北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年03月22日 (日) | 編集 |
今日のせたな町の天気 曇りのち雨
午前9~12時までの風速 東南東6~8(m/s)

週末になると、何故か天気が悪いのですが、
久しぶりに東風なので、何とか釣りになると思い、
仕事場に嫁を野放しにし、俺は竿を担いで行ってきました。
ウチを出た時は東風だと思っていたのですが、
少し南風も吹いていたので、外海は風波があり少し時化気味で、
とても磯場から釣りが出来そうにありません。
とりあえず、いつもの釣場、せたな新港を見に行くと砂山が積んであり、
砂積みの台船がいつ入ってきてもおかしくない状態だったので、
強い東風をかわす釣場を数ヶ所ピックアップし、
風波が立たない場所を絞り込み、
仕事を終えた嫁を迎えにいく時間を考えて、
島牧村 茂津多・窓岩に決めました。
この釣場に足を踏み入れるのは3年振りで、
以前はカレイ狙いに行ってましたが、
小型のカレイしか釣れないので、段々足が遠のいてました。
IMGP5949.jpg  瀬棚新港

IMGP5950.jpg 島牧村 茂津多・窓岩

駐車場に車を置き、徒歩で釣場まで約15分。
昔は岩の上をポンポンと飛び跳ねて行けたのですが、
3年振りにゴロタを歩くとしんどくて(大変で)、
「俺ってこんなに体力なかったけ?」
と自信喪失気味になってしまいました。
いつも足場の良いところでしか釣りをしていなかったので、
不安定な大きな石に足がすくわれ、バランスを崩し、
そのバランスを取り戻そうと違う岩に足を乗せると、
その岩がグラグラと動きます。
そんなところを歩くと、
足腰に負担がかかり、背負子の荷物が肩に喰い込みます。

IMGP5951.jpg IMGP5952.jpgIMGP5953.jpg
上から崩れた大きな岩達 淵を歩いて先端を1時間半位
歩くと冷水茂津多の手前まで行けますが、
川口宏探検隊の辛さがあります。
頭上に注意、岩と共に熊も落ちてきます。

昔はこの奥の突き当たりまで歩いて行ったかと思うと、
「懐かしいな、この体力では無理かも?
でも、もう一度行って見たい気がする、
行っちゃおうかな~、でもなー、時化てきたら帰れなくなるよな。」
とまるでブランコのように俺の思考が揺れます。

荷物の多さから考えて今回は断念し、
天気と波と相談しながら、いつか行こうと考え直しました。

IMGP5974.jpg IMGP5954.jpg

釣場について一息してから、竿2本だけ出し、
今年少し工夫した胴突き仕掛けの試作も兼ねて投げてみました。
投げてから10分くらい経った頃、竿先にカレイ特有の当たりがあり、
早巻きで仕掛けを回収すると、マガレイのダブル。
IMGP5980.jpg IMGP5981.jpg
 

この釣場は根モノの夜釣りやホッケの浮き釣りで有名な所ですが、
磯場から張り出した根が拡範囲に広がり、そこを越せば砂地となります。
沖には漁師さんのモノと思われるロープが沈んでおり、
投げる方向によっては、そのロープに仕掛けが引っ掛かります。
今回はそのロープをかわすように投げたのですが、
砂地は他の場所より少し遠くなります。
ここ数年、この釣場に入った仲間が
「数はそこそこ釣れるが、型が小さい。」
と言い、俺もそう思っています。
アベレージは25㎝前後のから揚げサイズが多く、
今回もそんな感じでした。
IMGP5986.jpg

今日のノルマの枚数を釣ったのと、
雨が降り出してきたので、釣場を撤収しました。
正味約1時間半弱の釣りでしたが、
試作の仕掛けの出来も良く、
満足のいく釣果だったと思います。

IMGP5961.jpg IMGP5962.jpg
大三角岩                      穴床前

IMGP5967.jpg 茂津多・窓岩

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
敏さんの分はいつものところにありますよ
こんばんは、敏さん
身体を動かすのはとても良いことなので、釣りをせず、ぜひ、来期のオリンピックを目指して下さい(笑) 俺が敏さんの代わりに、例の場所で奥さんと二人で仲良く釣りをしているので、奥さんが持ち帰る魚を見てくやし泣きして下さい(笑) ひと段落したら、ぜひ、嫁と遊んで下さいね(笑)
2009/03/24(Tue) 00:52 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
アッシーも辛い
こんばんは、ボナさん
釣り会の方々が得意とされている場所ですね。 以前、穴床前に下見をしに行った時、途中でマムシがとぐろを巻いて目と目があったので、引き返してきました。 熊も怖いですが、マムシはもっと怖いです。
もう少し長い時間やっていたかったのですが、嫁が仕事でしたので、俺は送り迎えのアッシーでした(笑) 
2009/03/24(Tue) 00:46 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
乗り越えた先は?
こんばんは、ともさん
一つ難所を乗り越えても、きっと次の難所が待ち構えているでしょうね。 落石のお陰で、簡単に行けた場所が難所になったりして、常に変化しています。
俺も須築側から行ったことがありますが、15分位で諦めました(笑) どこを見ても同じように感じたので、軟弱振りに火がついてしまいあっさりと帰ってきてしまいました(笑) 今、行けと言われると・・・・無理かな、若いから出来たことでしょうね(笑)
2009/03/24(Tue) 00:13 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
シロクマ隊長に続け、遅れるな(笑)
こんばんは、JCAさん
漁師さんの話では、海から海岸を見ると、熊が落ちて死んでいるのを何度も見たことがあるそうです。 崖の上は熊の巣状態なので、不思議な話ではないと思います。 この奥は根モノを狙うには良い場所だと思いますが、シロクマさんに書いたように難所ばかりで、冷や汗と心地よい汗をかくので下着の着替えも数枚必要ですよ(笑) 
2009/03/23(Mon) 23:54 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
せたなの開幕はまだです
こんばんは、Wさん
茂津多・窓岩は、他のところより深くカレイが釣れる場所なんです。 冬でも狙うと数枚は釣れると思いますが、そこまで行くのがとても大変なので、冬は誰も行きません。 残念な事に、大きなカレイは釣れません。

さて、質問ですが、とても面白いので、ネタとして使わせて貰わせて頂きたいと思っています。 ので、回答はその時に!ってことでよろしくお願い致します(笑)
2009/03/23(Mon) 23:41 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
初めまして。
こんばんは、カトラさん
こんな拙いブログへようこそおいで下さいました。 
これからも宜しくお願いいたします。 
せたなには釣り場が沢山あり、これからの時期、旅の釣人が集まってきます。
こちらに来られることがありましたら、暇を見て竿を出してみると面白いと思います。 崎守埠頭も一部、テロ防止の金網が貼りめぐらされてしまいましたね。 時期になると釣人も多く、土日にはなかなか入れないの残念です。
2009/03/23(Mon) 23:31 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
お試しを
こんばんは、シロクマさん
茂津多海岸でカレイを狙える場所はここくらいしかないと思います。 もう一つ、冷水茂津多岬でもカレイを狙えるそうですが、潮の流れが早すぎて釣りにならない、船渡ししていないそうです。
軽装備はもちろんですが、2階建ての家をよじ登って降りる覚悟が必要な大岩、頭上から落石、後ろからキツネが「エサ寄こせ~、お前がエサになる予定か?」とついて来るし、岩と岩の隙間をくぐり、崖の上では熊の鳴き声、コレに耐えられると冷水多海岸岬の側まで行けます(笑) で、その先は断崖絶壁で行けません。 せひ、試して下さい(笑)
2009/03/23(Mon) 23:09 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
舟隠し
こんばんは、ドラム缶さん
この奥は写真のような風景が広がっています。 ガヤが多く、カレイ釣りには不向きな場所に思います。 昔、冷水茂津多岬に船渡ししてくれたのですが、南西沖地震の時にも渡っていて、船頭は津波警報の中、船を走らせ助けたという事があり、それ以来、誰もあそこには渡って(渡らせてくれない)いません。
俺も舟隠しまで歩いてって言いたいですが、知り合いと一緒に車で行ったことがあります(笑)  その内開通したらいつでも行けるので、楽しみにしています。
2009/03/23(Mon) 21:50 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
俺の分は?
弘司さん、奥さんへ
釣行、お疲れさまでした。
ナイスな釣果ですね、俺の分は残っているのでしょうか?
自分も弘司さん方面に釣りに行きたいのですが
函館チームの仲間から練習の誘いがあり
釣りにいかせてもらえません。
体育館で泣いて釣りにいけないで泣いています。
2009/03/23(Mon) 13:08 | URL  | 敏 #mQop/nM.[ 編集]
弘司さん、羨ましいに尽きます。勝手知ったるモッタですからね。昼間のナギなら行けますが、波の音を聞いての夜中には出て行けません。奥様は同伴でなかったんですか。
2009/03/23(Mon) 09:38 | URL  | ボナ #-[ 編集]
ひろしさん。。。 休みになると天気が悪い俺にしてみたら 目に毒です! いや…保養です(^_^;) 俺も昔 窓岩に行き この先はどうなっているんだろうと と思い 茂津多岬に憧れを抱いてました 反対の 須築側から仲間と 茂津多岬 を目指し歩きましたがたった20分で断念! 車の大きさ位 それ以上? とも思える岩に行く手を阻まれました~(^。^;)
2009/03/23(Mon) 04:12 | URL  | とも #-[ 編集]
お疲れ様でした!美味しそうなマガレイ羨ましいですよ~。
なにやら熊まで落ちてくるという危険そうなポイントたち、、、JCAは初めてみる場所ばかりでわくわくします。行ってみたい!という気持ちは高ぶるのですが、みなさんのコメントからもおそらく難所なんですよね。でも行きたい!笑
2009/03/23(Mon) 02:33 | URL  | JCA #-[ 編集]
瀬棚も開幕?
こんばんは、ひろしさん。

瀬棚方面も本格的に開幕したようで、立派なマガレイ良いですね~。
昔はマコガレイ好んで釣ってましたが、最近はスナガレイとマガレイ
の唐揚げにこってまして、そのサイズは羨ましいなあ~。
マガレイを深場から釣り上げてくる時のあの食い込み感がたまりません。

是非、今度おじゃましたいが、そちら方面の釣り場って体に優しく
無いトコ多くてね・・・。

日頃の運動不足の解消と思えば、そういうトコ行くのも良いのか
もしれませんが、頭の片隅で「もっと楽なトコに行きたい!」と叫ぶ自分との
葛藤が大変なんです。

話はちょっと変わりますが、ひろしさんは釣行後の仕掛けの針は
捨てるタイプですか?それとも洗って再使用するタイプですか?
一般的にはどちらのタイプが多数派なんでしょう?
2009/03/22(Sun) 23:27 | URL  | W #-[ 編集]
こんばんは。 初めてコメントさせて頂きます。
短時間での つ抜けお見事です!
私にとって瀬棚、島牧、茂津多、懐かしい地名です。
竿出した事は無いですが、奥尻へ行った時やキャンプで何度も行きました。
昔は崎守でよくカレイ釣りしてました。 久し振りに崎守へ行きたいなぁ~
2009/03/22(Sun) 22:52 | URL  | カトラ #pg5mlrj6[ 編集]
お疲れさまです!
茂津多でカレイ釣り、羨ましいです。しかも素晴らしい釣果!
冷水茂津多岬・・・いつか行ってみたいけど・・・・
空身でもきついんでしょうね~(笑)
2009/03/22(Sun) 22:36 | URL  | シロクマ #-[ 編集]
冷水茂津多…
私が、行ってみたいけど行く気にならない釣り場、ベスト5の一つです。
私の所属する釣会の猛者達は行くのですが、とてもついて行けません。
茂津多、冷水茂津多に並んで行く気にならない場所が尾花岬です。
手前の舟隠しまでは行きましたが、さらに奥の三九郎、尾花岬には体力、気力、時間的に無理ですね。
2009/03/22(Sun) 20:44 | URL  | ドラム缶 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。