北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年04月30日 (木) | 編集 |
今はもうありませんが、数年前まで、
報知新聞主催の報知杯という大会がありました。
対象魚は20cm以上のカレイのみで、
大きさの部と数の部がありました。
会場は上ノ国町・道の駅「文殊」で、
釣場の範囲は大成~松前と決まっておりました。
持ち物検査も厳しく、各車の竿の数とクーラーボックスの
中身を確かめ、確認のスッテッカーを貰い、
時間になったら一斉スタートで
会場から各自の目的の釣場へと
車が飛び出して行きます。
その姿はさながらモナコの町中を走るGP(グランプリ)
のようです。

俺は前の年同様、
松前町の大鴨津川河口と決めておりました。
会場から釣場まで、車で一時間かかりましたが、
もう数台の車があり、車を駐車場に置いて、
釣場まで歩いて行くともう、数人の釣り人がおりました。
<皆さん、早いですねー>
と思わず感心してしまいました。

大鴨津川河口左岸に釣座を構えると、
次から次へと人がやって来ます。
でも、安心です。
ここの釣場は大きな湾になっていて、
数十人の釣り人が入っても、楽に釣りが出来ます。
そんななか、嫁の右横に入る人達がいました。
そこは、河口ギリギリで川の流れに影響される所で、
俺が釣座を諦めた場所でした。
その人達の顔をよ~く見ると、他のクラブの顔見知りでした。

その仲間に入れて貰い、色んな話をしている時、
嫁の竿に反応があり、早速あげると、
中型のカワカレイがついていました。
この時、俺も嫁もカワガレイを手に取って見たのが
初めてでした。
感激している嫁ですが、俺の心情は複雑で、
俺が諦めた釣座に入っている人達は、
次々とカレイやホッケを釣り上げていたのです。
<あ~あ~、また、やっちゃたなぁー>
と、後悔しました。
それでも、俺も嫁もポツラポツラと釣れていたので、
少しは救われました。

つづく

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
江良市街地外れ
こんばんは、ボナさん
江良漁港の左側(松前側)にある川です。 根モノ狙いなら江良漁港の根基の磯が有名ですが、俺が入った場所は川を挟んだ左側(松前側)の湾胴です。
2009/05/01(Fri) 20:54 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
弘司さん、この川は、清部の右の川ですか。川口まで行ってませんが、カレイが釣れるんですね。
2009/04/30(Thu) 22:28 | URL  | ボナ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。