FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年06月19日 (金) | 編集 |
何度もここを訪れているN氏の後をついて来たので、
所用時間は1時間半で済みましたが、
初めての人なら、もう30分は余計に掛かったと思われます。
ここの場所まで平坦な道だったら、もっと早く着いただろうし、
きっと大勢の人達で一杯になっただろうと予想されます。
ところが、そんな簡単な道程ではないのですが、
それでもところどころの場所で、
釣り人達が残していったゴミがありました。
「ゴミの始末ぐらいしてけよ、だらしない。」
という文句が自然と口をつく程、結構なゴミが散乱しています。
最終地点の冷水茂津多岬の根元でN氏が、
「前回はなかったゴミがある、他の釣り人が入ったんだな。
ゴミくらい持って帰れよ。」
と同じように文句を言いながら、そのゴミを拾っていました。
結局、釣人の問題は、
マナーの問題に行きつくかも知れません。

一息ついた時、
身体中が汗びっしょりになっているのに気が付き、
二人で釣り場を綺麗にして竿をセットし、竿に当たりがくるまでの間、
俺は汗だくになった服を着替えていました。
嫁が、
『持ってきなさーい。 デブなんだから、汗かくんだから、持ってきなさーい。』
と替えを持たされたのですが、
<さすが、肥満同志よくわかっている。>
この時ばかりは、嫁に感謝しました。

冷水茂津多岬は目と鼻の先にあるのですが、
立ちはだかる垂直な壁には、手や足を掛ける場所さえないので、
どう踏ん張っても登れそうにありません。
<あの岬の先端から竿を振ったら どんな獲物に出会えるだろう?>
なんて考えると、こんな時、
ドラえもんの「どこでもドア」さえあれば・・・いや、「タケコプター」だ!
それさえあれば、こんな壁なんてあっという間に制覇できるのに。
その壁を見上げるたびに、悔しさが込み上げてしまいます。

さて、肝心の釣果ですが、
小型のガヤのオンパレードで、ときどき、
良型のシマゾイやクロゾイやハチガラに巡り会え、
ここまで来たかいだあったと思う瞬間でした。
帰りの荷物を考えると、小型のガヤ達は、
速やかに海に帰って頂きました。
知り合いの漁師さんから、
「昔はどこの岩場でも、ガヤはいた。
とにかく「ガヤが、ガヤガヤいる」といわれるくらい釣れた。」
と言い、 そして、
「近年は、海水の綺麗なところでしか釣れなくなった。
それだけ、海水が汚れてきているということだろう。」
と、切ない顔で話されていた事も思い出したのです。
※ ガヤ = エゾメバル
以前、この辺の釣場状況をお伺いした時、
「気をつけろよ。 間違って落ちたら、
潮の流れが速いからアッと言う間に沖に引っ張られ、
どこに流されるか分からんからな!」
と注意を受けたのです。
朝日が昇ると、
さっきまでいた魚達がウソのように姿を消してしまいました。
諦めが肝心です。
ここらが潮時だと思い、俺とN氏、
どちらともなく帰り仕度をし始めました。

毎回の事ですが、N氏との釣行は、
朝になるとビックリする事ばかりです。
帰りの道中も、コロコロと岩が高い壁から落ちてくるやら、
足元の岩は不安定で乗るとグラつくものばかりだし、
平屋建ての家くらいだと思っていた大岩は、
近くに寄ると2階建てのビルくらいあったりもします。
子供の頃、釘付けになって見たTV番組の
「川口宏隊長の探検」より、
もっとアンビリーバボウな状況―――に感じられました。
でも、それは楽しみの一つでもありました。
子供の頃を思い出しワクワクするのですが、
一つ違う事は、体力低下と筋肉痛になる事。
「ワクワク」が「ガタガタ」に変わる時、
それは儚くも、少年時代に別れを告げる瞬間でもあるようです。
もうとっくに、お別れはしてたんですけどね。

おわり。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
高校
こんばんは、 釣好人見さん
平成の大合併によりせたな町には3つの高校が出来ました。 一つは道で運営している北海道立桧山北高校、後二つはせたな町で運営されているせたな町瀬棚商業高校、せたな町大成高校ですが、残念な事にせたな町大成高校は閉校されました。 きっと釣好人見さんが見たのはせたな商業高校だと思いますよ。
全キスの釣果、楽しみに待っていますね!
2009/06/20(Sat) 21:25 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
チャンスがあれば・・・
こんばんは、ボナさん
>男は、時々野性に戻らないとならないようですね
人生の先輩のお言葉、心に沁み入ります。
チャンスがあればもう一度チャレンジしたいのですが、一人で行くのには勇気も気力も有りません。 仲間がいたからこそ、行けたのかも知れませんね。
2009/06/20(Sat) 21:07 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
全キス
今夜は全キスです。エサは、マムシとチロリ。ウチのクラブの若手は、タイミングが合えばコブ鯛を狙う、と言ってるので、私も相乗り。アケミ貝も購入していく予定です。そうそう、今日、車で弁当を食べながら、TVを観ていると、夏の全国高校野球の地方予選の結果を放送していて、「せたな町」とアナウンスが聞こえました。思わず、んん?!せたな?と反応してしまいました。明日お結果をお楽しみに~
2009/06/20(Sat) 20:15 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
もう二度と来たくないという気持ちと、もう一度来たならこうしようという気持が葛藤するような場所で、行ける体力が羨ましいです。昔、雄冬のトンネルの海側を、月夜の夜に歩いて歩いて、ガヤばかり釣ったのを思い出していました。男は、時々野性に戻らないとならないようですね。
2009/06/19(Fri) 23:21 | URL  | ボナ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック