北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年05月21日 (木) | 編集 |
俺のコメンターWさんから面白い質問があったので、
思わずネタにしてしまいました。

>先週マガレイ釣りに行って思ったんですが、
なんでマガレイって、 くるくる回りながら上がってくるんですかね?
クロガシラなんかは ならないのに。
おかげで仕掛けがよれよれになります。
ダブルで上がったらもう大変なことになってます。
対策用にスイベルだらけの特製仕掛け使ってますが
それでもなります。
K氏に云うと「オレ、そんなことなったこと無い」
と、いわれました。
でも同じような仕掛け使ってるんですけど、何が 違うんだろ?
巻き方悪い?
ひろしさんなります?
~コメントから一部引用させて貰いました~

マガレイがクルクル回りながら上がってくる理由は、
正確な事はよく分かりません。
そこで、俺の犬並の脳ミソの乏しい知識では限界があるので、
色んな人に訊いてまわり、その中でコレではないか?
という意見を参考にさせて貰いました。
(協力してくれた方々、ありがとうございます。)

カレイの平均サイズ25cm~27cm前後くらいが多く、
他のカレイに比べると、魚の形はひし形に近く、
どちらかと言えば小さくて軽いです。
ソレを海底から海面に引き揚げてくるので、
マガレイは身体をくの字に曲げて力を入れて抵抗してくるようで、
海水の抵抗が更なる相乗を呼び、回ってあがってくると言います。
丁度、ブレードのようなモノにちかいと考えた方がいいかも知れません。

コメントに出てきたK氏なのですが、
5月7日にせたな町大成区の釣ノ澗で、
マガレイ34㎝頭に111枚を釣っています。
この場所は沖は砂地ですが、途中に隠れ根(高根)があるので、
ソレを避けるタメ、
魚が掛かると高速リトリーブしなければイケない釣場です。
K氏がどんな仕掛けを使っているのか分からなかったので、
本人に直接聞いてみました。
仕掛けはシンプルな胴突き仕掛け、
幹糸はナイロン10号、ハリスはアクアキング4号、
針はがまかつのトーナメントカレイA1の12号。
ハリスのアクアキングを使うワケは、
ヨレが少なくヨレても復元しやすいそうです。
その仕掛けの事を詳しく聞きましたが、
(本人に意向もあり詳しくは書けません)
本当にシンプルで一切不要な飾り的なモノは排除していました。
Wさんの仕掛けをお伺いすると、
同じ胴突き仕掛けで、ハリスの号数が違っていました。
Wさんはハリスはアクアキング3号を使ってました。
俺も以前は3号を使ってましたが、
折れ目が出来やすかったので、4号にした経緯があります。
今、函館周辺の仕掛け事情は、シンプル is ベストです。
昔はこのビーズは魚に効くなんて聞くと、
すぐに飛びついて使ったモノですが、
俺もどちらかと言えば、
今はシンプルな仕掛けが多いかと思われます。

質問の中に「仕掛けがよれよれ」になると書かれた部分がありますが、
俺の仕掛けのハリスの部分は多少のヨレはありますが、
そんなに気にする程ヨレたことはありません。
K氏は竿4本出し、4個のオリジナル仕掛けを取りかえることなく、
最後まで使ったそうで、一度もヨレなかったと言います。
カレイ用に使っている仕掛けでは
使うスイベルの数は3つだけだそうです。
因みに俺は4つ使っています。
IMGP6489.jpg IMGP6491.jpg
IMGP6496.jpg 俺の仕掛け

K氏は、
「がまかつのトーナメントカレイA1の12号はお勧め!
同じメーカーの合わせ・くわせ針も使ったが、アレは伸びやすいと思う。
今回、100枚以上釣ったが、
針から抜け落ちたカレイは1枚アルかナイかだったんだ。
それに数を釣っても針先はボッコにならなかった。」
とも教えてくれました。
それと、マガレイの浮かせ方にもコツがあるようで、
竿の扱い方もあると言います。
コレに関しては、俺も色々と聞いたのですが、
犬並の脳ミソでは簡単に理解出来ず、
口頭では説明できそうにないので、
釣っている本人の側で見て技を盗むしかないようです。

IMGP6501.jpg がまかつ/トーナメントカレイA1の12号

因みに、この間のデカマガレイを釣った時は、
違うメーカーの針を使ってました。

K氏と俺との決定的な違いは、
俺は釣れなければ近くの人の所に偵察に伺うのですが、
彼は自分の竿から離れることなく、
どんなに小さな当たりでも見逃さないそうです。
釣りに対する姿勢が違うということがよ~く分かりました。
あっ、だから俺、釣れないんですね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界


スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんは、カッチさん
人それぞれのスタイルがあるので、俺もあっちこっち見て歩くのが好きなので、
そう簡単には治りそうにありません(笑) 根モノの場合は、その行動は根掛かりへの道に繋がるので、時と場所によって使い分けた方がいいようです(笑)
2009/05/22(Fri) 22:19 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
カッチも釣れない時は、隣の釣り人の所に行ったり来たりです ^^;
でも、自分の釣り場に戻って糸ふけあったりした時は
アタリを見てないので、結構ドキドキしてそれもまたいいですよね ^^v
・・・・・カッチだけでしょうね!(爆)
2009/05/21(Thu) 23:20 | URL  | カッチ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。