FC2ブログ
北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
2015年05月27日 (水) | 編集 |
全サー大物事務局から大物バッジと共に盾を頂きました。

IMGP0375.jpg

特別大物に登録した魚はすべて北海道で釣れた魚で、
自分の中では、最低でも年に10枚は大物申告をしようと考えておりまして、
7割ほどがカレイとホッケ、2割はアイナメ、ソイ、
残りの1割はカジカ、ヒラメ、コブダイ、
コツコツ登録すれば、塵も積もれば山となるではありませんが、
いつの間にか300号になるまで登録していたとは我ながらビックリです。

IMGP0378_201505271404190d2.jpg 

他の方が大会などで入賞した時に頂いた王冠がついた盾と違い、
空スペースのある盾・・・しばらく眺めていたんですが、
子供たちの写真、お気に入りのチレイなオネーチャンの写真、
絶対に間違いなく飾らない!!飾る予定はミジンコほどないけど、
ウエスト58cmだった頃の若かりし嫁の写真・・・今じゃ太ももサイズ、
などと色々と考えましたが、この空スペースに何を入れるのか?
乏しい知識の俺の犬並の脳ミソでは想像も出来ません。

IMGP0385_20150527140417e8c.jpg

この空スペースは、
本来の目的は何なのか、何を飾るのか?
どなたかご教授してくださると、とても有りがたいです。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月24日 (日) | 編集 |
仕事が早めに終わった今日(23日)、
夕マズメに間に合うかも?と思い釣りに行ってきました。

DCIM0033_20150523234049926.jpg
ウチから10分くらいで蝋燭岩の駐車場につき、そこから徒歩で5分くらいで釣場。
DCIM0036_2015052323502530a.jpg

俺が鼻垂小僧の頃から鬼籍した父親と親戚のおじさん方に引っ付いて行き、
カレイやホッケを釣っていた釣場で、昔は良く釣れた場所なんです。
今は昔ほど釣れませんが、たとえ魚が釣れなくても俺の好きな釣場の一つに入り、
年に一度は竿を出しています。

DCIM0037_20150524000544947.jpg
茂津多方面

DCIM0039_20150524002045b65.jpg

ここでの釣果は、手の平サイズのマガレイ2匹に遊んでもらい、
陽も落ちてきたので撤収、ストレス発散には最適でした。

帰路の国道で釣りバスとすれ違いました。
バスに貼ってあるクラブ名を見て納得、今週末、道釣連の全道大会が、
せたな町の茂津多~三本杉間で行われるそうです。
よく釣る人達が集まってチームを組み参加しているので、
釣果も目を見張る大物が勢ぞろいし、盛大な大会になることでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月23日 (土) | 編集 |
5月19日の夜、下娘に用事があって室蘭に行ってきました。
嫁は仕事で一緒に来れなかったので、
俺一人で鼻歌混じりでウキウキしながら車を走らせたんです。
仕事から帰ってきた娘に、
「お父さん、お腹すいた、夕飯食べてないんだよね。」
「俺、金ないぞ~」
「うん、分かっている。」
娘のおごりでお好み焼きを食べに行っちゃたんです。

1432354515753.jpg
俺が焼いたので丸くないですが、一応、お好み焼きです。
運転手は俺、次の日も娘は仕事、今回はアルコールなし、
娘と一緒に飲みたかったなぁー。

せっかく室蘭まで来たのなら、名物の夜景を撮ってみました。
DCIM0025.jpg 
DCIM0028.jpg
この時間から釣りをしている釣人がいました。

当初は違う釣場で竿を出そうと思ってましたが、
年に一度は室蘭港で竿を出すのも悪くないと思い投げてみました。

DCIM0030_20150523135432cfd.jpg

夜が明けると釣人がやってきて竿を出しますが・・・
あれ?どうしたんだろう・・・釣れません。
雨が降ってきたお昼過ぎまで粘ったんですが、俺に釣れたのはヒトデ20匹程、
忍耐と体力と時間だけを使いボンズ。
他の釣人達は30cmちょいのマガレイを合わせて4匹だけでした。

後日ですが釣友から、俺が室蘭港で竿を出した日と同時日、
「あそこで51cm、47cmのイシガレイ釣れたよ!」
写メ付きで教えてくれたんです。
そこって俺が第一候補に挙げていた釣場じゃん、
失敗、最初からあそこに入っていれば・・・俺にも釣れたかも?
ちょっとだけ悔やまれますが、釣りってこんなもんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月22日 (金) | 編集 |
5月16日PM19:00~5月17日正午まで、はこだてサーフの大会が開かれました。
俺は仕事で不参加でしたが、いつも写真を提供してくれるクロちゃんから、
今回も写真を提供して頂きました、ありがとうございます。

10審査4

前夜から強風が吹いていましたが、参加されたメンバーは風の弱い場所や、
波の影響の少ない釣場へ車を走らせたそうです。

9審査3

はこだてサーフでは独自のダービー戦も行われており、
プライベートで釣った魚や大会で釣った魚を登録し、
12魚種中5魚種のポイントで年間優勝者が決まります。
この12魚種も全サーの大物魚と連動しており、
そこに北海道ならではの魚で、
小型ながらもいとも簡単に竿尻を浮かせる引きの強さを誇るムラソイ(ハチガラ)
を特別枠として入れてます。

8審査2 

今回の大会は、魚3匹の身長+各魚種の持ち点(カレイ同士の提出は不可)、
例えばAさんが
イシガレイ40cm+アイナメ40cm+ホッケ40cmを提出したとしたら、
イシガレイ(40+60点)+アイナメ(40+52点)+ホッケ(40+57点)=289点
Bさんは、
クロソイ(30+62点)+ムラソイ(28+70点)+マハゼ(25+75点)=290点
いくら魚の身長があっても魚の持ち点が低いと逆転なんてことがあります。
だからって得点の高い魚を狙いに釣りに行っても、
そう簡単にいかないのも釣りなんです。

7審査1
一番大きなアイナメは51.1cm、小さいサイズのアイナメでも47cm、
お見事としかいいようがありません。

大会の結果をみると、アイナメの40cmオーバー、
カジカの40cmオーバーがゴロゴロと提出されており、
どうやら津軽海峡を臨める下海岸で釣座を構えたようです。
俺にとっては未知とも言える釣場が沢山ある下海岸、
チャンスがあれば夜釣で挑戦して、
皆のようにウハウハした釣りがしたいものです。

大会に参加された皆さん、ご苦労さまです。
オブサーバーで初参加のSさん、優勝おめでとう!

良かったらここをクリックしてくださいね。 
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月19日 (火) | 編集 |
よくマンガなどで釣りをしていると、長靴やバケツなどのゴミを釣る場面が描かれ、
笑いを誘うことがあります。
時には土左衛門などが釣れる仰天するような場面なども描かれてたりします。

新聞によれば、
某漁港で釣りをしていた釣人の釣り針に引っかかり浮き上がって・・・
と書かれており、マンガの世界のような仰天する事があったそうです。
釣った方はさぞかしビックリし驚愕したのではないでしょうか。
ご冥福をお祈りいたします。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月17日 (日) | 編集 |
俺、なぜか古い竿が大好きなんです。
新しい竿が買えないのもあるけど、
今持っている竿で十分使えると感じている部分もあるので、
カタログを見ても投げ竿に対して物欲が沸かないんです。

現在市販されている竿のほとんどは竿尻が細く、
まるで自分の愚息を握っている感じがして、それならば太い方がいいじゃん、
そしたら外で遊泳中のたくさんのチレイなオネーチャン、
もしかしたら一人や二人は釣り上げられるかも?
たくましく妄想しちゃったりしています。
竿尻が太い方が自分にとって「竿」っていうイメージが強いのも確かで、
どの竿を振っても飛距離的にはたいして変わらない部分もあって、
昔の竿は、素直に言うことを聞いてくれる子もいれば、じゃじゃ馬的な子、
少しだけひねくれた子など、竿自体に個性があって楽しいのもあります。

今、メインで使っている竿はダイワのトライビーム35号-405、
これも地元の釣りクラブの仲間が買って数回使っただけですぐに手放した竿で、
格安で手に入れたものです。
俺はこの竿が気に入っているので、再起不能になるまで使うつもりです。

今回、縁があって俺の所に古い竿が2本やってきました。
正確には、奇特にもある方から、
「俺、奥さんのことが好きなんだ! 俺だと思って使ってくれ。」
熱烈な告白と共に嫁にプレゼントされた竿なんです。
竿と一緒にりール3個と換えのスプールまで付いてくるオマケつき。

その竿は俺が釣りを本格的に始めた頃に市販されていて、
定価で6~7万円ほど、リールも4万5千円くらいしたブツなんです。
当時、その竿に憧れ欲しかったのですが、
結婚したてで子供も生まれることもあって遠くから眺める高嶺の花だったんです。
そのうち廃竿になり、二度と手に持つことがないだろうと思っていたので、
嫁よりも俺の方が大喜びしちゃい、彼女よりも先に試し振りしてきちゃった。

どんな竿なのかは次回のブログに書きますね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月14日 (木) | 編集 |
ジリリリリン、ジリリリリン ジリリリリン、ジリリリリン  
午前3時、目覚まし時計をけたたましく鳴ります。
窓から外を見ると、昨日から降っている雨が、降り足りないようで降っています。
どうしようか?一瞬迷いましたが、布団が、
「どうしても起きるの? ねぇ~、雨が上がるまで一緒に寝ましょう。』
と誘うのでしばしまどろむ事にしたんです。

今週の休みは地元で釣りをする事に決めていたので、
午前5時半ごろ仕度してホームグランドである鷹ノ巣岬に行ってみると、
白波が岩をザブザブと洗っていて、釣人も撤収して来てました。

次に向かった場所はウチから2時間程走った海岸へ車を走らせていると、
せたな町から島牧村に入ると、太陽が出ていて晴天なんです。
海もべた凪、昼ころには風も変わるのでそれまでここで様子見をする事にしました。

この釣場で竿を出すのは数年振りの千走漁港。
漁港の先端に出てみると、2名ほどの紳士が釣りをしていましたが、
何故か一等地が開いているんです。

DCIM0014_2015051420304579f.jpg

こりゃ~もらったもんだ!なんて思って竿を出すと、
一等地が開いている理由が分かりました。

DCIM0019_20150514203916bad.jpg

カレイは居ると思うんですが、やつらが我先と争うように餌を取り、
挙句の果て針にかかってきやがるんです。

ヘラカニに遊んでもらっていたら、
寿都町方面に怪しげな雲が海から上空にモクモクと立ち上がり、
あっと言う間に寿都町を追い被さるように一面に雲が。
DCIM0010_20150514204333648.jpg 
DCIM0012_20150514204700fd8.jpg 
DCIM0013_20150514204659d0f.jpg

あのまま走っていたらあの雲の中に入れたかも・・・
そう思うとワクワクもしますがちょっとだけ怖いような気もします。

先ほど、2名の紳士と書きましたが、
一人は釣会の方、もう一人は帯広から来られた方でして、
初対面ながらも俺にとっては色々と勉強になる釣談義を開いてくれたんです。
おしげもなく見せてくれた仕掛や教えてくれた仕掛については、
今すぐにでもパクリたい物ばかりで、それにちょっとだけ工夫して、
ぜひターゲットに実践したいと考えています。
ありがとうございます。

釣会の方は集合時間が迫ってきたので、
「こっちで釣りな、俺、そろそろ行くわ。」
自分の釣座を俺に譲ってくれ、
さっきまで餌取りで悩まされていたのが嘘のように、
すぐに37cmのマガレイが釣れたんです。

DCIM0020.jpg

その後、雨が降ってくるまで帯広の紳士と釣場談義をしてました。

俺に釣れたカレイはこの1匹だけでしたが、
自分にとってはこの日の紳士の方々との釣談義が一番の釣果となり、
本当にタメになることばかりで楽しい釣りでした。
こういう出会いもあるから釣って止められないのかも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月13日 (水) | 編集 |
GWの最終日の6日、俺の週1回の休み、
「明日、どこに釣りに行ったらいい?」
前日(5日)の夕方、嫁に相談すると、
『こっちはGW中、早朝から出勤、一日10時間労働、
あんたのことなんてかまってられない。』
冷たく言うんです。
ご機嫌斜めなので機嫌とるのに、
「娘達のところにでも行く?」
『明日は呼び出しかかるかも知れないからウチで寝ている。』
と言いやがるんです。
そして、
『ウチに居てもいいけど、物音一つたてないでよ。』
とすごまれ、新たに家訓に加えられました。
手負いの熊(疲れた嫁)に逆らうとろくな目に遭わないと言う事なので、
彼女の手によって家外に放流された俺。

天気予報を見てもパッとしません。
釣りになりそうな場所は噴火湾しかないので、
今年になって通っている某所へ直行しました。
さすがGW、普段ならあまり車が走っていない時間帯なのに、
常に車が走っています。

IMGP0338.jpg

いつもの某所で竿を出しまったり。

IMGP0337.jpg

小さなイシガレイ(22~25cm)が遊んでくれ、
今回は食べる予定がないので海に帰ってもらいました。

IMGP0339_201505131154199c9.jpg

仕掛に海草がひっきりなしについてきます。

IMGP0341_20150513113435333.jpg 
IMGP0340_20150513113436a5e.jpg
どうやら底荒れしていたようです。

段々と海草が多くなってきたので撤収することに決め、
竿を上げると小さなカレイがついてました。

IMGP0342_20150513113434a08.jpg
23~26cmくらいのイシガレイとスナガレイ
こちらも記念写真撮ってから海に帰って頂きました。

6日の釣果は、22~26cmくらいのイシガレイ5匹、スナガレイ1匹で終了。

そういえばこの近辺の漁港など覗いたことが無かったので、
帰り道、まだ一度も行ったことがない伊達漁港を見てみました。

IMGP0344_20150513121513add.jpg
IMGP0343_20150513121511393.jpg

この日の釣果をお伺いすると、43cmくらいのイシガレイが釣れ、
「マガレイの姿が見え始めた。」
という情報を頂きました。
これからマガレイを狙うのには良い時期となってきたようです。

ウチに帰ると元気を取り戻した嫁が、
『三菜採りに行くよ。』
俺の首根っこを捕まえて車にひょいと押し込まれて、山に拉致されちゃいました。
数ヶ所回ったんですがまだ早いようで、
『じゃ、あそこに行くか、そこが無理だったら諦める。』
彼女一押しの山へ。

IMGP0346_2015051312470639e.jpg

今年は釣りが早い時期から始まったので、
山も早い時期から採れていると思ったんですが、
『やっぱり田んぼの代掻きが始まらないと採れないんだね。』
一人納得する嫁でした。
この竹の子は、
翌日の夕食に天ぷらや炊き込みご飯となって食卓を賑わしました。
う~ん、旬の食材は美味しかった!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月02日 (土) | 編集 |
北沖防波堤を後にし、次は西沖防波堤に引っ付いている掛島へお迎えです。

IMGP0297_20150502124902c62.jpg

嫁のご意見番のMr,KがWピースサインをしているってことは・・・やばいわ~
GFGがまかつ投げ親睦会の連覇を狙う意欲満々ってことだと、
勝手に想像しちゃいます。

俺の親睦会は釣りを楽しんでもらうために大会形式をとってませんが、
了解を得て自分のブログのネタとして使わせてもらっています。

一応主催者である俺とGFG北海道支部長の函館つるさんは準備のため、
1便で帰港。
2便で帰港してくる仲間を待って、
そこからGFGがまかつ投げ親睦会の大会審査が始まりました。

DSC02768.jpg
俺の審査風景

審査の後方では提出する魚を選んだり、撮影会が開催されてました。
IMGP0299_20150502133143d4e.jpg 
IMGP0302_201505021327468b8.jpg 
IMGP0300_201505021311349ba.jpg 
IMGP0301_2015050213113187d.jpg 
IMGP0311_20150502213325e72.jpg 
IMGP0314_20150502213319621.jpg 
IMGP0313_2015050221332233c.jpg 
IMGP0298_20150502124859eff.jpg
今年初参加のゆうぼうさん、素敵な笑顔、どうやら楽しんでいただけたようです。

嫁が俺の顔をチラと見て、
『なんで同じ男なのに、ゆうぼうさんの肌、すごく張りがあるわ。』
大きなため息をつきやがるんです。

何なんでしょう~、今年は次から次へとタカノハカレイが出てきます。
IMGP0303_201505021248555fe.jpg 
IMGP0304_201505021248522c3.jpg 
IMGP0316_201505021303401eb.jpg
今大会で3匹のタカノハカレイが提出されてました。

マガレイの大型も提出されています。
IMGP0306_20150502132855d92.jpg 
43.8cmのマガレイ
IMGP0308_20150502132851b51.jpg
実力で物にしただっぴさん

寿好丸さんからの御故意でヒラメを提供して頂きました。
ありがとうございます、とても感謝しております。

ヒラメをゲットしたババちゃん。
DSC02780.jpg

上記のババちゃんの写真は、本人了解の上、クロちゃんから提供して頂きました。
いつもありがとうございます。

今大会の参加者でブログを書いている人がおりますので、
函館爆釣会クロちゃん釣行
mixiが見れる人は、
のりぞ~さん日記
だっぴさん日記
だっぴさんの場合、友達までの公開となっています。
ぜひ、一度訪問して見てくださいね。 

GFGがまかつ投げ親睦会の結果は、がまかつのHPに載ると思いますので、
俺はここまでしか書きません。
俺の親睦会、GFGがまかつ投げ親睦会に参加された皆さんに感謝いたします。
また来年も開催する予定でおりますので、
ぜひ参加して楽しんでくだされば幸いです。

最後に参加した皆で記念写真。
IMGP0319_20150502135233229.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月01日 (金) | 編集 |
白氏、総長、菊リンと入れ替わりに北沖防波堤に渡った俺達。
メンバーは今年初参加の濱氏、函館つるさん、俺達夫婦。
総長が、
「まだチャンスがあります、狙ってください。」
置き土産の言葉を残していったので、
「大きなブツ抜かれた後だから無理でしょう。」
半分以上諦めながらもソイ狙いを開始。
・・・・・結果は全員惨敗でした。

IMGP0278.jpg

陽も高くなってきたのでカレイ狙いに切り替えました。
なんせ、この北防波堤初上陸の俺、
どの辺あたりでカレイ狙いが出来るのか分からないので、
先端の左角で90度の範囲で探って見る事にしたんです。

IMGP0275.jpg

何か落ちてないかなぁ~と北防波堤を偵察に行った嫁が、
『ジジィ、上から見たんだけど、そこ、引っかかるよ。』
といちゃもんをつけ、
「いいんだって、風に乗せないと俺、投げられないから。」
函館つるさん、右肩を負傷し病院通いしているので、
背中側から吹く風の力を借りて投げていたんです。

IMGP0276_20150501080740a25.jpg
GFG北海道支部長の函館つるさん

何度も仕掛を引っかかりながらも、
小型のクロガシラカレイや良型ホッケを釣ってました。

IMGP0284_20150501082655221.jpg

カレイ狙いで俺の横に入った濱氏。
IMGP0282.jpg

40.0ジャストのクロガシラカレイをあっさりと釣り上げてました。
IMGP0280_2015050108433237d.jpg

あれ?この顔、どこかで見たことがあると思った方もいらしゃると思います。
そうそう、あそこの交番の指名手配のポスター・・・大変失礼しました、
全サーフェチなら一度は見たことがあると思うんです。
2011年の全カレイで他魚の部で50.4cmのカジカを釣って優勝したお方なんです。

IMGP0286_201505010905470a5.jpg
42.7cmのタカノハカレイ

NCM_0524.jpg

函館つるさん、
「俺もマガレイのひきを味わいたい。」
と言い、釣座を移動して俺の横に入りました。
その途端、俺より大きなマガレイを釣りやがったんです。

俺の釣座で釣れるのはマガレイやソウハチガレイ、
ホッケと小型のアイナメなのに、
すぐ隣の濱氏はクロガシラカレイ、マガレイ、タカノハカレイ、ミズクサカレイ、
良型のホッケに良型のアイナメ。
腕の差なんでしょう・・・いや、きっと、
濱氏が使っていた故人の形見の竿がそうさせていたと思うんです。
その竿ばかりに大物が釣れて来るんですもん。
故人になった方ですが、釣りとキャスティングをこよなく愛してた方で、
キャスティングの技術もセンス抜群の上、努力を惜しまず、
全国に名を馳せた方だったんです。
もう4年になるんですね、とても残念でなりません。

北沖防波堤での俺の釣果
IMGP0292_20150501100742e77.jpg
ソウハチカレイ31.5cm、マガレイ30.5cm、ホッケ42.5cmが最大でした。

そうそう、嫁なんですが、2回目の沖防波堤探索後、
なかなか帰ってこないので振り返って見たら、途中の岸壁で、
動物たちがクルクルと回ってから寝場所を確保するような行動をしたと思ったら、
そのまま横になってました。
今月に入ってから仕事が忙しかったのもあるのですが、
先週から時間も不規則で更にハードになっていたようなので、
本能で疲れた身体を休ませるために眠りに落ちたようです。
何度か様子を見に行ったんですが、微動足りもせずに冬眠に入ってました。

それを見た函館つるさんが、
「余っている餌、あの周りに置いたらどうなる?
怒られるよな~、怒られるだけですむかな~?」
俺に問うので、
「すまないと思う。」
つい本音を言ってしまい、
「そうだよなぁ~・・・・。」
どんな結末を迎えるのか想像しただけで身震いし、妙に納得する3人でした。

渡船が迎えに来る時間となったので、
「起きなさい、時間だよ。」
嫁の機嫌を損ねないように優しく起こすと、
『えっ、そんな時間? 30分くらい寝ただけでしょ?』
「3時間寝てた。」
『うそ~、ほんの少しだけ寝ただけじゃん。』
「何時まで覚えている?」
「8時ちょっと前まで・・・。
濱氏から貰ったチョコレートに睡眠薬が仕込んであったのよ、きっとそうよ。』
自分が寝た事を人のせいにしたあげく、
起きだしてすぐにオニギリに食いついてました。
まぁ~、これはいつもの嫁の姿なので驚きもしませんが、昔は俺が寝ていると、
『あたし、こんなところでは寝れない~。』
なんて可愛らしい事を言ってましたが、
今ではどこでも寝れる特技を得とくし、
初々しさを剥ぎ取り、日々図々しさに磨きをかけ、
月日とは人を変えるのには十分な時間だということなんでしょう。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用