北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年04月15日 (水) | 編集 |
年に数回、磯場や沖防波堤に船渡しして貰い、
そこで仲間と楽しい一時を過ごしてきます。
今までは、陸上からしか釣りをしていませんでした。
行ってみたい場所があっても、船渡しの船頭を知らないので、
何とか調べて電話をかけても断られる事ばかりが多く、
いつも指を咥えて見ているだけでした。
その後、他の釣りクラブの方々と知り合ったのをキッカケに、
「◎日、あそこに渡るけど行くかい?」
という言葉に、犬のようにシッポを振り、
金魚のフン状態で連れていってもらうようになったのです。

以前、俺は地元の知り合いの船頭に、
「あの場所に渡りたいんだけど?」
とお伺いすると、
「ダメ、あそこは○○が渡している場所だから、わしはイケナイ。
それに潮の流れが複雑だから、この船では無理だ。」
と断られた事がありました。
どうしてもその場所に渡りたかったので、○○さんに電話を入れると、
「あんた、うちの客じゃないね、初めての人だろ? 
無茶されても困るからダメだ。」
「絶対に無茶なんてしませんから。」
とお願いしても、色よい返事は頂けませんでした。
知り合いの船頭の話では、
船頭同士の相性もあるそうです。

大きな漁港の沖防波堤とかでは突然の時化や高波など受けた場合、
逃げる場所は沢山あり、迎えに行く船もすぐに対応出来るのですが、
磯渡しの場合は、すぐに対応出来ないことが多いそうです。
特に気を遣うのは、夜釣りなどで渡す磯場、
船頭も安心して寝られない、時には夜通し寝ないで待機している。
安心して寝るためには、
客を選び、コイツがいるから大丈夫だという信頼関係、
もしくは仕事を断るか。
一番イヤな事は、渡せるかどうか思案する海の状況下で、
少し様子を見てから決めると言うと、集まった客が、
「冗談じゃない! 何時間かけてここまで来ていると思っている。
時化てても絶対に渡して貰う。」
「事故が起きてからでは遅いから無理だ。」
「ここまでかかったガソリン代返せ。」
という信じられない展開になること。 
渡した磯場や船釣りで、自分が思ったような釣果が出ない場合、
「この間、△▽はコレだけ釣れたと言っていたのに、
今日はコンだけしか釣れなかった。 
釣れるって言うから来たのに、話が違うじゃないか?」
と文句を垂れる客。
渡したまではいいが、ゴミを持ち帰らず、
その釣場を散らかして行く客。

自然相手の釣りなので、文句を言っても仕方がない話なのですが、
「昔は文句をいう客はあまりいなかったが、
ここ十年くらい前から、こういう客が多くなった。」
それから客を選ぶ船頭も多くなったと言います。
なので、せたな漁港みたく誰でも沖防波堤に渡してくれる船頭もいれば、
客を選ぶ船頭もいるって事です。
船頭と信頼関係を結んでいる方々について行くのが、
船渡しの一番の早道だと痛感しています。
それ以来、俺は、自分から船頭に連絡をすることが無くなりました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
リサイクル
こんばんは、投げ釣り一筋さん
俺ももっぱら陸から釣りをしますが、年に数回ですが船渡しに同行させて貰っています。 俺が釣れってって貰う磯場にはあまり人が渡っていない為、ゴミは落ちていませんが、人が簡単には入れる釣場には「どこからこんなに出たんだ?」と思うことがあります。 特にホッケの浮き釣り場がひどいですね。
俺も仕掛けや糸を拾って帰ってきます。 一度、海どりの足に糸が絡んでいるのを見た時、すぐに糸を切って放したのですが、その時以来なるべく人の残していった糸や仕掛けは拾って処分するように心がけています。 時々、人の仕掛けを参考にさせて貰う事や、使える部品は再利用させてもらっています(笑)
2009/04/17(Fri) 00:46 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
金魚のフン
こんばんは、函館つるさん
いつもありがとうございます。 俺はあつし君や函館つるさんの後を金魚のフンのようについて行くだけだったので、そんなに長い年月を掛けて築いてきたものだとは知りませんでした。 考え深く読ませて貰いました。
俺は、まだ見ぬ釣場に連れってってもらえるだけでも有難いと思っているし、一緒に連れてってくれた相手の顔に泥を塗る事だけはしたくないと思っております。 そんな根性もないので出来ないかも知れませんが(笑)
という訳で、またどこかに行く時は、金魚のフンのようについて行きますので誘って下さいね。 もれなく、嫁もついてくるかも知れませんが、宜しくお願い致しますm(_ _)m

そうそう、カレイの船釣りの話もいつの間にか書いてしまったようで混乱させてしまいスミマセン。  俺が好意にさせて貰っている八雲の漁師さんが「先週まで釣れていたのに、なんで今週は釣れない。ワザと釣れないところに連れていっただろう。」と言われたことがあったそうです。
自然あいてなんですが・・・どうしてなんでしょうね?(笑)

PS・あつし君、また、誘って下さいねm(_ _)m
2009/04/17(Fri) 00:19 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
もしかして、初めまして?
こんばんは、すけぞうさん
俺の犬並の記憶が正しければ・・・・初めまして、すけぞうさん。(間違っていたらゴメンナサイ!) ようこそこんな拙いブログへおいで下さいました。
コレからもどうぞ宜しくお願い致します。
釣人はわがままな人間が多いそうなので、誰かにそのはけ口を持っていったのではないでしょうか。 そのはけ口にされた人は溜まったもんじゃないですね(笑) 釣りはオウンリスクだと思っていますので、自分の身は自分で守るモノだとも思っています。 それが出来たら、事故なんて起こらないのかも知れませんね。 これからもちょくちょく遊びに来て下さいね。
2009/04/16(Thu) 23:46 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
釣りはオウンリスク
こんばんは、ノリゾー3840さん
俺も船釣り、投げ釣りの両方しますが、船の場合、周りに人がいる・何かあったらすぐに気づいてくれる・ライフジャケット着用などの安心感があると思います。
投げ釣りの場合は一人単独や仲間と釣りに行っても少し離れた場所に釣座を構えるなどがあり、気が付いた時には居なかったなんて事があるようです。
釣りはオウンリスク(自らが負うべき危険=自己責任)なので、自分の身は自分で守るしかないと思っています。
久遠漁港の事故、何となく記憶の隅にあります。 ご冥福をお祈り致します。
合掌!
2009/04/16(Thu) 23:19 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
カレイの名前複雑
こんばんは、釣好人見さん
失礼いたしました。 北海道ではタカノハカレイと言った方が通りが良いので、そのように書いてしまいました。 マツカワカレイに間違いありません。
以前、ブログにも書きましたが、北海道ではマツカワカレイの放流事業が行われ、この魚は成長が早いのが特徴です。 マツカワカレイは函館~襟裳までの間で放されており、日本海では放流されておらず天然モノで珍しかったので紹介したのです。 俺もまだ釣った事がないので、ぜひ釣ってみたい魚です。
今週末の大会、良い報告を待っていますね。 大きな魚釣ったら、ぜひ、ブログで紹介させて下さいね。
2009/04/16(Thu) 22:49 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
私は船釣りも、船渡しの沖提釣りもやったことがありませんが
船頭の気持ちもわかります。お客の安全が最優先ですからね。

ゴミに関しては、まだまだどこの釣り場に行っても酷いですね!
仕掛けなんか、まだ使えるのに捨てていく人も多いです!

自分は仕掛けとかは、ありがたく拾ってきます^^。

もったいないです。
2009/04/16(Thu) 14:48 | URL  | 投げ釣り一筋 #-[ 編集]
渡船と船釣り?
私は船釣りもするし、投げの渡船は特に多いですね。
とにかく陸廻りの人ごみの中での釣りは疲れますので・・・

今迄に何回あったろう?
「出れるかも知れないから取り敢えず来い!」とのお言葉・・・
せたな町大成区太田なんて3時間も掛かるのに・・・
まっそれでも行くんだけど、実際出船出来ない事も多々あったし、
渡ったからといって絶対釣れるなんて保証もありません。
だからといって、船頭さんに直接文句言った事は一度もありません。
そのせいか、めげずに毎年足繁く通ったおかげで船頭さんから信頼され、
出船出来る時は色んな面で多少の融通も効く様になりました。

そして新しく紹介して貰った所は紹介してくれた方としか行きませんし、
最悪、別で行く時は紹介して貰った方にお伺いを立ててから行きます。
私も紹介する時は出来るだけ同行する様に心がけていますし、
実際、同行出来ず紹介してその後トラブルがあって嫌な思いをした事もあります。

今では私が責任持てる方しか紹介しないし、
結局はいつもの信頼の於ける仲間としか行かない事が多いです。
船頭さんも仲間も信頼関係が一番大事だと思ってます。
それが、事故を無くす一番大切な事だと思ってますので・・・

なんか長々とカキコしまして申し訳ありません。m(_ _)m

だから、ひろしさんどっか釣れる所紹介してね!(爆)
2009/04/16(Thu) 11:27 | URL  | 函館つる #-[ 編集]
何か深い~文章ですね。
お互いの言い分はわかるけどやっぱり命は大事ですね。

楽しむための釣り。

船頭からみれば安全第一の釣り。

どちらが大事かだれでもすぐにわかるはず。

一言言う前によ~く考えるなければならないのは釣り人の方ですよね。
2009/04/15(Wed) 23:23 | URL  | すけぞう #-[ 編集]
船それとも投げ?
 こんばんは。 自分は、船釣り、投げ釣りどっちもやりますが、ニュース等を見ますと、投げ釣り、磯釣りの方が船釣りより命を落とされる人が多いです。 あまりにも無茶をし過ぎるからです。 昔、とっても悲しいことでしたが、久遠漁港右の本陣で自分が所属するクラブの人が亡くなりました。  その後、テトラには乗らない、腰まで水に入らない、膝まで潮が被ったら撤退。それを心がけて楽しんでいます。 命あっての・・・ですから。 船頭の気持ち分かります。
2009/04/15(Wed) 22:45 | URL  | ノリゾー3840 #-[ 編集]
タカノハカレイ
先日のブログの、タカノハカレイを見た事も聞いたことも無かったので、古~い本を引っ張りだして、調べてみたら、本州ではマツカワカレイ、と呼ばれていることが判りました。西日本では釣れない、北方系とあり80センチくらいになる、と書いてました。クロガシラカレイは、我がクラブの若手のホープが、去年、礼文で釣って、兵庫協会記録になっています。私もタカノハカレイ、80センチ級、釣ってみたいです。夜間工事も今日でやっと終了。今度の日曜は兵庫協会の春季大会です。狙いはノッコミの黒鯛か、花見カレイなんだけど・・・
2009/04/15(Wed) 22:09 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。