FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2009年08月20日 (木) | 編集 |
昨日のYAHOO!ニュースを見た方も多いと思いますが、
改めて、載せたいと思います。
釣人の性と言いますか、
竿抜けしている場所には大物が潜んでいるのでは?
と思う傾向があります。
実際、確かに大物がいる確率は大きいのは言うまでもありません。
北海道は、本州程厳しく取り締まりは有りませんが、
いったん死亡事故が起こると、苫小牧の沖防波堤のように、
船渡しも何もかも禁止ってことになってしまいます。
俺も過去に、立ち入り禁止区域で釣りをした事もありますが、
楽しい釣りで、警察に御厄介になることだけは、
今は避けたいと思っています。
読んでいきますと、今のところ、
「危険を考慮し、完全に封鎖しない国、県、市、町が悪い!
あそこは良くてなぜここはダメなんだ?
フェイスが張ってあるからダメだって? 登って下さいって事だろう?」
というモンスターペイジェント的な発言が出ていない事が、
まだ良心の呵責があるかと思われます。
釣りはオウンリスク(自らが負うべき危険=自己責任)だと言うことを
忘れて欲しくないものです。


禁止区域で釣り、横行 横浜港周辺、すでに57人摘発
8月19日7時56分配信 産経新聞

「立入禁止」の看板が設置された防波堤に侵入し、
釣りをする悪質な釣り人が後を絶たない=横浜市中区
■やまぬ“確信犯” 転落死の恐れも

横浜港の埠頭(ふとう)の防波堤や横浜ベイブリッジの橋脚など、
立ち入り禁止区域で釣りをする人が軽犯罪法違反(禁止場所への立ち入り)で
大量に摘発されていることが、神奈川県警への取材で分かった。
インターネットなどで「穴場」として広まり、県外から訪れて違反する人も。
埼玉県内の池でも同様の違反が続いており、
警察は「危険で事故に巻き込まれる」と注意を呼びかけるが、
違反と認識しつつも後を絶たない。
釣り愛好団体は「一部の行為が楽しい釣りのイメージを台無しにする」
と頭を悩ませている。

本牧ふ頭にある防波堤。
フェンスを乗り越えて立ち入り禁止区域で釣りをしていた
東京都東久留米市の男性会社員(46)ら2人が今年5月、摘発された。
2人は「入っちゃいけないのは知っていたが、よく釣れるので入った」
と話したという。
横浜水上署によると、同様の釣り人の摘発は昨年、88人に上った。
ネットの掲示板や口コミで「穴場」として広まって数年前から増え始め、
今年は7月までに57人と昨年同期(35人)を
大幅に上回るペースとなっている。
幅約2メートルの防波堤は、高さがあるため満潮でも沈まないが、
転落すれば防波堤に上がるのは難しい。
船舶通過時には、波も押し寄せる。
かつて釣り客が海に落ち、数日後に遺体でみつかることもあった。
危険と隣り合わせだが、クロダイを狙って
「人がいない場所の方が大物が釣れる」
と、立ち入り禁止区域に入る多くの人々はいわば“確信犯”だ。
横浜水上署はパトロール強化の一方、
港湾管理者に「立入禁止」看板の設置を依頼。
横浜市港湾局は防波堤に、
首都高速道路は横浜ベイブリッジなどの橋脚に看板を設置した。
だが、わざわざ渡し船で橋脚に行き、
「禁止」の看板には目もくれずに釣りをする人が続いている。
埼玉県寄居町では、ため池で同様の違反が相次ぎ、
昨年は約40人、今年は6月末時点で20人以上が寄居署に摘発された。
悪びれずにフェンスを乗り越える若者の姿が影響してか、
子供が池に落ちて命を落とす事例も複数あるという。
釣具店などでつくる「日本釣振興会」関東地区支部も、
こうした問題に頭を抱えている。
啓発ポスターを釣具店に配ったり親子釣り教室で呼びかけたりしているが、
同振興会が行うイベントでも
「注意を無視して禁止区域内で釣りを続ける悪質な人もいた」という。
テロ対策の一環となる平成16年の海上人命安全条約
(SOLAS条約)改正で大型港湾の立ち入り規制が強化され、
釣り場の減少につながっている、との指摘もあるが、同支部は
「一部のマナー悪化は余計な規制強化につながりかねない。
残念なことで、事故につながらないよう啓発に取り組むしかない」
としている。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
スポンサーサイト



テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
キス
こんばんは、ボナさん
拙い文章で申し訳ございませんでした。 少しでもお役に立てて下されば幸いです。
函館つるさんに以前教えて貰いましたが、PEラインで言うと1~2色辺りがよく釣れるそうです。 ただ、キスは集団で動く魚なので、時には遠投で釣れることも多いそうです。 俺が思うには、キストーナメントなんどに出場するのなら、軽くて遠投用のそのようなリールは必要かも知れませんが、普段、食用に釣るのなら手持ちのリールでもOKかな~なんてエテ勝手な考えをしています(笑)

これだけ危険と隣り合わせた釣りが横行しているなか、自分や仲間が、家族や
友人に心配させない釣りが出来れば一番良いと思いますが、理想と現実はいつも反比例しているようです。 後は釣人のモラル次第で少しでも快適な釣りが出来れば最高ですね。
2009/08/22(Sat) 00:36 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
紳士の趣味
こんばんは、函館つるさん
オウンリスクを考えると、どこの釣場でも言えることだと思います。
人が大勢いる場所で危険な投げ方、釣り方をする方々もおります。 そういう事が引き金になり、いざござが起きると、待ってましたとばかりに、立ち入り禁止区域が増えていくのもあります。 昔、外国では釣りは紳士の趣味だったそうです。 今は誰でも手軽に出来る趣味として普及していますが、昔の人みたく紳士でありたいですね。
土曜日の仕事次第で決まりますので、その時は、俺と遊んで下さい(笑)
2009/08/21(Fri) 23:54 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
釣人難民
こんばんは、ノリゾー3840さん
そうなんですよね、あっちでもこっちでも立ち入り禁止区域が増えてしまい、釣人難民が増え、また立ち入り区域に出没なんて話題にのぼることが考えられますね。 一部のマナー違反の人達のタメ、結局は「釣人は・・・」なんて言われることが多だあります。 少しでもそんな人達が減ってくれれば、釣人難民も減ることが出来そうな気がします(笑)
まだ、北海道は本州程、取締が強化されていないのでコレからどうなるか、ちょっと気になるところです。
2009/08/21(Fri) 22:52 | URL  | ひろし。。。 #-[ 編集]
弘司さん、この間は、キスの件、有難うございました。誰かさんの、ブログにキスなんとかのリールも紹介されてましたが、砂場の遠投位しか、釣り場がなくなるかもですね。私が所属する釣り会の一つは防波堤禁止ですが、釣り団体がせめて防波堤に入らないように自主規制し、ライフジャケット着用が常識にしないとなりませんね。役所の仕事を減らし、家族に心配かけない、釣りにしないと。
2009/08/21(Fri) 09:27 | URL  | ボナ #-[ 編集]
釣り人も一人一人が紳士たれ!
確かに立ち入り禁止場所等は確かに増えてる様な気がします。
理由はどうであれダメなものはダメなんです!
これ以上増やさない様に、モラルを持った行動を取って欲しいと思います。
オウンリスクから考えるとやはり人があまり立ち入らない場所も同じかと・・・
人がほとんど入らない=危険な場所と、思います。
ましてや一人の行動であれば尚更、何かあってからでは遅い。
今ある限られた釣り場を一人一人が大事にしていくしかないと思います!
2009/08/21(Fri) 09:10 | URL  | 函館つる #-[ 編集]
釣りをするのも・・・
 釣りをするのも厳しい時代になってきましたね。  北海道の港や漁港もに <立ち入り禁止> の大きな文字が・・・そんなところが殆んど。  ノリゾーも柵の乗り越えや進入の経験がありますが、最近、他のブログを見ていると写真つきで某所などと出ていて・・「アレッ!!、此処って立ち入り禁止だったはずだが? まずくない・・?」 と思う所が。  民家の近くでの夜間の騒音や、ゴミの散らかし。  港でのゴミのポイ捨て。  釣り人ばかりがやってるわけではないですが、こんなことをしていると <釣り禁止>や<立ち入り禁止> の場所だらけになってしまいそうです。  何で事故があった処はダメで、そうでない処はOKなの?。 こんな所にテロ対策のフェンスが?・・・国家予算の使いすぎじゃない?。 あ~またテトラが入っちゃった。 新しい道が出来て進入禁止か~ 等・・・  どんどん釣り場が狭くなってしまう、今日この頃です。 
2009/08/21(Fri) 05:47 | URL  | ノリゾー3840 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック