北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年08月07日 (金) | 編集 |
嫁の実家は後志利別川の近辺にあり、
実家の名が付いた瀬があります。
そこは、アユ釣りにとってはとても良い瀬でもあるそうです。
俺自身、アユだけを狙って釣ったことは有りませんが、
お盆の前後、川にいくと見かけます。
嫁は子供の頃から川釣りをしていたので、
畑からミミズを掘り起こし、それでアユを釣っていたそうです。
俺もどちらかと言えば、それに近いモノがあり、
ヤマベを狙いに行ってアユが掛るという具合です。
嫁の叔父はそんな恵まれた地域の側で育ったので、
いつの間にかアユ釣りをするようになったそうです。
その叔父と一杯飲むことがあり、色々と教えて貰ったのですが、
アユの生態を知っている方は御存じだと思いますが、
俺には初めて聞いた事が沢山あり、
ヘェーとかホォーとしか言葉が出ませんでした。

アユの友釣りという釣り方があり、
おとりアユを使って、縄張りに侵入させ針かがりさせる方法ですが、
そのおとりアユを生かしておく方法を教えてくれました。

叔父は釣ってきたアユを水槽に入れ飼っていたそうですが、
数日になると死んでしまったそうです。
アユはコケが主食だということはあまりにも有名ですが、
コケの生えている石を拾ってきてみたものの、
酸素だけを送っただけではアユはあまり食べなかったそうです。
そんな事を何度か繰り返していたある日、
釣りに行こうとしたら雨で川の水が増水していたので、
外にある冷たい井戸水が流れ込んでいる澄み切った池に
一時、おとりアユを放したそうです。
その池には金魚とイワナとヤマベが飼われており、
似たような魚体の魚だけがいたので、、
共食いもせず、仲良く飼われていたそうです。
叔父はイワナとヤマベには鯉のエサを与え、
金魚には乾燥糸ミミズを与えていたそうです。
ある日の朝、金魚に乾燥糸ミミズを与えると、
いつの間にかアユもソレを食べていたそうです。
それどころか、
イワナ・ヤマベ用に鯉のエサまで一緒になって食べていたそうです。
それを見た叔父は、
「これだ!」
と確信し、それから何度か実験のタメ、
アユを釣ってきては池に放し、エサを与えてみました。
そこで、
「もし、アユだけだったらどうか?」
と思って、小さな池に放しエサを与えたのですが、
結局は食べずに、いつの間にか死んでしまったそうです。
アユは、他の魚が食べるのを見て、
「コレは食いモンなんだ。」
と学習したようで、いつの間にか一緒になって食べるようになり、
おとりアユは長生きするようになったそうです。

叔父は、
「エサを食べるアユを見ていたら、なんだかかわいくなってな、
ついつい、おとりアユとして使うのをためらってしまったんだ。」
とも言ってました。
なんとなく、その気持ちは、俺にも分かる気がしました。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
エサ
おはようございます、ボナさん
昔、嫁の実家ではニジマス・イワナ・ヤマベの養殖を個人の趣味でやられていたそうです。 その時、今は亡き祖父が面白い実験をしていたそうです。
仲間同士で共食いをするのなら、海魚のアラ(内臓以外)をぶっつ切りにし与えたら、凄い勢いで食べたそうです。 そこで、沢山ある池の内、ニジマスを数個に分け、エサの種類で魚は獰猛になるのか?なんてやっていたそうです。
やはり、自然界に近いエサ(虫など)を与えられた魚が一番キカナク、貪欲だったそうです。
2009/08/11(Tue) 07:17 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
遅くなりすみません
こんばんは、電車キャスターさん
また豪雨に襲われているようですが、大丈夫でしょうか?
勉強になります。 簡単に養殖と言っても試行錯誤し、日々進歩しているようですね。
北海道ではアユの養殖は本州程盛んではありません。
近年、アユ釣りもだいぶすたれてきていますと言いますか、アユを狙う人が高齢にあり離れていくようです。 きっと嫁の叔父がアユ釣りをしていた時代が一番盛んだったのかもしれません。 嫁の実家の話では、地元3割、旅の釣人が7割を占めているそうです。 そして、放流アユが多くなり、天然アユが少なくなっているようです。
2009/08/11(Tue) 01:55 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
弘司さん、残暑お見舞い申し上げます。鯉もフナも食べ方が下手な魚で専ら吸うのが上手いので、食性の話は非常に淡水の釣りのヒントになりました。食べ物だということを慣れさせる、のが淡水の魚には必要だと思います。バラトでもウグイやワカサギも集まってこないと大物が釣れません。
2009/08/08(Sat) 13:46 | URL  | ボナ #-[ 編集]
アユは雑食
ひろしさん。
お久し振りです。
四国は、豪雨と猛暑で、私の釣りはシーズンオフとなっています。

養殖魚用の配合飼料のベースは、「魚粉」です。
ニジマス用とか、アユ用とか事業用エサとして販売されていますが、「魚粉+他のもの」をそれぞれのサカナの特性に応じて、混ぜています。
だから、本来コケを食べるアユも、動物性たんぱく質を食べます。
雑食性ですね。
ただ、配合飼料で養殖されたアユは、天然アユの、いわゆる「キュウリの香り」がしません。
そこで、近年では、「ある植物の乾燥粉末(企業秘密)」を配合した飼料を養殖アユに与えて、天然アユの味をつくろうとしています。

アユが他のサカナの食性を学習して、エサを食べるというのは面白いですね。
アユの養殖では、「配合飼料を、上流の流れ込みから少しずつ与えて、配合飼料に慣れさせる。」という手順が行われています。
やっぱり、普通にやったのでは食べないのでしょうね。

また、アユの養殖イケスの中に、うどん、パン、ミミズなどを投げ込むと、ほとんどのアユは反応を示しませんが、中には興味を示すアユがいます。
アユの世界の中にも、変わり者がいるのでしょうね。
2009/08/08(Sat) 12:27 | URL  | 電車キャスター #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。