北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年04月13日 (月) | 編集 |
全国のがまかつ製品の愛用者で組織されている
GFG(がまかつ・ファン・グループ)釣り大会が12日、
GFGに所属している方、一般参加も含め、
せたな沖防波堤で開催されました。
がまかつは本州ではメジャーなメーカーなのですが、
北海道では知名度はあれども、針以外の製品はマニヤックなところがあり、
好き嫌いの分かれる分野かも知れません。
俺も針は使わせて貰っておりますが、
竿となると欲しいのモノもあるのですが、今一つ手が出ないのが現状です。
この大会に俺は参加していないので、
どんな状況だったのかは良く分かりませんが、
知り合い数人が参加していたので、
携帯電話で何度か状況をお伺いしていました。
IMGP6142.jpg 沖防波堤

この日の風は東風で沖防波堤から外海に投げるのには、
背中越しに吹く風なので楽に投げられていたようです。
ただ、強く風が吹いていたので、
数人が三脚が倒れるなんてこともあったようです。
昨年はあまり釣れなかったのですが、
今年はクロガシラカレイののっ込みに突入していたので、
皆さん、数枚のカレイを手にすることが出来たようです。

今回、この沖防波堤で、
日本海では珍しいタカノハカレイが釣れたそうです。
35cmの天然のタカノハカレイだそうです。
「初め見た時、オショロカレイかと思ったが
腹側を見たらタカノハカレイだった。」
と驚きの表情で教えてくれた函館つるさんの姿がありました。
この場所でタカノハカレイが釣れたことは、
俺の記憶の中にはまったく聞いたことはなく、
以前、この場所でババカレイ(ナメタカレイ)1枚だけあがったことがあり、
ソレ以来の珍事かもしれません。
タカノハ1
写真は加工させて貰いました

タカノハカレイは鰈の王様と言われているカレイなので、
1匹では寂しいからクロガシラカレイの群れの中に混ざって移動していたのか、
それとも君臨していたのかなどと、
俺の乏しい脳ミソで想像をしてみました。
コレばかりは、タカノハカレイに訊くしかないようです。
CIMG1271.jpg あつし君のカレイ

函館からこの大会に参加していた釣り仲間が、
カレイを釣ったので写真を送ってくれました。
CIMG1262.jpg ナベさんのカレイ  
CIMG1268.jpg がまかつテスター函館つるさん

後で聞いたのですが、函館つるさんが持っているこのカレイなのですが、
「ある人さー、竿を降った途端、あっ、抜けた~なんて言ってたんだけど、
ソレがさー、俺の真っ正面に落ちたんだ。 
俺が釣っていたから、絶対ワザだと思うんだ。
本当なら俺が釣るべきカレイを、ある人が釣っちゃったんだよね。」
と笑いながらボヤいていたあつし君。
『コレも運命だと諦めない!』
と普段の嫁ならこう言うのですが、
『やっぱりね! あの人ならやりかねないわよ。』
と腹の肉を揺らしながら函館つるさんの顔を覗きこんでいましたが、
なぜか周りも納得していました。
そして俺、嫁の前では絶対に自分の真っ正面しか投げないことを
硬く心に決めました。
そうしないと、
『あたしの今晩のオカズ捕ったでしょう。』
とイチャモンを付けられる事は目にみえていますから~。

来週も休みだったら、今度はマガレイ狙いで、
イソメと竿を持ってプラリと出掛けてきたいと思っていますが、
どこに行くかはまだ未定です。
大きなカレイが沢山釣れる場所で、
どこかいい所ないかな?などと思っているのですが、
そんな場所はきっと満員御礼なんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
こんばんは、KEEP BLUEさん
ようこそこんな拙いブログへおいで下さいました。
これからも宜しくお願い致します。
ブログ拝見させて貰いました、お子さん、かわいいですね。 
ウチも二人とも女の子なので、昔の事を思い出して見ていました。
また、遊ぶに来て下さいね。
2009/04/18(Sat) 22:48 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
お邪魔しました。
こんにちは。
今日は天気が悪いので、海には行かず家で仕事してました。
1才の娘とブログ覗かしていただきました(^^)
これから海に向かいます(^_^)/
また、ゆっくり寄らせていただきます。
それでは。失礼します。
2009/04/18(Sat) 00:50 | URL  | ★KEEP BLUE★ #-[ 編集]
有難うございます
こんばんは、釣りキチペーペーさん
記事の紹介、リンクありがとうございます。 
後でこちらも貼らせて貰いますね。
俺、あのオモリは磯場はもちろんですが、漁港などの近間のピンポイント狙いの時にも使っています。 案外使い道があり、値段も安いので失くしてもそんなに痛手にならないのが嬉しいです(笑)

 
2009/04/14(Tue) 23:47 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
本当にたまたまですか(爆)
こんはんは、函館つるさん
抜けても引っ掛けても、どっちにしてもお隣さんやそのまた隣の真っ正面に落ちてしまいますので、あつし君の言っていることが正論?って事ですよね(笑)
という事は、アレはあつし君のカレイ?って事になりますので返してあげて下さい(爆)
俺も写真を見るまで半信半疑でしたが、以前のババカレイ、今回のタカノハカレイといい、あの沖防波堤は不思議なところですね。


2009/04/14(Tue) 23:18 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
河口のアカハラ
こんばんは、ボナさん
タカノハカレイは鹿部から太平洋側に放流され、昨年、落部漁港付近で30㎝くらいのが沢山釣れていました。 その一部が海流に乗ってやってきたのかも知れませんね。 そう思うと、海の中の神秘さを感じます。
今はクロガシラカレイ、その次はマガレイの時期に入り、根魚に突入しますので、楽しみが増えてきました。 漁港の中のアカハラはまだ小さいので、やはり最内や太櫓河口のアカハラは大きいようです。
2009/04/14(Tue) 22:58 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
こんにちは♪
遅くなりましたが、勝手ながらリンクを貼らさせて頂きました。
それと、先日紹介されていました、砂オモリを本日購入してきました♪
(ブログも紹介させて頂きました)
今後とも、宜しくお願い致します。
2009/04/14(Tue) 18:06 | URL  | 釣りキチペーペー #-[ 編集]
抜けた???
んじゃなくて、引っかけたんです!
決して隣りばかり釣れていたから狙った訳ではありません!(笑)
たまたまです・・・たまたま・・・(爆)

しかし、タカノハにはびっくりでした。とても奇麗な個体でした。
2009/04/14(Tue) 15:48 | URL  | 函館つる #-[ 編集]
タカノハ、積丹でも釣れたという話は聞いていましたが、写真ではっきり確認しました。津軽海峡からきたんですかね。鹿部で放流していたと聞いてますから。それにしても、瀬棚はカレイ場が沢山あって羨ましい。大会では、アカハラ狙いで入りますから辛いところです。
2009/04/14(Tue) 15:15 | URL  | ボナ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。