北海道:道南方面で遠投大好きなオヤジです。  こじんまりとした釣りクラブの代表なんてしてたりして (=^_^=) ヘヘヘ  
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年05月23日 (土) | 編集 |
5月19日の夜、下娘に用事があって室蘭に行ってきました。
嫁は仕事で一緒に来れなかったので、
俺一人で鼻歌混じりでウキウキしながら車を走らせたんです。
仕事から帰ってきた娘に、
「お父さん、お腹すいた、夕飯食べてないんだよね。」
「俺、金ないぞ~」
「うん、分かっている。」
娘のおごりでお好み焼きを食べに行っちゃたんです。

1432354515753.jpg
俺が焼いたので丸くないですが、一応、お好み焼きです。
運転手は俺、次の日も娘は仕事、今回はアルコールなし、
娘と一緒に飲みたかったなぁー。

せっかく室蘭まで来たのなら、名物の夜景を撮ってみました。
DCIM0025.jpg 
DCIM0028.jpg
この時間から釣りをしている釣人がいました。

当初は違う釣場で竿を出そうと思ってましたが、
年に一度は室蘭港で竿を出すのも悪くないと思い投げてみました。

DCIM0030_20150523135432cfd.jpg

夜が明けると釣人がやってきて竿を出しますが・・・
あれ?どうしたんだろう・・・釣れません。
雨が降ってきたお昼過ぎまで粘ったんですが、俺に釣れたのはヒトデ20匹程、
忍耐と体力と時間だけを使いボンズ。
他の釣人達は30cmちょいのマガレイを合わせて4匹だけでした。

後日ですが釣友から、俺が室蘭港で竿を出した日と同時日、
「あそこで51cm、47cmのイシガレイ釣れたよ!」
写メ付きで教えてくれたんです。
そこって俺が第一候補に挙げていた釣場じゃん、
失敗、最初からあそこに入っていれば・・・俺にも釣れたかも?
ちょっとだけ悔やまれますが、釣りってこんなもんでしょうね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月22日 (金) | 編集 |
5月16日PM19:00~5月17日正午まで、はこだてサーフの大会が開かれました。
俺は仕事で不参加でしたが、いつも写真を提供してくれるクロちゃんから、
今回も写真を提供して頂きました、ありがとうございます。

10審査4

前夜から強風が吹いていましたが、参加されたメンバーは風の弱い場所や、
波の影響の少ない釣場へ車を走らせたそうです。

9審査3

はこだてサーフでは独自のダービー戦も行われており、
プライベートで釣った魚や大会で釣った魚を登録し、
12魚種中5魚種のポイントで年間優勝者が決まります。
この12魚種も全サーの大物魚と連動しており、
そこに北海道ならではの魚で、
小型ながらもいとも簡単に竿尻を浮かせる引きの強さを誇るムラソイ(ハチガラ)
を特別枠として入れてます。

8審査2 

今回の大会は、魚3匹の身長+各魚種の持ち点(カレイ同士の提出は不可)、
例えばAさんが
イシガレイ40cm+アイナメ40cm+ホッケ40cmを提出したとしたら、
イシガレイ(40+60点)+アイナメ(40+52点)+ホッケ(40+57点)=289点
Bさんは、
クロソイ(30+62点)+ムラソイ(28+70点)+マハゼ(25+75点)=290点
いくら魚の身長があっても魚の持ち点が低いと逆転なんてことがあります。
だからって得点の高い魚を狙いに釣りに行っても、
そう簡単にいかないのも釣りなんです。

7審査1
一番大きなアイナメは51.1cm、小さいサイズのアイナメでも47cm、
お見事としかいいようがありません。

大会の結果をみると、アイナメの40cmオーバー、
カジカの40cmオーバーがゴロゴロと提出されており、
どうやら津軽海峡を臨める下海岸で釣座を構えたようです。
俺にとっては未知とも言える釣場が沢山ある下海岸、
チャンスがあれば夜釣で挑戦して、
皆のようにウハウハした釣りがしたいものです。

大会に参加された皆さん、ご苦労さまです。
オブサーバーで初参加のSさん、優勝おめでとう!

良かったらここをクリックしてくださいね。 
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界 
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月19日 (火) | 編集 |
よくマンガなどで釣りをしていると、長靴やバケツなどのゴミを釣る場面が描かれ、
笑いを誘うことがあります。
時には土左衛門などが釣れる仰天するような場面なども描かれてたりします。

新聞によれば、
某漁港で釣りをしていた釣人の釣り針に引っかかり浮き上がって・・・
と書かれており、マンガの世界のような仰天する事があったそうです。
釣った方はさぞかしビックリし驚愕したのではないでしょうか。
ご冥福をお祈りいたします。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月17日 (日) | 編集 |
俺、なぜか古い竿が大好きなんです。
新しい竿が買えないのもあるけど、
今持っている竿で十分使えると感じている部分もあるので、
カタログを見ても投げ竿に対して物欲が沸かないんです。

現在市販されている竿のほとんどは竿尻が細く、
まるで自分の愚息を握っている感じがして、それならば太い方がいいじゃん、
そしたら外で遊泳中のたくさんのチレイなオネーチャン、
もしかしたら一人や二人は釣り上げられるかも?
たくましく妄想しちゃったりしています。
竿尻が太い方が自分にとって「竿」っていうイメージが強いのも確かで、
どの竿を振っても飛距離的にはたいして変わらない部分もあって、
昔の竿は、素直に言うことを聞いてくれる子もいれば、じゃじゃ馬的な子、
少しだけひねくれた子など、竿自体に個性があって楽しいのもあります。

今、メインで使っている竿はダイワのトライビーム35号-405、
これも地元の釣りクラブの仲間が買って数回使っただけですぐに手放した竿で、
格安で手に入れたものです。
俺はこの竿が気に入っているので、再起不能になるまで使うつもりです。

今回、縁があって俺の所に古い竿が2本やってきました。
正確には、奇特にもある方から、
「俺、奥さんのことが好きなんだ! 俺だと思って使ってくれ。」
熱烈な告白と共に嫁にプレゼントされた竿なんです。
竿と一緒にりール3個と換えのスプールまで付いてくるオマケつき。

その竿は俺が釣りを本格的に始めた頃に市販されていて、
定価で6~7万円ほど、リールも4万5千円くらいしたブツなんです。
当時、その竿に憧れ欲しかったのですが、
結婚したてで子供も生まれることもあって遠くから眺める高嶺の花だったんです。
そのうち廃竿になり、二度と手に持つことがないだろうと思っていたので、
嫁よりも俺の方が大喜びしちゃい、彼女よりも先に試し振りしてきちゃった。

どんな竿なのかは次回のブログに書きますね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月15日 (金) | 編集 |
上機嫌で千走漁港から帰ってくると、山菜採りの格好で玄関前で待ってました。
俺が車から降りようとすると、
『好きな事してきたんだから、今度はあたしに付き合うの。』
そのまま山に直行させられました。

山と言っても、農道のすぐ側の沢みたいなところでして、
確かに竹は生えていますが、こんなところで?と思うような場所なんです。
農道と言っても結構な数の車が往来しており、
嫁が入る場所は俗に言う道路縁で、そこから数m入ると不思議とあるんです。
『山奥はプロが行けばいいのよ、あたしはこんなところで十分。
楽して採るのが面白いじゃん。』
と言い、彼女なりの拘りと言うのか、道路縁より10m以内が範囲だそうで、
決してそれ以上は奥に入らないと決めているそうです。

最初に入った場所は、数人の人が知っている所なので、
誰かが先に入ってしまえば残り物しかありません。
数日前に誰かが先に入った跡があったそうですが、
そこで袋1つほど採り満足したようです。
俺は嫁と反対側の道路縁で遊んでいたので、
細い竹の子しか採れませんでした。

それで終わりかと思えば、農道からきょろきょろ周りを見渡し、
先ほどの場所から数m横にズレた所の笹を分けて奥に入って行ってしまったんです。
数秒後、
『車の中にある袋全部持って来てー!』
仕方なく嫁が居るであろう場所に入って行くと、ビックリ。
足の親指程の太さの竹の子がそこらじゅうに生えているんです。
竹の子もそうなんですが、
そこにはアイヌネギも大量に生えていてどれも茎が太い、
今まで誰にも採られた事がない場所だったようです。
よくこんな場所を見つけたもんだと感心しちゃいました。

NCM_0556.jpg
見比べる物がありませんが、細くても手の親指程の太さの物が多く、
下の方には足の親指程の太さの物が多数隠れています。

小1時間程遊んだので、嫁の実家に持ち込み、
茹でて皮をむいたら、1斗樽に3/4程ありました。

NCM_0557.jpg

実家で夕食を頂いていると、
大量の竹の子の煮付けを口に入れモグモグさせながら、
『今度はあそこね。』
嬉しそうに言いやがるんです。
まぁ~、普段好きな事させてもらっているので、
ほんの一ヶ月程、数時間だけ嫁のご機嫌伺いで付き合うのも仕方がないでしょう。
旬な時期に旬な物が食べれるから嬉しいんですが、
やっぱり俺、山よりも海がいいかも。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月14日 (木) | 編集 |
ジリリリリン、ジリリリリン ジリリリリン、ジリリリリン  
午前3時、目覚まし時計をけたたましく鳴ります。
窓から外を見ると、昨日から降っている雨が、降り足りないようで降っています。
どうしようか?一瞬迷いましたが、布団が、
「どうしても起きるの? ねぇ~、雨が上がるまで一緒に寝ましょう。』
と誘うのでしばしまどろむ事にしたんです。

今週の休みは地元で釣りをする事に決めていたので、
午前5時半ごろ仕度してホームグランドである鷹ノ巣岬に行ってみると、
白波が岩をザブザブと洗っていて、釣人も撤収して来てました。

次に向かった場所はウチから2時間程走った海岸へ車を走らせていると、
せたな町から島牧村に入ると、太陽が出ていて晴天なんです。
海もべた凪、昼ころには風も変わるのでそれまでここで様子見をする事にしました。

この釣場で竿を出すのは数年振りの千走漁港。
漁港の先端に出てみると、2名ほどの紳士が釣りをしていましたが、
何故か一等地が開いているんです。

DCIM0014_2015051420304579f.jpg

こりゃ~もらったもんだ!なんて思って竿を出すと、
一等地が開いている理由が分かりました。

DCIM0019_20150514203916bad.jpg

カレイは居ると思うんですが、やつらが我先と争うように餌を取り、
挙句の果て針にかかってきやがるんです。

ヘラカニに遊んでもらっていたら、
寿都町方面に怪しげな雲が海から上空にモクモクと立ち上がり、
あっと言う間に寿都町を追い被さるように一面に雲が。
DCIM0010_20150514204333648.jpg 
DCIM0012_20150514204700fd8.jpg 
DCIM0013_20150514204659d0f.jpg

あのまま走っていたらあの雲の中に入れたかも・・・
そう思うとワクワクもしますがちょっとだけ怖いような気もします。

先ほど、2名の紳士と書きましたが、
一人は釣会の方、もう一人は帯広から来られた方でして、
初対面ながらも俺にとっては色々と勉強になる釣談義を開いてくれたんです。
おしげもなく見せてくれた仕掛や教えてくれた仕掛については、
今すぐにでもパクリたい物ばかりで、それにちょっとだけ工夫して、
ぜひターゲットに実践したいと考えています。
ありがとうございます。

釣会の方は集合時間が迫ってきたので、
「こっちで釣りな、俺、そろそろ行くわ。」
自分の釣座を俺に譲ってくれ、
さっきまで餌取りで悩まされていたのが嘘のように、
すぐに37cmのマガレイが釣れたんです。

DCIM0020.jpg

その後、雨が降ってくるまで帯広の紳士と釣場談義をしてました。

俺に釣れたカレイはこの1匹だけでしたが、
自分にとってはこの日の紳士の方々との釣談義が一番の釣果となり、
本当にタメになることばかりで楽しい釣りでした。
こういう出会いもあるから釣って止められないのかも知れませんね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月13日 (水) | 編集 |
GWの最終日の6日、俺の週1回の休み、
「明日、どこに釣りに行ったらいい?」
前日(5日)の夕方、嫁に相談すると、
『こっちはGW中、早朝から出勤、一日10時間労働、
あんたのことなんてかまってられない。』
冷たく言うんです。
ご機嫌斜めなので機嫌とるのに、
「娘達のところにでも行く?」
『明日は呼び出しかかるかも知れないからウチで寝ている。』
と言いやがるんです。
そして、
『ウチに居てもいいけど、物音一つたてないでよ。』
とすごまれ、新たに家訓に加えられました。
手負いの熊(疲れた嫁)に逆らうとろくな目に遭わないと言う事なので、
彼女の手によって家外に放流された俺。

天気予報を見てもパッとしません。
釣りになりそうな場所は噴火湾しかないので、
今年になって通っている某所へ直行しました。
さすがGW、普段ならあまり車が走っていない時間帯なのに、
常に車が走っています。

IMGP0338.jpg

いつもの某所で竿を出しまったり。

IMGP0337.jpg

小さなイシガレイ(22~25cm)が遊んでくれ、
今回は食べる予定がないので海に帰ってもらいました。

IMGP0339_201505131154199c9.jpg

仕掛に海草がひっきりなしについてきます。

IMGP0341_20150513113435333.jpg 
IMGP0340_20150513113436a5e.jpg
どうやら底荒れしていたようです。

段々と海草が多くなってきたので撤収することに決め、
竿を上げると小さなカレイがついてました。

IMGP0342_20150513113434a08.jpg
23~26cmくらいのイシガレイとスナガレイ
こちらも記念写真撮ってから海に帰って頂きました。

6日の釣果は、22~26cmくらいのイシガレイ5匹、スナガレイ1匹で終了。

そういえばこの近辺の漁港など覗いたことが無かったので、
帰り道、まだ一度も行ったことがない伊達漁港を見てみました。

IMGP0344_20150513121513add.jpg
IMGP0343_20150513121511393.jpg

この日の釣果をお伺いすると、43cmくらいのイシガレイが釣れ、
「マガレイの姿が見え始めた。」
という情報を頂きました。
これからマガレイを狙うのには良い時期となってきたようです。

ウチに帰ると元気を取り戻した嫁が、
『三菜採りに行くよ。』
俺の首根っこを捕まえて車にひょいと押し込まれて、山に拉致されちゃいました。
数ヶ所回ったんですがまだ早いようで、
『じゃ、あそこに行くか、そこが無理だったら諦める。』
彼女一押しの山へ。

IMGP0346_2015051312470639e.jpg

今年は釣りが早い時期から始まったので、
山も早い時期から採れていると思ったんですが、
『やっぱり田んぼの代掻きが始まらないと採れないんだね。』
一人納得する嫁でした。
この竹の子は、
翌日の夕食に天ぷらや炊き込みご飯となって食卓を賑わしました。
う~ん、旬の食材は美味しかった!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月02日 (土) | 編集 |
北沖防波堤を後にし、次は西沖防波堤に引っ付いている掛島へお迎えです。

IMGP0297_20150502124902c62.jpg

嫁のご意見番のMr,KがWピースサインをしているってことは・・・やばいわ~
GFGがまかつ投げ親睦会の連覇を狙う意欲満々ってことだと、
勝手に想像しちゃいます。

俺の親睦会は釣りを楽しんでもらうために大会形式をとってませんが、
了解を得て自分のブログのネタとして使わせてもらっています。

一応主催者である俺とGFG北海道支部長の函館つるさんは準備のため、
1便で帰港。
2便で帰港してくる仲間を待って、
そこからGFGがまかつ投げ親睦会の大会審査が始まりました。

DSC02768.jpg
俺の審査風景

審査の後方では提出する魚を選んだり、撮影会が開催されてました。
IMGP0299_20150502133143d4e.jpg 
IMGP0302_201505021327468b8.jpg 
IMGP0300_201505021311349ba.jpg 
IMGP0301_2015050213113187d.jpg 
IMGP0311_20150502213325e72.jpg 
IMGP0314_20150502213319621.jpg 
IMGP0313_2015050221332233c.jpg 
IMGP0298_20150502124859eff.jpg
今年初参加のゆうぼうさん、素敵な笑顔、どうやら楽しんでいただけたようです。

嫁が俺の顔をチラと見て、
『なんで同じ男なのに、ゆうぼうさんの肌、すごく張りがあるわ。』
大きなため息をつきやがるんです。

何なんでしょう~、今年は次から次へとタカノハカレイが出てきます。
IMGP0303_201505021248555fe.jpg 
IMGP0304_201505021248522c3.jpg 
IMGP0316_201505021303401eb.jpg
今大会で3匹のタカノハカレイが提出されてました。

マガレイの大型も提出されています。
IMGP0306_20150502132855d92.jpg 
43.8cmのマガレイ
IMGP0308_20150502132851b51.jpg
実力で物にしただっぴさん

寿好丸さんからの御故意でヒラメを提供して頂きました。
ありがとうございます、とても感謝しております。

ヒラメをゲットしたババちゃん。
DSC02780.jpg

上記のババちゃんの写真は、本人了解の上、クロちゃんから提供して頂きました。
いつもありがとうございます。

今大会の参加者でブログを書いている人がおりますので、
函館爆釣会クロちゃん釣行
mixiが見れる人は、
のりぞ~さん日記
だっぴさん日記
だっぴさんの場合、友達までの公開となっています。
ぜひ、一度訪問して見てくださいね。 

GFGがまかつ投げ親睦会の結果は、がまかつのHPに載ると思いますので、
俺はここまでしか書きません。
俺の親睦会、GFGがまかつ投げ親睦会に参加された皆さんに感謝いたします。
また来年も開催する予定でおりますので、
ぜひ参加して楽しんでくだされば幸いです。

最後に参加した皆で記念写真。
IMGP0319_20150502135233229.jpg

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年05月01日 (金) | 編集 |
白氏、総長、菊リンと入れ替わりに北沖防波堤に渡った俺達。
メンバーは今年初参加の濱氏、函館つるさん、俺達夫婦。
総長が、
「まだチャンスがあります、狙ってください。」
置き土産の言葉を残していったので、
「大きなブツ抜かれた後だから無理でしょう。」
半分以上諦めながらもソイ狙いを開始。
・・・・・結果は全員惨敗でした。

IMGP0278.jpg

陽も高くなってきたのでカレイ狙いに切り替えました。
なんせ、この北防波堤初上陸の俺、
どの辺あたりでカレイ狙いが出来るのか分からないので、
先端の左角で90度の範囲で探って見る事にしたんです。

IMGP0275.jpg

何か落ちてないかなぁ~と北防波堤を偵察に行った嫁が、
『ジジィ、上から見たんだけど、そこ、引っかかるよ。』
といちゃもんをつけ、
「いいんだって、風に乗せないと俺、投げられないから。」
函館つるさん、右肩を負傷し病院通いしているので、
背中側から吹く風の力を借りて投げていたんです。

IMGP0276_20150501080740a25.jpg
GFG北海道支部長の函館つるさん

何度も仕掛を引っかかりながらも、
小型のクロガシラカレイや良型ホッケを釣ってました。

IMGP0284_20150501082655221.jpg

カレイ狙いで俺の横に入った濱氏。
IMGP0282.jpg

40.0ジャストのクロガシラカレイをあっさりと釣り上げてました。
IMGP0280_2015050108433237d.jpg

あれ?この顔、どこかで見たことがあると思った方もいらしゃると思います。
そうそう、あそこの交番の指名手配のポスター・・・大変失礼しました、
全サーフェチなら一度は見たことがあると思うんです。
2011年の全カレイで他魚の部で50.4cmのカジカを釣って優勝したお方なんです。

IMGP0286_201505010905470a5.jpg
42.7cmのタカノハカレイ

NCM_0524.jpg

函館つるさん、
「俺もマガレイのひきを味わいたい。」
と言い、釣座を移動して俺の横に入りました。
その途端、俺より大きなマガレイを釣りやがったんです。

俺の釣座で釣れるのはマガレイやソウハチガレイ、
ホッケと小型のアイナメなのに、
すぐ隣の濱氏はクロガシラカレイ、マガレイ、タカノハカレイ、ミズクサカレイ、
良型のホッケに良型のアイナメ。
腕の差なんでしょう・・・いや、きっと、
濱氏が使っていた故人の形見の竿がそうさせていたと思うんです。
その竿ばかりに大物が釣れて来るんですもん。
故人になった方ですが、釣りとキャスティングをこよなく愛してた方で、
キャスティングの技術もセンス抜群の上、努力を惜しまず、
全国に名を馳せた方だったんです。
もう4年になるんですね、とても残念でなりません。

北沖防波堤での俺の釣果
IMGP0292_20150501100742e77.jpg
ソウハチカレイ31.5cm、マガレイ30.5cm、ホッケ42.5cmが最大でした。

そうそう、嫁なんですが、2回目の沖防波堤探索後、
なかなか帰ってこないので振り返って見たら、途中の岸壁で、
動物たちがクルクルと回ってから寝場所を確保するような行動をしたと思ったら、
そのまま横になってました。
今月に入ってから仕事が忙しかったのもあるのですが、
先週から時間も不規則で更にハードになっていたようなので、
本能で疲れた身体を休ませるために眠りに落ちたようです。
何度か様子を見に行ったんですが、微動足りもせずに冬眠に入ってました。

それを見た函館つるさんが、
「余っている餌、あの周りに置いたらどうなる?
怒られるよな~、怒られるだけですむかな~?」
俺に問うので、
「すまないと思う。」
つい本音を言ってしまい、
「そうだよなぁ~・・・・。」
どんな結末を迎えるのか想像しただけで身震いし、妙に納得する3人でした。

渡船が迎えに来る時間となったので、
「起きなさい、時間だよ。」
嫁の機嫌を損ねないように優しく起こすと、
『えっ、そんな時間? 30分くらい寝ただけでしょ?』
「3時間寝てた。」
『うそ~、ほんの少しだけ寝ただけじゃん。』
「何時まで覚えている?」
「8時ちょっと前まで・・・。
濱氏から貰ったチョコレートに睡眠薬が仕込んであったのよ、きっとそうよ。』
自分が寝た事を人のせいにしたあげく、
起きだしてすぐにオニギリに食いついてました。
まぁ~、これはいつもの嫁の姿なので驚きもしませんが、昔は俺が寝ていると、
『あたし、こんなところでは寝れない~。』
なんて可愛らしい事を言ってましたが、
今ではどこでも寝れる特技を得とくし、
初々しさを剥ぎ取り、日々図々しさに磨きをかけ、
月日とは人を変えるのには十分な時間だということなんでしょう。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月30日 (木) | 編集 |
4月28日~29日にかけて俺の主催する釣仲間との親睦会を開いたんです。
北海道各地から集まってもらえることが出来たので、
せっかくなら自分の入りたい場所に入ってもらい,
思いっきり楽しんでいただければ幸いと考え、
各自に入る場所の指定をしてもらい、俺は段取りをつけるだけにしたんです。

夜釣を希望した3名、瀬棚漁港北沖防波堤へ出発。

DCIM0002_20150430100214823.jpg

この3名、病気かと思うほどドMで、
「仕掛が引っかかって抜けてこないガチャガチャの荒根のある場所で釣りたい。
そんな事ところが燃えるんです、大好きなんです。」
と希望するんです。
ならば荒根がある北沖防波堤へ渡ってもらい、
開拓されていないポイントが多数存在していると言うか、
試みたけど仕掛けのロスが半端じゃない、竿が折れる、
心も折れたというところが多数あるので、
そこで思う存分遊んでもらうことにしたんです。

期待いっぱいにして上陸。
DCIM0003_2015043010095354a.jpg
札幌サーフ  白氏、総長、菊リン

一晩中、強い東風(やませ)が吹いて体感温度を奪ってしまい、
一人だけ薄着で来てしまった方がいて、
「凍死しちゃいます、渡ってくる船で帰ります。」
と言います。

午前3時、人数の多い東沖防波堤行きを1便、
懸島と北沖防波堤行きを2便とし、俺たちは北沖防波堤へ。
そこで待っていたのは・・・・

IMGP0273_20150430103809103.jpg

いやらしい顔をして得意げに見せびらかせるように仁王立ちして、
万遍の笑みで待っていたんです。
あまりにも悔しいので、
「全国貼り付けの刑」
に処することに決定!

IMGP0266.jpg

マゾイ52cm、43.1cm クロゾイ47cmの3匹を釣っていやがったんです。
それだけでは飽き足らず、40cmUPのクロガシラカレイまで釣っていたんです。

IMGP0270_20150430104835358.jpg
総長のバッカンを覗くと、40cm越えのホッケ多数、30cm越えのクロゾイ数匹。

マゾイはソイの中でも、もっとも成長が遅いと言わており、
1年で1cmほどしか伸びない魚なんです。
52cmと言うことは・・・そうか、総長は熟女好みだったんですね。

白氏と菊リンのバッカンを覗き忘れたんですが、デカソイには嫌われたようですが、
ホッケやカレイ、ハチガラ、ガヤ、ソイなどを持っていたそうです。
それなりの釣果を収めたのもあって、俺達と入れ替えで帰港していきました。

後日談だが、このデカマゾイを見た子供達から、
「こんなでっかい魚見たことがな~い、お父さん、すご~い! 」
賞賛の眼差しを浴びるにいいだけ浴び、
気をよくした総長は馴染みのお寿司屋で刺身にしてもらい、
「一生に一度釣れるかどうかのサイズだよな~」
しみじみ語りながらビールで祝杯を挙げたそうです。

今度は先に帰らず昼間まで居てくれて、
一緒に竿を出したいと思っていますので、宜しく!
白氏、総長、菊リン、寒い中、ご苦労様。
また来年、参加してください、おまちしてま~す。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月29日 (水) | 編集 |
4月28~29日、俺が主催する釣仲間との親睦会が、
瀬棚漁港全沖防波堤で開きました。
29日にはGFGがまかつ投げ親睦会も開催され、
両方にエントリーしてくれた方もおり、盛大に終わることが出来ました。

東風が強かったですが、海は凪。
参加された皆さんの釣果も良く、楽しい一日を過ごすことが出来ました。
誰一人怪我などの事故もなく、無事に終わることができた事に感謝します。

また来年も開催予定ですので、その時にまたエントリーお願い致します。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月26日 (日) | 編集 |
釣場の“主様”に気に入られた男が居ます。

IMGP0251-1.jpg
煮付けサイズの30cm前後のマガレイ
釣友のY氏は100匹ちょい持ち帰りサイズを釣ったのですが、
同様にリリースされた小型カレイも50~60匹ほどありました。

何度かこの釣場に通っているうちに顔を覚えられ、一言二言話しているうちに、
「おっ、お前か、よく来たな~、早く仕度して俺の横に入れ!」
酸いも甘いも知り抜いた人生の大先輩として、
若かりし頃の武勇伝やちょっと痛い目にあったオネーチャン話、
釣場情報など色々とためになる話を聞かせてくれるそうです。
そしてこの日も主様のお昼ご飯用に、
オニギリとシーチキン缶をさりげなく差し入れている姿が見られ、
主様も深いしわをもっと深くしてとびっきりの笑顔を見せてました。
そっか~、主様にはオニギリとシーチキン缶かぁ~、
忘れないうちにメモっておこう。
あれ、メモが見当たらない・・・メモ探しから始めないと・・・何探していたんだっけ?
何を探しているのかも忘れちゃいそうな此の頃です。

この写真を撮っている最中にでも次から次へとカレイが釣れてきています。
IMGP0255-1.jpg 
IMGP0245.jpg

相当な数が釣れてきていますので、
小型のカレイは可能な限りリリースしてもスカリに入りきらず、
あっと言う間に皆の後方には良型のカレイが山積みされていきます。

IMGP0259.jpg

釣れてきたカレイを針から外している時に気がついたのですが、
カレイの口からオオナゴが飛び出しているではないですか。
どうやらこのオオナゴを追いかけて岸寄りしたと思われます。

水戸黄門一同が城に帰って行かれたので、そこで記念写真。
因みに、この写真に写っているカレイですが、二人のほんの一部の釣果であり、
もし全員の分を出したのなら遥か遠くからでないと写真が撮れない状態に陥ります。

IMGP0265_201504260935332bf.jpg

45.3cmのマガレイを釣ったE氏、お見事です!
IMGP0233.jpg
E氏のお持ち帰りは150匹以上でした。

結果として、ドンピシャのタイミングでこの釣場に入り、皆が爆釣となりました。
この日、人生で2回目の釣りをした方もいたのですが、
「すんごぉ~く~う楽しいー。」
と大喜んでいたので、蟻地獄のようにドンドン釣りにハマッていかれることでしょう。

近いうちに釣友とまた竿を出すことを約束し、帰路に着きました。
俺の釣ったカレイは嫁の実家にすべて奉納し、ただいま~の代わりに、
「すごーく楽しかった!」
と言う言葉が自然に出ていたほど楽しい釣りでした。

次の釣りは29日、俺主催の釣り親睦会とがまかつ投げ親睦会が、
せたな町瀬棚全沖防波堤で開催されます。
普段なかなか一緒に竿を出すことが無い釣仲間やサーフ仲間達との再会と、
どんな魚に出会えるかと今らから楽しみでなりません。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月24日 (金) | 編集 |
釣友と一緒に竿を出すのは去年の秋以来です。

21日の午後20時30分に仕事を終え、夕飯をかき込み、
嫁に朝飯用のオニギリを握ってもらい出発!
『釣れなくても泣くんじゃないよ。 
もし釣れたならウチに2匹だけあればいいから~
他は馴染みのオネーチャンにあげてもいいから~
あんたも帰ってこなくていいから~。』
嫁の激励を受けながら走って釣場に到着。

釣友のお仲間さん達が先発隊で出陣しており、
「でっかいマガレイ揚がったぞ~」
と釣友に連絡を貰い、わくわくしながら仮眠し、
釣友と俺は22日の朝方から竿を出しことにしました。

45.3cmのマガレイ
1429755792109.jpg
マガレイの平均サイズ20~27cmを大きく上回るサイズです。

今回入った釣場ですが、昔、俺にとっては苦くて痛い思いをした場所なんです。
当時流行のNFTのパーフェクション並継ぎ400-35号、
リールZ45号、両方とも買ったばかりのおNEW、
漁船に糸を引っ掛けられてそのまま竿とリールが、
漁師のおっちゃんの船によって遥か沖に勝手に不法投棄され、
「実は・・・・」
嫁に電話を入れ悔しさをぶつけると、
『はぁ? あんた、何言っている?
さっきから俺の竿、俺の竿って言っているけど、それってさ、
あたしの竿なんだけど。
あんたには未練ないけど、まだ一度も振ったことがない竿には未練がある、
目測でどの位置に沈んだか分かるんだから、今すぐに素潜りで回収してきなさい!
それであんたがおっちん(溺れ死んだら)だら、それまでの事!
死ぬ気で潜って取ってきなさいよ。』
冷たく言われたんです。
その当時、犬並みの脳ミソをフル回転させ、
あの手この手と策略し無い知恵を雑巾のように絞って、
投げ竿に詳しくなかった嫁を騙して手に入れた竿なんです。
帰宅後、
仁王立ちした般若面の嫁にたっぷり怒られたことは言うまでもありません。
それ以来、この釣場には足を踏み入れた事が無かったので、
十数年ぶりに竿を出したことになります。

どこの釣場にも“主”と呼ばれる国主のような方々がおります。
今回の釣場にも水戸黄門様のような主様と助さん格さん、
うっかり八兵衛、風車の弥七風のお仲間さんが一等地で竿を出され、
それなりの釣果をあげていました。
俺たちが竿を出した釣座は、
二等地、三等地と呼ばれる箇所しか残ってませんでしたが、
それが功を奏したようで、そこで爆釣となったんです。

ある人のほんの一部
IMGP0261_2015042414121924d.jpg

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月22日 (水) | 編集 |
4/22、自宅から車で2時間北上した日本海にある某釣り場に行ってきました。
俺にとってもこんなに長い時間釣りをしたのも初めてなんですが、
時間も忘れるくらい楽しい釣りでした。

先に結果を言えば、海底にカレイの絨毯が出来ていたようで、
ドンピシャのタイミングで、
マガレイの数釣り、型物多数に立ち会うことが出来たんです。

釣友の釣仲間が釣った45.3cmのマガレイ
1429711381932.jpg

42cmクラスのマガレイは自分も釣ったこともあるし、
何度か他の方が釣ったのを目にしたことがありましたが、
このサイズは投げ釣りでは初めて目撃しました。

この釣果も一人の釣人のほんの一部でしかなく、
針の飲まなかった小さなカレイはリリースされておりましたが、
スカリに満杯しては車に積んであるクーラーボックスに移す作業を数回。

IMGP0260.jpg

今日は遊び疲れたので、明日にでも書きますね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月19日 (日) | 編集 |
今日(19日)は珍しく仕事が早めに終わったので、
夕まずめ狙いで釣りに出掛けてきちゃいました。
西風が吹いているせたな町、磯場からの投げ釣りは波が有るので入れません。
少しでも西風を避けるような場所を探し求めて行き着いた場所は、美谷漁港。

DCIM0103.jpg

最初に見に行った美谷漁港近辺の釣場は先客が居たのでパス、
そこから見えた美谷漁港の先端には珍しい事に誰一人も居ません。

昔はこの釣場が好きで通ったのですが、ある日、
「ここは俺の釣場だ、年に数回来ているんだ。 この場所は俺の指定席だ!」
と旅からの勇ましい釣人に権高な態度で主張されて以来、少しずつ足が遠のき、
いつ以来なのか忘れましたが、本当に久しぶりに、この釣場で竿を出したんです。 
ちょっとだけ嬉しかったんですが、以前のポイント部分がまだ生きているのか?
少しだけ不安も有りました。
まぁ~、海は生き物なので以前のポイントが変わっても仕方が無い部分もあり、
新たに探すのも楽しみの一つでもあります。

DCIM0104.jpg
漁港の先端から見た左右の風景
DCIM0106.jpg

山から吹き降ろす風が強くて寒かったのですが、夕方に近づくと風も止み、
フルキャストで投げてあった竿に待ちわびた魚信があって巻いていると、
フッと軽くなりガッカリ。
どうやら噴火湾で釣りをした時にテトラにラインが擦れていたようで、
PEラインが切れちゃったんです。
気を取り直して予備のスプールを出し、再度挑戦!

先程攻めたポイントに投げ込み、待つこと10分、
竿先がカレイ特有のアタリを示したのですが、
ナイロン糸を巻いてあるので、じっくり食い込ませようと放置。
5分後にも魚信があったのですが、完全に食い込ませるために放置。
更に5分後、もう一度魚信があったので、思いきり合わせてから巻いたんです。
巻いているといやに重たい・・・
30cmくらいマガレイがクルクルと回って上がってきているのか?
などと思って一気に引き抜くと38cmのクロガシラカレイ。

あれ?仕掛にぺローンと何かついているぞ。
先程切れたPEラインが巻きついていたんです。
何かの拍子でPEラインがスルスルと外れて海に落ちるのを防止するため、
釣ったクロガシラカレイは力糸と仕掛の結合部分から切りバッカンに入れ、
PEラインの端をバッカンの手持ち部分に結んで、
糸を手繰り寄せると重たい。
海面に浮かんできた仕掛を見ると、クロガシラカレイがしっかり付いてました。

切れたPEラインの仕掛についていた36.5cmのクロガシラカレイ
DCIM0115.jpg
クロガシラカレイ38.0cm

この他に35cmのホッケを追加して、夕ますめ狙いの釣りを終了。
短時間でしたが、昔通った釣場で楽しむことが出来てバンザーイ!

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月18日 (土) | 編集 |
4月16日(木)の瀬棚新港
IMGP0229_2015041812133589f.jpg 
IMGP0230.jpg 
IMGP0231.jpg

4月17日(金)の瀬棚新港
NCM_0521.jpg

4月17日の松前町原口
1429327416174.jpg

4月18日(土)の瀬棚新港
DCIM0095.jpg
ウチの近所のおじさん
DCIM0091.jpg
クロガシラカレイ38cm  ホッケ45cm

AM10:30頃の釣果 (AM8:00から開始)
飛距離 30~80mくらい   
餌    塩イソメのみ
上記の他に25~32cmのクロガシラカレイ5匹 ホッケ3匹

瀬棚新港でもクロガシラカレイがのっこんできており、
ホッケはその日の潮周りによって若干の差はありますが、
ポツポツと釣れていますよ。

おまけ

18日の日本海に沈む夕日 (路線バスが邪魔なんですが・・・)
1429346253364.jpg


良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月15日 (水) | 編集 |
15日は朝から東風(やませ)が強く雨が降っていました。
せっかくの休みなのに、釣りに行く気にもならず、せっせと仕掛け作り。
仕掛作りにも飽きてきた午後2時、外を見ると風も若干弱まり雨も小降り。
チャンスを逃すと来週まで釣りはお預けとなるので、
雨で濁った川水の影響の少ない釣場へGO-!

目的の釣場へ向かう途中、ちょっと寄り道。
DCIM0075.jpg
4/15・午後2時頃の瀬棚新港

自宅から車で25分北上し、駐車場に車を止め歩く事10分。
目的地の島牧村・窓岩。

この日の俺には釣りの他にも目的があり、
「金悟、今年も来たぞ~、一緒にマガレイ釣ろうぜ。」
ここの釣場が大好きだった故人を自分なりに偲び、
年に一度は必ず竿を出す事にしています。

DCIM0076_20150416000706d69.jpg

この釣場は比較的に入りやすい場所で、
水深がある事で遠投で早い時期からマガレイが釣れますが、
ここ十年くらい、ここでマガレイのBigサイズが釣れたとは聞いた事がなく、
マガレイの平均サイズの20~27cmが多く釣れてきます。

釣座から見た左右の風景 
DCIM0078.jpg 
DCIM0079_2015041613284196d.jpg

いつもならホッケの浮き釣りで賑わう釣場なのですが、
俺が行った時には誰一人居りませんでした。

DCIM0084.jpg

「いらしゃ~い。どの娘にしますか? オプションはどれにしますか?」
さっそく歓迎してくれたのはギスカジカのギス子ちゃん、
それもダブルで出迎えられちゃいました。
あの大きな口でくわえられてものなら・・・あっ、失礼、
ギス子ちゃんを食べる予定は一生無いので、
「チェンジ、次の子。」
とお願いしたんですが、次もギス子ちゃん。
再度、
「チェンジお願いしま~す。」
現れたのは、またまたギス子ちゃん。

ギスカジカ・ギスカジカ・ギスカジカ・ギスカジカ・マガレイ、
チェンジを繰り返す事7回目で本命って感じで釣れてきます。
このギスカジカが釣れる所は砂地が多く、
ギスカジカが釣れればカレイも居ると言われます。

DCIM0082.jpg 
DCIM0083.jpg

久しぶりにギスカジカの猛烈な歓迎を受け、
「頼むから早く海に帰って~」
と懇願し、釣ってはリリースの繰り返し。
ギスカジカでも釣れないよりは釣れた方が嬉しいので、
少しだけ汗をかいて釣りを楽しませてもらいました。
因みにギスカジカを釣った数は30匹くらい、
次はギスカジカの少ない場所を探がさないと体力が持ちません。

DCIM0086.jpg
最大28cm

マガレイの平均サイズばかりですが、食べる分だけは確保したので終了!
来週はマルモノ狙いもしたいし、平物も狙いたい、数釣りもしたいし、
型狙いもしたいなんて贅沢な考えを持っています。
まぁ~、俺の事ですから天気が悪いとあっさり諦めちゃうんですがね、
なんせヘタレなので。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月14日 (火) | 編集 |
一昨日、瀬棚新港で釣りをしていたんですが、ウグイも釣れてきたんです。
それもホッケよりも遥かに大きなサイズ、
40cmは優に超えていた丸々とした魚体が2匹。
これがホッケだったらキープするのですが、ウグイを食べることはしないので、
海に帰って頂きましたが、ウグイが釣れると言う事は、
海水温がだいぶ上がってきているようです。

IMGP7671_201504181354179fb.jpg
H25.5.1.に釣ったウグイ

俺の所属するサーフや釣りクラブでは、このウグイは対象魚ではありませんが、
釣会などでは対象魚としているところもあります。
丸々と太ったウグイは重量があるので、重量で競う大会では有利に働くようです。
ただ重量だけにウグイを釣るのではなく、その後にもちゃんと再利用されていて、
俺は使った事が有りませんが、
ウグイの皮が硬く身も引き締まっているため、身餌としては針落ちしずらい、
餌が長持ちするそうで、カジカなどを釣る時の餌に有効だそうです。

このウグイ、俺はユグイとも呼んでおり、こちらは地名となるそうです。
北海道公式ウェブサイトより → ウグイ

俺のウグイの思い出は川で釣れる最大魚で、
春になると婚姻色に染まった大きなウグイが川一面に敷かさっていました。
悪戯小僧だったので、同級生達と橋の上から石を落とし、
「なんでよ、ユグイに当たらないんだ? 奴ら頭の上にも目があるのかよ?」
そんな遊びをして春の一日を過ごしてました。
その中に時々、サクラマスも混ざっていましたが、
当時は孵化事業もなく天然のサクラマスだけでしたので、
極稀なサクラマスとも言えます。

嫁に、
「川でユグイと遊んだか? でっかかったよな~。」
と尋ねると、
『確かに大きかったけど、岩魚が一番大きかった。』
「嘘だーぁー、岩魚の尺クラスなんてそう滅多に釣れないぞ、
余程山奥にでも行かないと無理だ。」
『尺クラス? あたしが釣って遊んでいた場所は近所の川、
本流に近づけばユグイが多かったから、そこはパス。
500m前後を行ったり来たりして釣りをしてたよ。
川幅なんて1mくらいしかなくてさ、深くても膝ちょっと上くらいしかなかった、
水門は別だけどね。
そこで尺クラスなんて年に1匹釣れるかどうかだよ。』
あれ? 嫁と俺との話が微妙に食い違っています。

よくよく詳しく訊くと、嫁が遊んでいた川ではエゾウグイの生息地で、
ウグイの平均サイズが15~20cm前後が多かったそうで、
海から遡上してきたウグイを見たことが無かったと言います。
そして、
『尺クラス以上の岩魚や山女、昔、実家の段々池にゴロゴロ居たわよ。
小さな岩魚や山女を釣ってきて、その池に放すと、
養殖のニジマスと共に餌を貰っていたから、
1年半くらいしたら50cm以上の巨大な魚に変身してたわぁー。』
懐かしんでいました。

そっか~、餌次第で大きく・・・やっぱりな。
嫁の巨大な壁のような後姿を見て心の底から納得、
俺に隠れて栄養価の高い物をたらふく食っていたと思われます。
どこまで巨大化するのか? 考えただけでも恐ろしい~ブルブル。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月12日 (日) | 編集 |
今日は嫁の○○歳の誕生日。
朝、ラインでおめでとうと書き、
「これからも三人の面倒よろしくお願いいたします。」
と付け加えたのが悪かったのか、俺よりも上手が居て、
「お母さんの代わりにケーキ食べておく。」
言う奴もいて、速読だけして無視されちゃった。
これは・・・ヤバイ・・・何かまたやらかしたか俺?

早めに仕事が終わったので帰宅すると、機嫌が悪いんです。
俺、ケーキ買って帰らなかったのが悪かったのか?
ちょっと様子をみてから、
「買い物に行く?」
ご機嫌伺いしたら、
『うざい、さっさと釣りに行って。 
今日、あたしの誕生日、それでもって休み、自由な時間を頂戴。
あんたが夕食の用意でもしてくれるなら話は別だけど。』
と言いやがるんです。
俺の作った夕食にケチをつけるのは目に見えていたので、
お言葉に甘えて釣りに出掛けたんです。

DCIM0072.jpg
瀬棚新港
DCIM0073.jpg
車横付けで、のんびり竿を出すのには良い釣場です。

出掛けにテーブルの上に病院の薬があったので、
機嫌が悪かったのではなく具合が悪かったようです。
数日前から少し咳が出ていた嫁、
悪化させるとひどい事になる事を嫌と言うほど知っているので、
それで身体を休ませたかったのだろうと想像がつきます。
それって、俺がウチにいたらのんびり出来ないって事?
そんな~・・・グスン。

陽も暮れて腹も減ってきたので自宅へ。
DCIM0074.jpg
ホッケ35cm クロガシラカレイ22~24cm2匹

2時間くらいの釣りだったのでこんなもんでしょう。
ここ数年間はホッケを釣るのにも苦労しましたが、
資源が回復してきたようでホッケも釣れて来ています。
嬉しいですね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月11日 (土) | 編集 |
今週末は多くの釣会のバスが、
せたな町などの日本海を目指して走って来ているようです。
天気にも恵まれ波にも恵まれているようなので、
後は魚のご機嫌次第ってところでしょうか。

先週末に来られた釣会の方と話す機会があったのでちょっと訊いたら、
「波が死んでいるところに入ったからそこそこ釣れたぞ。
よく言うだろう、金の切れ目が女の切れ目ってな、
あれと同じでコマセの切れ目がホッケの切れ目さ。
ホッケの型もよくて、いい土産になったよ。」
バッカンに入ったホッケを見せてくれたんです。
言われるように確かに35~40cmくらいのホッケがゴロゴロ入ってました。
もう少し話をお伺いしたかったんですが、
俺、仕事の休憩時間も終わりかけていたので断念。

日曜日は朝から江差町まで仕事に行きますので、
釣りバスを待つ釣会の人達の姿を見る事があるでしょう。
一晩中、寒さに耐えて釣りをするタフガイな人達なので、
きっと良い釣果をもたらしているんだろうと想像出来ます。
なんせ彼らは道内をくまなく釣りをして歩いているんですから
チャンスがあればまた色んな話や釣場情報など訊きたいですね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月10日 (金) | 編集 |
よく立ち寄るコンビニに行った時、
『奥さん、今年はもう山に行ったの? 
三菜、待っているからって伝えてね。』
知り合いの店員さんから手渡されたんですが、
半分に折りたたんでいたので、その場で開いて見る事はしなかったんです。

元は超美人なオネーサンだったと思われる方から頂いた2つ折の紙、
淡い淡い淡い期待などしてみたんですが、
俺へのラブレターではなく嫁への警告用のビラ、
やっぱり妄想は現実には克てなかったーぁー、残念。

IMGP0228.jpg 
IMGP0227.jpg

アイヌネギ(キトピロ)を扱う買取業者も来ているそうで、
海岸沿いの沢には採りこさんと思われる車がよく停まっています。
今年は2月上旬から熊の出没や、沢伝いに海岸へ下りてきた足跡があったとか、
熊情報がちらほら聞こえてきていましたので、
山菜採りには十分気をつけてください。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月09日 (木) | 編集 |
自宅に戻ると、開口一発、
『郵便局に連れってって!』
とおしゃるので、
まずは“おかえりなさ~い”だろうって言えないのか?と思いながらも、
嫁のトップ オブ イエスマンのおいらには、
そんな事は口に出す事もはばかれますので、喜んで連れて行きました・・・ふぅ~。
郵便局に連れて行った帰り道、序に瀬棚区にある新港を覗き、
その足で北桧山区にある鷹ノ巣岬が見える場所に行き、
海の状況を確かめたんです。

天気予報では北西4mとなっていたので、案の定、海は時化ています。
磯場は波が上がって無理と判断し、とりあえず嫁を自宅に送還し、
釣りになりそうな瀬棚新港で竿を出す事にしたんです。

IMGP0213_20150409002831a1a.jpg
毎年、連休になればここも満員になります。 
IMGP0221_2015040900283024c.jpg 
IMGP0214_201504090033377c4.jpg 

自宅から車で15分走ると瀬棚新港に着きます。
正面2時の方向から風が吹いていますが、
沖に防波堤があるお陰でここだけは波の影響がありません。

IMGP0218_20150409004144979.jpg

車を横付けにして、のんびりと釣りを再開。

IMGP0222_2015040900441643d.jpg
魚には塩イソメ、俺にはオヤツ。

オヤツを食べてお腹も膨れると、ウトウトとしちゃい、いつの間にかうたた寝。
うたた寝のつもりが2時間程寝ちゃったようで、餌交換に起きると、
あらぁ~、糸がふけている!

IMGP0224_20150409004908fe1.jpg
今年の初物の33cmと22cmのクロガシラカレイ
IMGP0225_2015040900490712e.jpg

新港にクロガシラカレイがのっこんで来ています。
メジャーで測っていると、虫が刺さっている事に気がつきました。

IMGP0224_20150409010158e85.jpg

青で囲っている部分のひれに赤い物が見えるでしょう。
これは何て言う名の寄生虫かは分かりませんが、
クロガシラカレイを釣った時、滅多にないですがヒレに刺さっていることが有り、
居つきクロガシラカレイに多いような気がします。
ちょうど持ち合わせていた包丁の背でしごいて寄生虫を全部追い出し、
2匹とも海に帰って頂きました。

うたた寝せずに真剣に釣りをしていたら数を伸ばせたと思いますが、
食べる分だけは午前中に確保してあるので、コレで終了!

一日で太平洋の噴火湾と日本海での釣り、楽しかったぁ~。
さーて、来週はどこに行こうかな?
ちょっと北上するのも面白いかもね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月08日 (水) | 編集 |
ここ数日は風がちぃ~とばかり強く、時々雨が降り寒い日が続いてました。
天気予報を見ると、日本海側は風・波模様があまりかんばしくなく、
太平洋側は凪、3週連続噴火湾と言うのもガソリン代が掛かるので、
嫁に嫌味を言われるのもしゃくに障りますし考えどころです。
日本海側でも釣りになりそうな所もありますのが、
陸波があるので磯場は無理、
漁港などで竿を出す事も考えながら仕事をこなしてました。

仕事が終わりウチに帰ると、
テーブルの上に荷物があってその上に紙が置いてあり、
『あたしと釣り、どっちが好き?』
はぁっ?
新婚時代だったら話も分かるが・・・何なんだ?
その紙の下に弁当もあって、弁当袋にも紙が張ってあり、
『これであんたの運命が決まる!』
えっ?
何かのワナ、まさか毒入り弁当?
弁当袋の下にも封筒が置かれており、封筒の上にマジックで、
『ラストチャンス、今ならまだ引き返す事ができる。』
うっ、大人しくウチにいれって事かぁ?
恐る恐る封筒の中を覗くと、
『とっとと出て行きやがれ!』
かわいいメッセージと共にガソリン代が入ってました。
釣りに行って沢山魚を釣って楽しんできてね!って事だと勝手に解釈し、
嫁が仕事から帰って来る前に荷作りし、噴火湾目指してプチ家出を決行。

先週の休みの時にスタットレスから夏タイヤに取り替えたんですが、
途中の国道で雪が降っていたんです。
ところどころしばれていてブラックアイスバーン、
釣りに行って事故っていうのもシャレにならないので、
いつもよりも慎重に走り、目的地に到着。

IMGP0207_201504082200152ae.jpg

今朝は寒かったぁー、エンジンかけて寝ていても寒くて、
時々、目を覚ましては温度を高くして寝るの繰り返しでした。

夜が明けると同時に釣りをスタート。

IMGP0202.jpg

釣れてくるカレイを触った途端、海水温が低くてブルブルと身震いするほど冷たい、
やばいわ~、おしっこが近くて。

海を見たら、数日の雨の影響で濁っているし、
手の平カレイばかり釣れてきたので海に速やかに帰って頂きました。
針を飲み込んでリリースできなかったカレイは嫁へのささやかなお土産へ。

IMGP0210_2015040822473967b.jpg
イシカレイ3匹、スナガレイ1匹 今回の最大は29.4cmのイシガレイ

前回と比べると釣れるような気がしないので、お昼には撤収。

IMGP0208_2015040823194481e.jpg

今日の一番の収穫は、地元のおっちゃんの世間話しでしたが、
参考になる話もあり、暇潰しには大いに役立ちました。

どうも今ひとつすっきりしない釣りだったので、
海の状況を見てから地元で竿を出そうか?
などと考えながら帰路に着きました。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月05日 (日) | 編集 |
日本気象協会も粋なもので、
本州の桜開花と皆既月食を合わせ「月食花見」と名付け、
4日の夜に月が少しずつ欠ける様子を見た方も多かったと思います。

3年後の月食を待てずに、何度もウチを出たり入ったりし写真を撮ったんですが、
まだまだ北海道の夜は寒いです。

IMGP0188.jpg 
IMGP0190_201504060055163e1.jpg 
IMGP0196_201504060057370d8.jpg 
IMGP0201.jpg

宇宙戦艦ヤマトのナレーター風に言うと、
「地球滅亡まであと数分!」
というところまで来たのですが、外に出るたび、俺の愚息が、
「このままじゃ、一生かくれんぼしたままになるだろう?」
と催促するので、逃げ帰るようにウチに避難し、
最大のショーを見逃してしまったんです、残念。

新聞に面白い事が書かれていて、
「太陽からの波長の長い赤い光は大気を通過し赤銅色に鈍く光る。
色も大気が澄めば薄く、濁っていると濃くなる。
環境汚染のリトマス紙とも言える。」
デジカメで撮ったので色は濃く出ていますが、
肉眼ではもう少し薄かったんですよ。
3年後の皆既月食、どんな色で見えるのでしょうね?

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月04日 (土) | 編集 |
午後2時、満潮になると魚の活性も悪くなり、俺の活性も悪くなります。
釣れてくるのは手の平カレイばかりで、潮時だと思い記念写真を撮り、
竿を片付けたんです。

IMGP0181.jpg

ラインで嫁に帰ると送ると、
『何でもかんでもそう、我慢できないんだから。』
えっ、やばい、思い当たる節が沢山有りすぎて有りすぎて・・・
だって俺、末っ子の三男坊だもん。

俺、地元での普段の投げ釣りでは数時間釣りをすれば良い方で、
半日以上の釣りは殆どした事がありません。
自宅から車で10分くらい走ると日本海、
有名な釣場もあれば名も知れない釣場もあり、
釣れなくなったらウチに帰ればいいや、
また出直せばいいやぐらいに思っており、
釣りには恵まれた環境、それゆえに粘る釣りをした事が無いんです。

嫁から、
『夕まずめって物が存在するって知っている?』
釣友も、
「朝まずめと夕まずめがチャンスですよ!」
と言われていたことを俺の犬なみの脳みその海馬から絞り出したんです。
俺のスマホには潮見表はついてなく、嫁のスマホには標準装備しているので、
「お仕事中すみません、スマホで次の干潮時間を教えてください。」
下げたくもない頭を下げ、
『3時から5時にかけてゆっくり潮が動き、そこから一気に下がる。
狙い時は5時まで。』
ご教授していただきました。

程なくして、34cmのイシガレイを追加。
IMGP0183.jpg
IMGP0184.jpg

一時間程粘ったんですが、風が変わり白波も見え始めたので撤収。
上記の写真に写っているカレイに3匹追加し、イシガレイ9匹、
スナガレイ3匹、小型カレイ数匹リリースで今回の釣りは終わりです。
あーっ、面白かった!

マンモスやビックマンモスクラスが出るのも秒読み状態のこの釣場、
誰が釣るか?ちょっとだけ興味があります。
さーて、来週の休みは日本海側を攻めたいと考えています。
今週末には釣り会のバスもせたな方面を目指して走ってきますので、
その釣果を見て釣場を決めても遅くないですよね。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月03日 (金) | 編集 |
ド干潮に突入すると、先程まで釣れていたカレイも一時間に1匹くらいしか釣れず、
それも手の平くらいのカレイばかりで、
しっかりと針を飲み込んでいたりしてリリースならず、
嫁の実家への貢物が増えていきます。

俺が釣座を開いた釣場ですが、お一人様限定、
もしくは仲の良い者同士なら2名までなら釣りになる場所で、
まるっきり知らない同士ならトラブルの元になるような所なんです。
投げれるポイントも狭い上、
テトラが存在するので魚が釣れたのなら揚げれるポイントも狭く、
誰かが竿を出していたら、入所するのは無理なんです。
そんなところでポツンと竿を出していた俺、話し相手も居らず、
カーラジオを子守唄代わりにウトウトと眠りに落ち、
気がついては餌交換で投げなおす、
そんな訳でカレイはゆっくりと餌を食べてしまい、針を飲み込んじゃうんです。

IMGP0171.jpg

午後2時に満潮、お昼頃から潮も動き始めると、
地下鉄の排気口から吹き上げる風によってまくれ上がるスカートのように、
1本の竿がいきなり竿尻が上がったんです。 
思わずニヤリ。

IMGP0173.jpg
43cmのイシガレイ
IMGP0175.jpg

マンモスには届かないけど、
40cmUPなのでリトルマンモス(Little mammoth)サイズです。

潮が動くとパタパタとカレイが釣れ始めます。
IMGP0176.jpg 
IMGP0177.jpg
38cmのイシガレイ

魚の活性が良くなれば俺の活性も良くなるので、
カレイに針を飲み込ませる前に対応ができ、
小さなカレイには海に帰って頂きました。

午後2時、満潮に突入。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月02日 (木) | 編集 |
天気予報を見ながら地元の日本海で釣りも検討したんですが、
西風が吹くとなれば地元の磯場からの投げ釣りはちょっと困難。
と言う訳で、今日も太平洋側にある噴火湾に来ちゃいました。
今回は違う場所に入ろうと思って走って来たんですが、
前回の場所も気になるので、そこで誰かが竿を出していたら次の場所、
そこがダメなら次へと考えてました。
運良く前回の場所に誰もいなかったので、そこの前に車を寄せて仮眠。

IMGP0162_20150402235228c79.jpg
釣場から見えた駒ケ岳

この釣場を教えてくれた釣友と話していたんですが、
「噴火湾で釣れるカレイの60cm前後って肉厚で巨大じゃないですか~、
俺たち、奴らをマンモスって言っているんですよ。」
「ゴメン、俺、モンスターだと思っていたわ~。」
呼び方を勘違いしていたようで、釣友に敬意を払い、
今回からマンモス(mammoth)と呼ぶことにします。

IMGP0168.jpg

夜明けから午前7時頃にかけて干潮となるので、
その時が勝負と勇んでいたんです。
でも釣れてきたのは、小さなイシガレイとそこそこの大きさのスナガレイ。

IMGP0166_20150402235952271.jpg
31cmのスナガレイ

俺としては、
「こいつらが成長した数年後に会いたいんだけど・・・」
リリース予定でしたが、しっかり奥まで針を飲み込んでいて、
『スナガレイ・スナガレイ・スナガレイ』
コールがかかっていたので唐揚げ用のスナガレイは嫁の貢物、
後は嫁の実家への貢物に決定。

ポツラポツラとカレイは釣れてきますが、
俺の目指すマンモスの気配も感じられません。

IMGP0172_201504030007416ec.jpg

午前7時、ド干潮に突入。

つづく。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年04月01日 (水) | 編集 |
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらはす。
奢れる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ。

数日前に犬並みの脳ミソで古い記憶を呼び起こして以来、
学生時代の事を掘り起こされ、春を連想しているうちに、
平家物語まで辿り着いてしまったんです。
学生時代は試験対策の平家物語としか思ってなくて、
深い意味合いなんてこれっぽりも考えた事がなかったんです。
祇園精舎の鐘の声を学生時代に例えると、カンカンカンかチリンチリン、
改めて読んでみると、やっと俺にもゴ~ンゴ~ンと重く響く音に聞こえてきました。
身体は老体に近づいてきているけど、俺の思考も大人に接近しつつあるようです。

今日から4月、小学校の時は学校の先生に、
「4月から○生になりました、今年の一年間の目標は?」
一人ずつ発表させられたもので、
「早寝早起き」
なんて単純な事しか言えず、後から発表する同級生は、
「将来、○○になりたいから勉強を頑張る。」
小学校の時から自分の進み道を決めていて凄かったな~。
特にあいうえお順で発表させられた時ほど嫌なものはなく、
自分の名前を恨みました。
と言うことは、子供達も俺を恨んでいる?
すまん、俺を恨まないでくれ、恨むなら養子に入った曾祖父さんを恨んでくれ。

そんな訳で俺の4月からの目標は、
「早寝早起き!」
あれれ? やっぱり成長してないや。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年03月30日 (月) | 編集 |
今年も、はこだてサーフ主催の一般参加者を募った投げ釣り大会が、
函館市内の釣具屋さんの協力も得て開催されます。

範囲は道南全域、
対象魚はカレイのみで、3匹身長合計で競います。

下海岸でババカレイ、知内海岸でマコガレイ、
噴火湾方面でイシガレイやマガレイ、
日本海の海岸でクロガシラカレイやマガレイを狙うのもよし、
序に夕飯用のホッケを狙うのもありです。

申し込みは函館市内釣具店
○天狗屋金堀 ○天狗屋石川 ○天狗屋上磯
○2番釣り具店 ○釣り教室 ○さかい釣具店 ○フィシング北斗
に下記のポスターが貼らさっており、
そこに申し込み用紙を置かせてもらってますので、
興味が有る方はどんどん手に取って申し込みしてください。

カレイ名人戦_2015ハガキ

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

2015年03月29日 (日) | 編集 |
28日の土曜日、嫁が大量のケーキを買ってきたんです。

NCM_0517.jpg

やばい、俺、何かを忘れている・・・何の日だ・・・?????
犬並みの脳みそをフル稼働させ古い記憶を呼び起こすと、
646年 大化の改新、
1905年 ポーツマン条約 小村寿太郎外務大臣、
水兵リーベぼくのふね 名前あるシップス クラークか。
閣下スコッチ暴露マン てこにドアがゲアッセブルク(元素記号の暗記)
3. 1415926535 8979323846 2643383279・・・
あの子、可愛かったよな~、どうしているかな~?
いっきに学生時代に戻り、しょうもない事ばかり思い出して、
肝心な事が思い出せません。
仕方が無いのでもう一度思い出そうと頑張ったんですが、
脳みそがフリーズ・・・アップデートするのを忘れていたようです。

遠まわしに訊いても嫁の機嫌を損ねるだけなので、
「どうしたんだ、このケーキ?」
直球勝負したら、
『あっ、これ、冬季間の土曜日だけケーキ作っているお店があってね、
今日がケーキの最終日なの。
美味しそうだったから食べたいもの買ってきただけ。』
・・・唖然・・・俺の取り越し苦労だったのね・・・フゥー。

それにしても夫婦で食べるのには多い気がします。
「何日かけて食べる気しているんだ?」
『えっ、いいじゃない、食べたいんだから。
だって、あたしのわがままボディーが欲しているの。』
「わがままボディー?」
『そうなのよ、あたしの言う事ちぃーとも聞いてくれないだもん、
本当にわがままでしょ、この身体。
本来ならこの辺のお肉無いはずなのに、何故か有るんだよね。』
お腹の贅肉を掴みながら、フルーツタルトを口の中に放り込んでいやがります。
そりゃー、太るわ!と納得。

貧乏なのに肥満な夫婦の他愛無い会話でした。

良かったらここをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
c_01.gif
釣りの世界
テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。