FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2007年05月10日 (木) | 編集 |
今日、嫁が冷凍庫掃除をしました。
なぜ、こんなモノが我が家の冷凍庫の中にあったのでしょう?
すごく、すごーく、不思議です。
何故か、“漁師さんの大切な資金源のひとつ”に上げられている
モノに似ています。
俺には、このブツに関して記憶がありません。
一時的に、健忘症になったようです。(爆)
昨年、夏の終わりに海に大切な落とし物を拾いに 
潜った事がありますが、決っして、取ってきたとか
岩から剥がしてきたとかではないです。
その時に拾ってきたモンに似ていますが、
きっと、他人の空似ってヤツですかね。(笑)
イヤ、これは嫁が知り合いの漁師さんから分けて貰ったモノだと
信じております。アーメン。。。。
IMGP1737.jpg IMGP1739.jpg
漁師さんから分けて貰ったモノ? この間釣ったホッケ

さて、この話は嫁の実体験です。
数年前のもみじの葉が色づきはじめた季節。 
地元の穴場での、サケ釣りでの出来事です。
ある土曜日の夕方、サケの岸よりを目掛けて、
颯爽と竿を片手に持ち、
岩の上で海へ浮きルアーを投げておりました。
この場には、嫁一人しかいなかったそうです。

少し経って、一台の白い乗用車が止まり、
運転席にはおっちゃんが、そして中から
若いにーちゃんが2人降りて岩場も方へ歩いて行きました。
おっちゃんの運転する車はすぐに立ち去りました。
若いにーちゃんの手には、
足ひれとシュノーケルが入っているのが判る袋と、
もう片方には怪しい先の尖がったモノが見えました。
嫁はそんな事より、サケのほうが大切だったので、
さっき見た事は忘れようと思っていたそうです。
そうこうしている内、怪しい視線を感じ振り返ると、
いつの間にか、さっき走り去ったはずの
おっちゃんが上から嫁を眺めていたそうです。

嫁が場所移動しようと考え、左側岩場に移ろうとすると、
上からおっちゃんの咳払いが聞こえてきたそうだ。
不思議に思って、右移動すると、
おっちゃんには何の反応も示しません。
左側の岩場でサケのライズを見た嫁は、そちら側に移動すると
また、おっちゃんが咳払いします。
何度か同じような事があったので、
サケが釣れてなかったら、
さっさとこの場から逃げ去りたかったそうです。

咳払いのおっちゃんの横を通った時、
腕には綺麗な絵が彫られていたそうです。
その絵は、キティーちゃんとかドラえもんなどでなく、
おっちゃんの姿形に似つかわしくないような
鮮やかな桜の花の絵だったそうです。

嫁は見て見ぬ振りをしょうかと思ったそうだが、
サケ釣りを中断させられた怨みで、いいえ、正義感?で、
帰路の途中にある交番に寄ろうと考えたそうです。
ですが、その交番はありません。どこを捜してもありません。
南西沖地震で大破壊されたので、撤退したのです。
すっかりしょげた嫁は、後ろ髪を引かれる思いで、
仕方なく家路を急いだそうです。

数日後、知り合いの漁師さんに嫁は先日の出来事を話したそうです。
「それで、良かったんだよ。
おまえさんの車しかなかったのなら、もし何かあった時には、
ナンバーを覚えられている可能性もあるから、
その後の事を考えた方がいいよ。」
とちょっと背筋がゾーとするお言葉を頂戴したそうです。 

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif 
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コンバンハ、ロッキーさん。
嫁の性悪根性を見たらきっと向こうの方が逃げると思いますよ。(笑)
2007/05/10(Thu) 22:06 | URL  | ひろし。。。。 #-[ 編集]
釣好人見 さん、こんばんは。
コレも嫁から聞いた話です。
温泉に入っていると、ある若い(歳にして20台前半)女の人は入ってきたそうです。横で身体を洗っていると、その女の人もやはり横で身体を洗っていたそうです。
でも、その人の身体には・・・・縄の後らしきものが胸や手首についていたそうですよ。世の中色々な趣味の人がおります。俺もちょっと、その縄の後が見たかったと思いました。俺って、スケベー?
2007/05/10(Thu) 22:02 | URL  | ひろし。。。。 #-[ 編集]
私も、これから、冷蔵庫の中掃除します。何がでるかな?たのしみ~。それにしても危うく極道の妻になるとこでしたね?
2007/05/10(Thu) 21:25 | URL  | ロッキー #-[ 編集]
腕の綺麗な絵、の話でもう、20年も前の出来事を思い出した。夏の家族サービスと釣りを兼ねて、和歌山へ行った時の事。海水浴場の傍に温泉があった。その日は曇りで少し寒かったが、息子は唇が紫色になっているのに、帰ろうと言わない。温泉に入ってから、かき氷を食べよう。と誘惑して、温泉へ。ゆっくり温まって、体を拭いていると、「お父さん、何でこのおっちゃんの背中に、魚の絵、描いてるん?あの魚の名前何?」5歳の息子の大きな声(T_T)/~~~立派な錦鯉が、滝上りしている絵を持つ人物が、体を拭いている。
「お母さん、待ってるから早よ服着なさい」と体を拭くのも、そこそこに、出てきた。裸の王様。じゃないけど、子供は思った事を、すぐ、口に出すからホントに困っ
た。
2007/05/10(Thu) 21:24 | URL  | 釣好人見 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック