました。

ただ今、核シェルターの中にいますが、ここだとネットが繋がらないので外に出ました。一般市民を巻き込むような爆弾投下はしないでください。除雪の音だけでビビっております。

「釣りなんぞ、女・子供のするもんじゃねぇ」発言に関しては全く反省しておりません、私は当時「神童」だったので致し方ないじゃないですか。周りなんか見えなかったんです。今は見えないふりしてるだけです。命乞い。

ですから、来年度北海道にいましたら、直接弾を受けに参上する、と奥方にお伝えください。ロープと鞭とロウソク(しかも仏壇用)を持参しますので・・・。

世界の平和を願う、ヨッパの神戸でしたぁ。

2008/12/28(Sun) 23:10 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
電車キャスターさんへ
さっき書いたことで肝心な部分が抜け落ちておりました。
献上された魚はブルーギルだそうです。
2008/12/28(Sun) 22:11 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
レーダーに反応あり(笑)
こんばんは、神戸MPVさん
只今、札幌の某所に向けてテポドン2の発射準備中です(爆)
ただ、技術と性能と燃料不足に難があり、計画は頓挫するかも(笑) で、今、米国製のAIM-4ファルコンミサイルを買うべく予算をはじき出しているようです(爆) 俺は、中国製の潜水艦で海に深く深~く潜る予定です(笑)
>「釣りなんぞ女・子供のするもんじゃねぇ」
『結構かわいいこと書いてくれるじゃないの、子供の頃、親と一緒に釣りに行ったのはだ~あ~れ?』と指をポキポキと鳴らしておりました(爆)

2008/12/28(Sun) 21:58 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ニジマス
こんばんは、電車キャスターさん
天然で53センチのニジマスって結構大きな方だと思いますよ。 北海道という土地なのか知れませんが、60㎝超えのニジマスも釣れたと、どこかのブログで見た記憶があります。 でも、ソレはほんの一握りで実際にはもっと釣っていつ方もおられると思いますが、中々みなさん口が堅いのか、場所までは書いてませんでした(笑)
北海道では繁殖が確認されている川が数ヶ所あるようですが、俺が思うには実際にはもっとあるような気がします。 ちょっと前のTVで天皇陛下がアメリカの偉い人から献上され、日本に持ち帰り、食用として某研究所に委託され、それが繁殖してしまい今の状況になってしまい、心を痛めているという番組を見ました。 その時は良いと思っても、後の祭りってことでしょうね。
2008/12/28(Sun) 21:13 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ひろし。。。先輩、こんばんは。
身も心も頭もあっちの頭も黒い私とは違うようで、失礼しました。
あの、今日のブログで・・・ひろし。。。先輩の大切な方をネタの一部にしてしまいました。こう暴露しても決して「いや、そうじゃない」と仰られるかもしれませんが、確実にあのお方を意識しました。私のところにトマホークが飛ぶ前にひろし。。。先輩に散弾銃がブッ放たれたらごめんなさい。ご冥福をお祈りするばかりです。
大切な方は私のブログを昼間にチェック頂くようですから、明日の日中は“核シェルター”に閉じこもることにいたします。
2008/12/28(Sun) 20:34 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
色は・・・
こんばんは、神戸MPVさん
俺の色は身も心も綺麗なピンクなので、とてもオチには使えません(爆)
ニジマスの引きが強いので、遊ぶのには楽しい魚ですよね。 ニジマスやイワナって獰猛な魚なので、色んなモノを食べて大きくなるようなので、ヤマベは喜ばれるのですが、我が家では喜ばれない魚になっています。
2008/12/28(Sun) 19:53 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
いらしゃいませ。
こんばんは、与作さん
初めまして、ようこそお出で下さいました。
北遊人さんのところではお世話になっております。

実は嫁のお気に入りに与作さんのブログを勝手に貼らさっておりまして、
「与作、サクラマスを盗る、否、獲る(2006.9.3.)」
から読ませて貰っているそうです。 嫁はドーベル犬を飼うのが夢だったそうで、写真が載るたびに「いいな~」と眺めているそうです。 これからもどうぞ宜しくお願い致します。
2008/12/28(Sun) 19:50 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
ひろしさん。
お仕事、ご苦労様です。

四国では、天然のニジマスは少なくなりました。
養殖業界でも、ニジマスは、生命力が強くて養殖がしやすいので、一時期、養殖対象魚として重宝されていましたが、しだいに卸単価の高いアマゴにシフトされていきました。

35年前、私の弟が中学生のとき、53センチのニジマスを釣って、その魚拓が「関西の釣り」という雑誌に掲載されましたが、53センチでも十分大きかったのだと思います。
地元漁協には、色々な淡水魚の魚拓が掲示されていますが、ニジマスのMAXは60センチほどだったと思います。
1.2メートルや81センチのニジマスは、とても大きく、北海道の底深さを感じさせられます。
2008/12/28(Sun) 19:04 | URL  | 電車キャスター #-[ 編集]
ひろし。。。先輩、おはようございます。お仕事頑張ってください。
“スチールヘッド”という題名を見て「来るか来るか」と思っておりましたオチが来なくてちょっぴり残念です。だってヘッドなんだもの。黒々としているからオチに繋がらないか・・・。
確かに北海道の川にニジマス、多いですね。
どこでも見られると言っても過言ではないですね。
私にとっては近所の川にチョイと行って、ササッと釣るにはとても良い魚です。
2008/12/28(Sun) 07:28 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
ひょっこり、お邪魔しまーす。

近頃、釣りにも行けず恨めしそうに時々、貴ブログを楽しく拝見させて頂いていまーす。
釣っては面白いし、サーモンの類ですから日本にはお持ち帰り可ですよ。
喰っても旨いです。
2008/12/27(Sat) 22:43 | URL  | 与作 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。