北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年01月31日 (土) | 編集 |
北海道では主に胴突き仕掛けが使われています。
俺が某釣場でL天秤でカレイ狙いをしていたら、
後から入って来た人が、
胴突き仕掛けでカレイをバンバン釣って悔しい思いをした事もある。
と、ある人に話しをしました。
ソレを聞いたある人が、
「マガレイと宗八カレイの習性って知っている?」
と反対に質問されてしまいました。
「うん、何となく分かるけど、はっきりとは分からない。」
と答えると、
「じゃーなんで、マガレイが胴突き仕掛けも上側についている?」
と、ちょとイジワルな顔で言います。
ソレを横で聴いていた嫁が、
『あっ、それって何となく分かった。
浮遊しているかいないかって事だよね。』
と俺より先に口を突っ込んできました。
ソコから嫁の“ねぇーどうして?”攻撃が繰り返されたのです。

『宗八カレイやマガレイは何となく分かったけど、
じゃー天秤から枝針が長いのが普通なんだけど、短いのっていいの?
あまり長くすると投げる時、天秤に巻かさったり、
根や海藻に引っ掛かると思うんだけど?』
と尋ねると、
「普通は長いでしょうね、時には短くしてやる人もいるけどね。
L天秤のアームの部分の意味を理解していないか、
知っていても生かし切れていないかも知れないね。」
嫁は不思議な顔をして、側にあったL天秤を拡げて、
『ねぇ、どういうこと?』
とソレを渡し、意味を教えろと迫りました。
その人は、近くにあった竿を手に取り、
「魚の当たりって竿先で分かるよね。
竿先って柔らかいと魚の喰いこみが良いね、
ソレと同じ役目をアームが補っているワケ!
だからキス釣りの時、遠投をするタメに竿が硬めのを使っても
L天秤を使うことによって、その代役を果たすって事さ。」
と教えてくれたのですが、嫁は、
『何となく理屈は分かったけど、L天秤って投げずらいんだよね。
あたし、胴突き仕掛けの方が投げやすいんだよね。』
とくどきます。
「胴突き仕掛けは先オモリだから投げやすいからね。
天秤は中間にオモリがあるから、
枝ハリスの部分が絡みやすいのもあると思うけど、
絡まないように枝ハリスに張りを持たせることもできるよ。
だけど、何度か失敗している内に、ちゃんと投げられるから大丈夫!」
と慰められていました。

『ねぇねぇ、今更ながら訊くんだけど、胴突き仕掛けってなんで北海道に多いの?
前に旦那から教えて貰ったんだけど、この人の言う事ってパッとしないんだよね。』
俺を指さして言います。
俺の顔を見て笑いながら、
「北海道って磯場で釣る事が多いじゃん。
そういう所って根がかりが激しいでしょ?
天秤などの長いハリスなら、あっと言う間に引っ掛かってしまうよね。
釣る魚によっても違うけど、
マガレイやホッケやアイナメは浮遊しているエサに喰いついてくるから、
胴突き仕掛けが有利なんだよ。」
と、嫁に分かるように説明してくれました。
そこでまた嫁が、
『じゃさー、マコガレイは?』
と訊くと、
「あの魚って、よく分からないんだよ。
クロガシラカレイと同じDNAを持っているんだけど、
底べったりのエサに喰いついてくる時もあるし、
胴突き仕掛けのような中間の枝針にも喰ってくることもあるんだよな~。」
と首を傾げておりました。

ふ~んという顔で嫁は、
『釣れる時には釣れるって事だね。』
とあっさり引き下がったのですが、
『今度会う時、また、色々と聞くから勉強しておいてね。』
とエラソーなのです。
まったく、人様に物事を聞くって態度ではないのです。
と、またひとりブチブチ言ってますが、
今回は嫁のお陰であやふやだった部分が良く理解出来たので、
ちょっぴり感謝したりしてます。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
面白そうな釣り場
こんにちは、電車キャスターさん
面白そうなポイントですね。
俺もそういう場所は大好物です(神戸MPVさんのマネ(笑))
カミツブシとは考えたモノですね、そういう場所は確かに潮の流れも複雑ですが、魚も豊富なような気がします。
今度、俺もマネをしてみますので、その時には一番にご報告致します。
2009/02/03(Tue) 10:07 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
カミツブシ
私のポイントは、潮流が速く、岩礁帯の中に砂地が点在するパターンが多いのです。
こういう場所では、海底で、海水が巻き上げられるような複雑な流れになると言われています。
私も、以前は、カミツブシを付けない状態で、吹流しの2本針を使っていました。
すると、カレイは、サイドの針には喰っても、トップの針に喰うことは、ほとんどありませんでした。
カミツブシを付けると、トップの針にも喰うようになったのです。
また、カミツブシが重過ぎてもダメなので、カミツブシを付けたまま、海底でわずかに浮遊しているのではないかと考えています。
2009/02/02(Mon) 23:11 | URL  | 電車キャスター #-[ 編集]
SCの生き神様なので、仕方がないかも(笑)
こんばんは、泰皇夢さん
俺もだいぶ横着になって来ました。 昔は川口浩探検隊みたいな事をしていましたが、今じゃ、人ごみのない沖防波堤や船渡しで渡ったりしてゆったりと釣りをしています。 
ヒゲ男爵考案の先オモリ仕掛天秤を、俺も本人から教えて貰いましたが、よく考えたモノだと思います。 本人は作り慣れているので、いとも簡単に作るのですが、不器用な俺は苦労しました(笑)
2009/02/01(Sun) 22:06 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
お腹を壊すかも(爆)
こんばんは、神戸MPVさん
大好物は最初に食べるか後で食べるかのタイプに分かれ、俺は最初に食べるタイプのようです(笑) で、神戸MPVさんは最後に食べるタイプのようなので、
じっくり後で拝見させて貰いますから~(笑)

室蘭あたりで狙うクロガシラカレイ釣りを見ていると、胴突き仕掛けが多く、上針と下針に掛かる確率は半々のようです。 御存じのようにあそこで釣りをするのは、大きなヒトデとの戦いで、カレイ一枚釣るのに、ヒトデで数十匹は硬く釣れます。 俺、一枚釣るのに何時間も待てない男なので、根性ナシと呼んで下さい(笑)
2009/02/01(Sun) 21:52 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
岡本太郎の再来か(笑)
こんばんは、Wさん
お礼は俺でなく、泰皇夢さんにね(笑)

ツラツラ岬で、俺はL天秤、後から入って来た釣人は胴突き仕掛けで、俺が1枚釣りあげるうち、彼らはマガレイをダブル・トリプルと次から次へと釣りあげていました。 ポイントもあるのでしょうが、とても悔しい思いをしっちゃいました(笑)
地元の釣場では、L天秤の段差針を使い大漁したことがあったので、今更ながら、場所によって仕掛けを考えないと釣りにならないという経験を致しました。 

2009/02/01(Sun) 21:39 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
車で5分~10分は歩きで40~1時間
こんばんは、電車キャスターさん
俺の周りではカミツブシを使うのを見たことがありません。 それだけ潮の流れが速いと解釈してよろしいのでしょうか? 場所が違うと同じ仕掛けでも釣り方も違うということですね。

せたな町から函館まで車で約2時間~2時間半、札幌まで3時間半~4時間ってところでしょうか。 噴火湾とは函館方面にある砂原町~室蘭市までの大きな湾胴を指します。 湾胴というのは間違いかも知れませんが、地形状そのようになっています。 噴火湾に行くには、車で小一時間で行けます。 一番近いところで、せたな町から峠を超えて八雲町、せたな町から峠を越えて長万部町に出れば、そこに海があり、噴火湾となります。
因みに、日本海に行くには、車で5分~10分で行けます(笑) 俺のブログによく出てくるせたな新港もそのくらいの時間で行けますが、いつでも行けると思うからでしょうか、遠くの釣場に行きたくなる衝動に駆られます(笑)
2009/02/01(Sun) 21:22 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
私の場合ヒゲ男爵考案の先オモリ仕掛天秤や自作オモリ(長さ20cm位の細
長い物)は作っていますが内海では殆んど使いませんね。
特に最近は体力も落ちていますので横着に成り、根の荒い場所ではなく車横
着け歩いて五歩以内の釣り場が多く大物も釣れませんv-395
全日本や協会の釣大会で他クラブの会員さんに合うと必ず掛けられる言葉が
『泰皇夢さん釣をするのかね~v-361
  これ↑↑↑↑↑どう思いますv-399
2009/02/01(Sun) 19:08 | URL  | 泰皇夢 #TEBJj9ms[ 編集]
大好物
ひろし。。。先輩、こんにちは。
いやぁ、大好物のネタだなぁ。すぐに飛びついて・・・パクってしまおうかな?自分のところで。。。
私は、未だに天秤仕掛で釣ることが多いです。かつてマコガレイを飼育していた時もご機嫌のよいときはフラフラと落ちるエサを宙層まで取りに来ることはありましたが、普通は底にあるものを食べていたので底ベタ・・・もしくは天秤仕掛で軽くハリスを浮かせる工夫をしています。
クロガシラもほぼ2シーズンを経験していますが、マコと同じような仕掛でいいように思います。自分なりにはマコガレイで一番釣れると思っている仕掛がクロガシラにもいいように思います。
ただ一口に「カレイ」と言っても宗八はかなり宙層に浮くようですし、ソイやアイナメは底ベタよりも「上から下」へのエサの動きに弱いので「胴付で糸たるませ」という釣り方が理にかなっているように思います。ハゼは絶対に天秤仕掛ですね。
私のマコ仕掛は「立体段差」と言って、2本のハリスのうち1本は底ベタ、1本は浮かせるという工夫をしており、エサのボリューム感をより大きく持たせるようにしています。そのうち「マイブログ」に載せますね。。。ってやはりパクりじゃない?
2009/02/01(Sun) 07:00 | URL  | 神戸MPV #-[ 編集]
胴突きに・・
今晩は、ひろしさん

先ほどLEDケミカルライトの注文を済ませた所です。
有益な情報を載せられていますね。いつも助かっています。

釣りには釣り場に合った仕掛けがその場その場によって違いますよね。
私も胴突きは敬遠していた時期がありましたが、こと、日本海の瀬棚周辺では胴突きの仕掛けが適している場所が多いと感じる今日この頃です。

実際同じ釣り場で誘導と胴突きを2本ずつ試したことがありましたが、
釣果には歴然と差が出て驚きました。

しかし、最近はなぜか釣果よりも美しい仕掛け作りに熱が入ってまして、
釣果そっちのけでカラフルな仕掛けを作って一喜一憂している
変な釣り師になっています。仕掛けは芸術じゃ~なんて・・・。
2009/02/01(Sun) 00:09 | URL  | W #-[ 編集]
L型の完全誘導で底ペタです
ひろしさん。
こんばんは。

私は、L型の完全誘導タイプが中心です。
マコガレイは完全底ペタのほうが良いと思っているため、吹流しの2本針に、カミツブシも付ける場合もあります。
その他、状況に応じて、L型固定、エンダー半誘導などを使います。

瀬戸内海で胴突き仕掛けで投げ釣りすると、釣れる魚種が少なくなります。
釣れるのは、アイナメ、メバルくらいでしょうか。
私も、時々、胴突きでメバルの投げ釣りをします。
特に、チヌ(クロダイ)やマダイなどは、ハリスの長さが1.5m程度になるので、胴突き仕掛けではムリですね。

地図で、「せたな町」を見ると、函館まで100km、札幌まで200kmといったところでしょうか。
噴火湾まで出るのが、ちょっと距離がありそうです。
でも北海道の道路事情では、速く移動できるのでしょうね。
2009/01/31(Sat) 23:39 | URL  | 電車キャスター #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。