FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年03月10日 (火) | 編集 |
困った顔をした嫁は、おっちゃんに、
『今すぐには直せないから、今度練習してくるね。』
と、うまく話しておりました。
その後嫁は俺の所に来て、先ほどの話を事細かく話します。
『おっちゃんがね、
「投げすぎたら釣れないよ。」
あんたの事を指差して、
「なんも魚のいない所に投げている。」
「投げ方が変だ、あんな投げ方をすると、
仕掛けがドボンと大きな音を立てて落ち、魚が散ってしまう。」
って言っていたよ。』
と報告します。
確かに、波三枚の地点は駆け上がりで、
魚はいると思います。
俺の様子を伺いに来たおっちゃんは、
水くみバッカンに入っている魚を見て、
「へぇー、釣れたんだ。」
と、驚きを隠せない様子で言いました。
おっちゃんは、嫁には凄く優しいのに、
俺にはとても素っ気ない態度です。
俺が男だからでしょうか・・・
俺の釣った魚達は、おっちゃんに言わせると、
“まぐれ”だそうです。
前の50匹近い魚も、“まぐれ”だったようです。

それから間もなく、風が変わり、波も出てきたので、
撤収する事にしました。
おっちゃんも程なく、帰る用意をしました。
嫁はおっちゃんに挨拶をして、帰ろうとした時、
「ちやんと練習しなさい、あんな変な投げ方をするんじゃないよ。」
と、念を押します。
軽く会釈をして、車に逃げるように嫁は乗り込んで来ました。

家路に向う車の中で、
「お前、本当に練習するのかよ?」
と、笑いながら訊くとと、
『えっ、何の事? あのおっちゃんの話?
聞いているだけで、思いっきり疲れたわ。』
と、話すのもおっくうな様子です。
余程疲れたのか、すぐに寝息を立て始めました。
そして、2~3分後に、
オヤジのようなイビキをかき始めました。
この嫁を此処まで疲労困憊にしたおっちゃんって、
<案外、すごーいお人かも?>
と、妙に感心してしまった俺です。

終わり。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
お年寄りが大好き
こんばんは、ボナさん
嫁は俺よりもお年寄りが大好きなんです。 生まれた時から大家族で暮らしていたので、年寄りが居て当たり前だと思っていたそうです。 特にお年寄りの耳掃除が大好きで「見て、こんなに大きなモノがとれたよ。」と喜んでいました。
残念な事に、そういう職業に就ければ良い寮母さんになれると思うのですが、「居て当然の人が突然居なくなるのが嫌なの。」と言い、まったく違う職業に就いています。
俺も釣場に行くと、出来るだけ色んな人の話を訊くようにしています。 下手な本よりは、色んな情報も聞け、行ったことのない釣場情報を教えてもらうのがとても重宝しています。
2009/03/11(Wed) 21:11 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
全国的に禁止
こんばんは、TKDNさん
人の少ない場所ではどんな投げ方でも良いと思うのですが、以前書いたように着地投法もスイング投法も竿とのバランスもあり、糸が切れてオモリが人に当たったりしたら大変です。 菅原会長は、その危険性をもっとも分かってらしゃったから注意したと思いますが、きっと「変なヒゲの親父」だと思われたんでしょうね。 全サーでは、全国的に、釣り場でのスイング投法は禁止されています。
おっちゃんの親切な気持ちはとても有難いのですが、押し売りはお断りしたいと思ったんです(笑) 

2009/03/11(Wed) 20:59 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
珍獣
こんばんは、ドラム缶さん
普段は俺も人見知りなので、あまり話かけられませんが、釣りの場合、情報を聞き出すタメに話し掛けられるから不思議です(笑) 当時、釣りをやっている女の人は珍しかったので、きっとおっちゃんは珍獣を見たような気持ちだったと思いますよ(笑)
2009/03/11(Wed) 20:33 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
弘司さん、奥さん、ご苦労様でした。年寄りはヒト恋しくて誰でも話かけるんですよ、奥さんは何でも受け入れてくれるような包容力というかオーラがあるんでしょう。私は、地元の漁師や釣り人から詳細に情報を聞きだしています。ものの本より、凄い貴重な情報が得られます。私は、どの釣り場にも一人で入りますので孤独な聞き手です。今週の雪の島牧では地元のヒトが来ますかね。
2009/03/11(Wed) 09:19 | URL  | ボナ #-[ 編集]
釈迦に説法
とは、まさにこのことですね。

かなり以前の釣新に菅原さんの面白い記事が載っていました。

磯場でスイング投法をしていた青年に、近くに人もいるので危険だからと注意したら、逆に、スイング投法のメリットなどの説明を受けたそうです。

スイング投法をするほどの人なら、菅原さんの顔ぐらいわかっていそうなものですが・・・。
この青年、後で記事を見て赤面したでしょうね。

2009/03/10(Tue) 22:27 | URL  | TKDN #-[ 編集]
太鼓リールもスピニングと変わらないんですね。
あの持ち方はかなり年配の方がやってたので関係あるかな?と思ったんですが、違うんですね。
私の場合は風体のせいかあまり話し掛けられる事が無く、こちらから地元の方に近づき、話しかけます。
2009/03/10(Tue) 22:04 | URL  | ドラム缶 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック